エージェントは人生のパートナー。伴走してくれるパートナーを探す。だから複数サービスを登録することが成功の鍵

「ポテンシャル採用」「未経験業界・職種への転職」「リモートワークをしたい」様々な欲求があると思います。転職が当たり前の時代。そして副業・兼業など1つの会社にしばられない働き方が増えています。様々な選択ができるように「今の自分」に何が足りないか。自己実現をするためにどのような経験・スキルを高めるべきか。

主なメリット
転職サービスを利用するメリット
未経験業界・未経験業種
未経験OK
リモートOK
年収UP
副業・兼業OK

転職は選択肢が多い。だから迷う。迷って当然。

「将来何をすべきか分からない」「やりたいことが、見つからない」「仕事にやりがいを見出せない」「人間関係を改善したい」「年収を上げてプライベートを充実させたい」など様々な欲求があると思います。

やりたいことