■業界・職種

【ESGコンサルタントへの転職】ESGコンサルタントとは!?中途採用の難易度&対策法を転職エージェントが紹介します

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

ESG・SDGs分野・フルリモート案件がある転職サービスを紹介します。よろしければご活用ください。

合わせて読みたい
【ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)】具体的な取り組み・業績変化・成果指標はどうしてる?
【ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)】具体的な取り組み・業績変化・成果指標はどうしてる?

利用者の8割以上が年収アップ【自社内開発100%】転職なら”クラウドリンク”

クラウドリンクはIT/web・機械業界に特化した転職エージェントです。

各業界の高い専門性を持つアドバイザーが、転職希望者様に最適な求人をご紹介、内定までサポート。”エンジニア向け転職支援会社 サポート満足度NO.1”
”理想の転職先が見つかるITエンジニア向け転職支援会社NO.1”(※1)

▼クラウドリンクの特徴
創業以来、7年連続「リクナビNEXTGOOD AGENT RANKING入賞」(株式会社リクルート主催)フルリモートOKの求人多数・最短2週間での内定が可能・利用者の8割以上が年収アップ(平均年収58.3万円アップ)

ESGコンサルタントとは

ESGコンサルタントは主に企業法人をクライアントとして、ESG投資に関する戦略の提案および運用を請け負う職種です。

ESGの概念は環境問題への取り組みが進んでいる欧米諸国において広く認知されている一方、日本国内での周知はまだ十分ではありません。

企業にとってESGは投資を募るための有効なアプローチとも言えるため、ESGコンサルタントは実質的に経営戦略コンサルタントとしての役割も担っています。

ESGコンサルタントに求められる実務はクライアントによって異なります。

ESGコンサルタント:仕事内容

ESGコンサルタントはクライアントからの要望を受けてESGおよびサスティナビリティに関連した戦略・方針の策定支援を行います。

新規案件の企画立案だけではなく、企業が進行中のESG・サスティナビリティ関連既存プロジェクトについてマネジメントするケースも少なくありません。

企業では外部に向けて「総合報告書」を作成する事があります。総合報告書には財務情報と非財務情報がまとめられており、投資家が企業の社会的責任や立場を判断するために用いる材料の1つです。

ESGコンサルタントはこうした外部向け資料の内容策定および作成を担います。

ESGコンサルタント:KPI・成果指標

ESG(Environmental, Social, and Governance)コンサルタントのKPI(Key Performance Indicator)・成果指標は、ESG関連のプロジェクトや取り組みの成功を評価し、持続可能性の向上を測定するために重要です。

成果指標の事例を紹介します。

ESGプロジェクトの実施:

  • ESG戦略の策定および実施のプロジェクト数
  • ESGプロジェクトの進捗状況(タイムライン内での達成度)
  • ESGプロジェクトのコスト対効果

ESG評価とレポート:

  • 企業やクライアントのESG評価の向上度
  • ESGレポートの品質と透明性
  • ESG関連指標(例:炭素排出量、従業員の多様性など)のトレンド分析

クライアントのエンゲージメント:

  • クライアントの満足度とフィードバック
  • クライアントのESG戦略の実行と改善に対するコンサルタントの貢献度
  • クライアントポートフォリオのESGスコア改善の度合い

ESGリーダーシップと影響力:

  • ESG関連の業界または地域でのリーダーシップの評価
  • ESGに関連する投資家や利害関係者への影響力
  • ESG分野での論文執筆、講演、メディアへの露出

インフラストラクチャーとフレームワークの開発:

  • ESG評価方法論やツールの開発
  • クライアント向けのESGフレームワーク構築
  • ESGデータ収集と報告の自動化

コミュニケーションと教育:

  • 従業員やステークホルダーへのESGに関する教育プログラムの設計と実施
  • ESG関連イニシアティブに対する内外のコミュニケーション戦略の開発
  • メディアでのESGトピックへの積極的な発信

これらのKPIと成果指標は、ESGコンサルタントがクライアントの持続可能性戦略を支援し、ESG関連の目標を達成するのに役立ちます。ESG領域は急速に進化しており、コンサルタントは戦略的なアプローチと評価指標を活用して、クライアントのESG目標を達成するために助ける役割を果たしています。

ESGコンサルタント:求められる資格

ESGコンサルタントとして働くに際して、特定の資格が必要になる事はありません。

資格は自分の知識やスキルを客観的に証明出来るため、関連する資格を取得しておけば転職に役立つ場面も多いですが「実務経験」を優遇される傾向にあります。

例えばESGは日本だけでなく世界規模で取り組まれている枠組みであるため、英語をはじめとする外国語の資料に目を通す事も少なくありません。

そういった意味では、ビジネスレベルの語学力を証明出来る資格やスコアを取得しておくのがおすすめです。

具体的に求められる資格・スコアは企業によって異なるため、興味がある求人によく目を通してみてください。

また、気候変動の分析力をアピールするには環境学・気候学などに関連する修士号や博士号、投資についての知識はMBA・中小企業診断士といった資格があれば評価されやすいです。

「ESGコンサルタント」はコンサルティングファームへの転職に強みがエージェントが多く保有する傾向にあります。コンサルティングファームに特化した転職サービスである「アクシスコンサルティング」ハイクラス転職サービス「ビズリーチ」コンサル・経営支援に強い「コトラ」ESGを専門に扱う【サスキャリ】などはぜひ活用ください

ESGサステナビリティ専門転職エージェント
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登録無料
金融/コンサル/経営幹部支援に特化した転職エージェント
コンサルティングファーム支援に特化した転職エージェント

女性の転職希望者が選ぶサービス部門【3冠達成】〜for-woman〜

ご紹介する会社も「女性が働きやすい・女性にとって働き甲斐ある」など、
女性に合った会社をご紹介しています。

女性はライフステージによって求める環境が変わりますので、世間一般のいい会社ではなく、今のあなたにとって最高な環境を探すことが大事です。

都内就職を希望する20代女性の転職希望者・販売接客経験者・営業経験者の支援に強みがあるサービスです。

ESGコンサルタント:未経験求人で求められる主なスキル経験

経営企画/事業企画/管理部門(IR部門/ESG関連部門含むなどにおける)実務経験があるとコンサルティング業務が未経験でも問題はありません。

コンサルティング業務・ESG分野が未経験の場合は「戦略系コンサルティングファーム」・「シンクタンク」経験者が優遇される傾向があります。

統合報告書の作成なども必要なため、経験がない場合は「コンサルティングファーム」を経由するのも1つです。

コンサルティングファームにて、サステナビリティ関連のプロジェクトをリードした経験・中長期ビジョン等のプロジェクトをリード/実施した経験がある方は年収を上げやすい傾向にあります。

ESGコンサルタント:代表的なコンサルテーションファーム

近年、SDGsをはじめ、サステナビリティに関連する注目が高まっています。そのような背景から現在では多くのコンサルティングファームが、企業のサステナビリティへの対応について、ソリューションを提供するようになりました。

就活する場合はこういった企業を中心に選考に臨むことをおすすめします。

PwC Japanグループ:厳格な第三者保証業務

PwC Japanグループは、サステナビリティ戦略立案支援、CSV/SDGsビジネス構築支援、リスクマネジメント支援、経営管理支援、情報開示支援と、包括的なサステナブル経営コンサルティングサービスを提供しています。

同グループの特色は、グローバルなネットワークと監査法人としての業務経験を生かした、厳格な第三者保証業務です。

近年、企業のサステナビリティ報告書などが国際的に求められるレベルに達しているかどうかについて、第三者のチェックを経ることが重要視されています。

合わせて読みたい
【PwCコンサルティング・PwCJapanへの転職】中途採用面接・難易度・特徴・選考ポイントについてお伝えします
【PwCコンサルティング・PwCJapanへの転職】中途採用面接・難易度・特徴・選考ポイントについてお伝えします

KPMGあずさサスティナビリティ株式会社:RBAへの対応支援

RBAは電子部品のサプライチェーンのサステナビリティ向上を目指す団体です。

KPMGあずさサスティナビリティ株式会社は、サステナビリティに関して、クライアント企業の現状分析から、計画立案、調査・モニタリング、報告書作成まで、幅広く支援を行うコンサルティングファームです。

同社も、国際保証業務基準ISAE3000に準拠して第三者保証業務を行っており、サステナビリティ報告書、温室効果ガス排出量、鉱物サプライチェーンにおけるデューディリジェンス、以上3分野について実施しています。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社:リスクとチャンスを可視化

サステナビリティ課題を、企業にとっての「リスク」と「チャンス」であると捉える、デロイトトーマツコンサルティング合同会社は、独自の「サステナビリティ・センシング・フレームワーク」により、サステナビリティ課題に関して支援を行っています。

サステナビリティ課題をチャンスとも捉え、社会課題を解決しながら経済価値を創出していく「CSVイノベーション戦略」の策定支援も手掛けています。また同社も、国際保証業務基準ISAE3000に準拠して第三者保証業務を提供しており、CSR・環境報告書、温室効果ガス排出量・削減量、国連クリーン開発メカニズム有効化の3分野について実施しています。

合わせて読みたい
【デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC)への転職】面接対策・気になる年収・転職難易度をお伝えします
【デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC)への転職】面接対策・気になる年収・転職難易度をお伝えします

EY Japan:持続的な調達支援

EY Japanは、サステナビリティ戦略の立案やステークホルダー対話など、幅広くサステナビリティコンサルティングサービスを提供しています。

統合報告書、サステナビリティ報告書、温室効果ガス排出量、炭素クレジット、グリーンボンドやソーシャル・インパクトボンド、そして鉱物サプライチェーンに関するデューディリジェンスなどが対象となっています。

より包括的なサステナブルサプライチェーンに取り組んでいます。

合わせて読みたい
【EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職】中途採用面接・難易度・特徴・選考ポイントについてお伝えします
【EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職】中途採用面接・難易度・特徴・選考ポイントについてお伝えします

アクセンチュア株式会社:サーキュラー・エコノミーの実践支援

グローバルに事業を展開するアクセンチュア株式会社も、サステナビリティサービスを実施しています。同社の多様な経験と業界知識を生かし、サステナビリティ経営に必要な戦略や仕組み・技術の開発と導入の支援を通じて、企業のサステナビリティ目標の達成をサポートします。

「CO2排出量実質ゼロ」「デジタルテクノロジーの活用」「企業のトップマネジメントによる意思決定」「リーダーを含む人材育成」「組織作りによる継続的なサステナビリティの向上」などの戦略策定し、実施・運用まで行います。

社内にBPO・アウトソーシングサービスがあるため、「運用」まで一気通貫でサポートする特徴があります。

合わせて読みたい
【アクセンチュア株式会社への転職】面接対策・気になる年収・転職難易度についてコンサルティングファーム支援に特化したプロが教えます
【アクセンチュア株式会社への転職】面接対策・気になる年収・転職難易度についてコンサルティングファーム支援に特化したプロが教えます

アビームコンサルティング株式会社:在中ビジネスへの支援

コンサルティングファームの中でも海外に強みがあります。例えば、中国でESG領域への社会的関心は高まっているため、その法制度化が急速に進んでいます。

社会経済・文化的背景が違えば、社会が企業に対して期待する活動にも違いが生じるため「中国社会におけるESG方針」と「日本本社のESG方針」を含め国際的ESGトレンドに、同時に対応していく必要があります。

アビームコンサルティング株式会社は、一般的なサステナブル経営支援サービスを実施する傍ら、こうした中国でのビジネスに特化したESGコンサルティングサービスを提供しています。

合わせて読みたい
【アビームコンサルティング株式会社へ転職】面接対策・気になる年収・転職難易度を転職エージェントが教えます
【アビームコンサルティング株式会社へ転職】面接対策・気になる年収・転職難易度を転職エージェントが教えます

創業メンバーは全員コンサルファーム出身【アサイン】

・Bizreach コンサルティング部門 2020 MVP受賞
・外資系転職 Liiga 転職支援実績 No.1
・マイナビ Matching of The Year 2019

アサインは、知名度こそまだそれほどないものの、大手に引けを取らない質の高いサービスを提供しています。

創業メンバー全員がコンサルファーム出身者であり、コンサル業界専門の転職支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。

ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

「ESG・SDGs」事業環境

事業環境は、ESG投資やSDGs推進、脱炭素化やプラスチック対策に向けた社会の様々な動きが追い風になっています。

サステナビリティ領域という急成長業界において、弊社を応援してくださるステークホルダーや経営陣のコネクションを活用し、大手企業のマネジメント層に対しダイナミックな提案ができます。

外部環境・競合動向も目まぐるしく変わる中で、顧客のニーズに対して価値提供を行い、ビジネスとして収益を上げながら地球環境に貢献することを両立しうることが、当社での仕事の特徴です。

象徴的な案件については、マスメディアの媒体に取り上げて頂くことも数多くあります。世の中のインフラである素材によって、社会的に大きなインパクトを自らの手で生み出す事ができ、あなたの手掛けた製品や素材が、ご家族やご友人の手に取っていただける事は醍醐味と言えるでしょう

ESGコンサルタント:年収

ESGコンサルタントは職種としての歴史が浅く、日本での認知度もまだ十分とは言えません。そのため年収に関する正確な情報を算出するだけの公的データが揃っていないのが実情です。

コンサルタント系の職種や外資系企業を取り扱う求人情報を確認すると年収は約600万~1000万円と企業によって開きがあります。中には年収1000万円以上の求人もありますが、求められる経験スキルが高いといえます。

とはいえ、転職市場に「経験者」が少ないため生涯年収を大幅に上げることが可能です。

ESGサステナビリティ専門転職エージェント

SEGサステナビリティ領域で職務経験があり、転職を検討しているは、ぜひご活用ください。

一般的なホワイトカラーの人材エージェントでは、ESGサステナビリティ領域の専門知識や 紹介先が不足しており、納得した転職ができないことが多い傾向があります。

「サスキャリ」はESGサステナビリティ領域に特化した転職の専門集団で、 求職者からの細かい要望を聞きつつ、転職成功のための職務経歴書の添削から面接対策などをおこない、 転職成功まで二人三脚で寄り添います。 また、年収1000万円越えの高年収帯を得意としており、管理職以上の転職実績も豊富です。

ESGコンサルタント:将来性

欧米諸国に倣う形で、日本でもESGに対する取り組みの重要性が認知されるようになりました。

ESGコンサルタントを雇用する企業は増加傾向にあり、この需要は今後も右肩上がりで伸びていくと予想されています。また、ESGコンサルタントを軸にしたキャリアプランも幅広い選択肢がある点も見逃せません。

例えばメーカー・商社・銀行といった機関の経営企画部門への転職、機関投資家やアセットマネジメント会社の経営企画部門・運用部門への転職といった選択肢が挙げられます。

投資についての専門性を突き詰めていくのであれば、インパクト投資ファンドにおける経営企画部門や投資部門というキャリアも考えられるでしょう。

ESG・SDGs分野の転職:正社員求人の探し方は?

ESG・SDGs分野で転職を考える際に、正社員求人を探すための具体的な方法として、以下のステップと転職サービスの活用方法を踏まえて説明します。

オンライン求人サイトの活用

ビズリーチ」などの求人サイトを活用しましょう。これらのサイトは、多くの企業が正社員求人を掲載しており、検索や応募が容易です。

求人検索条件の設定:

各求人サイトで、ESG・SDGs分野エリアの正社員求人を検索する際に、以下の条件を設定して絞り込みましょう。

・職種・業界
・勤務地(ESG・SDGs分野)
・給与水準
・経験年数
・フリーワードの検索(リモート・土日休み・未経験・育休など)

これらの条件を設定することで、希望に合った求人情報を見つけやすくなります。

フリーワードなど絞り込み過ぎると表示が少ない可能性があるため、優先順位が高い順番で検索することをオススメします。

プロフィール登録とカスタマイズ

「ビズリーチ」などのサービスでは、自分のプロフィールを登録することができます。詳細な経歴情報やスキルを記入し、希望条件を明確に設定しましょう。これにより、求人企業からのアプローチが得やすくなります。

転職エージェントの利用

ESG・SDGs分野での転職をサポートしてくれる転職エージェントも利用できます。

エージェントは市場情報に精通しており、希望に合った求人を紹介してくれます。ビズリーチやリクナビ内でも転職エージェントのサービスを活用できます。

ESG・SDGs分野での正社員求人を見つけるために、オンライン求人サイトや転職エージェント、SNS、ネットワーキングなど、複数の手段を組み合わせて活用することが成功への近道です。自分のキャリア目標や希望に合わせた求人を見つけるために、時間をかけて調査と応募を進めましょう。

ESG・SDGs分野:大手企業へ就職したいのであれば転職エージェントの利用がオススメ

ESG・SDGs分野で大手企業への就職を希望する場合、転職エージェントの利用がオススメです。

地方での人脈と情報網

地方のコミュニティでは、人付き合いが大切にされ、情報が口コミで広まることが一般的です。

この点で、特定の地域に特化した転職エージェントは、地元企業との強い人脈を持ち、求人情報を独占的に提供する傾向があります

彼らは地元企業との良好な関係を築き、その信頼性から、大手企業の非公開求人情報を手に入れることができる場合があります。

大手転職エージェントとのパートナーシップ

大手の転職エージェントは、上場企業や大手企業との継続的なパートナーシップを築いています。これにより、彼らは大手企業の人事部と直接連携し、企業の人材ニーズに対応するための非公開求人情報を入手できることがあります。

大手エージェントは、企業の要望や文化に合致する候補者を提供できる自信を持っており、その信頼を地元企業に対しても発揮しています。

ESG・SDGs分野で大手企業への就職を希望する際には、地元の転職エージェントの活用が非常に有益です。

彼らは地域のビジネス環境に詳しく、大手企業とのコネクションを持つことから、非公開求人情報を効率的に提供し、求職者のキャリア目標を実現するサポートを提供しています。

「ESGコンサルタント」の案件を保有する転職サービスを紹介します。

アクシスコンサルティング」ハイクラス転職サービス「ビズリーチ」コンサル・経営支援に強い「コトラ」ESGを専門に扱う【サスキャリ】などはぜひ活用ください

ESG・SDGs分野での第二新卒転職を考える場合、求人サイトと転職エージェントの両方を活用することがオススメです。

ESG・SDGs分野に強みがある転職エージェント

一般的なホワイトカラーの人材エージェントでは、ESGサステナビリティ領域の専門知識や紹介先が不足していて、納得した転職ができないことが多いです。

特徴があります。「サスキャリ」はESGサステナビリティ領域に特化した転職の専門集団で、 求職者からの細かい要望を聞きつつ、転職成功のための職務経歴書の添削から面接対策などをおこない、 転職成功まで二人三脚で寄り添います。

また、年収1000万円越えの高年収帯を得意としており、管理職以上の転職実績も豊富です。

SEGサステナビリティ領域で職務経験があり、転職を検討している方は利用をおすすめします。

ESG・SDGs分野支店を持つ大手エージェント

大手の転職エージェントには、ESG・SDGs分野支店を持つところがあり、地元の求人情報や地域のニーズに精通しています。例えば、リクルートエージェントESG・SDGs分野支店などが挙げられます。

地域密着型エージェント

地域密着型の転職エージェントは、地元の企業との強いパートナーシップを築いており、非公開求人情報を提供することがあります。ESG・SDGs分野の求職者に特化したサポートを提供しています。

業界特化型エージェント

特定の業界に特化した転職エージェントも存在します。例えば、製造業、自動車産業、IT業界など、ESG・SDGs分野で強い業界特化型エージェントがあります。特定の業界に精通したアドバイザーが求職者をサポートします。

ローカルネットワークを活用するエージェント

ESG・SDGs分野にルートネットワークを持つエージェントは、地域の企業とのコネクションを活かして、非公開求人情報を提供することができます。

LinkedInなどの活用もおすすめです。

転職エージェントの選択においては、自身の希望や専門性、キャリア目標に合ったエージェントを選ぶことが大切です。複数のエージェントを比較し、無料のキャリアコンサルテーションを受けることで、最適な転職パートナーを見つけるのに役立つでしょう。

ESG・SDGs分野・フルリモート案件がある転職サービスを紹介します。よろしければご活用ください。

合わせて読みたい
【ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)】具体的な取り組み・業績変化・成果指標はどうしてる?
【ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)】具体的な取り組み・業績変化・成果指標はどうしてる?
プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました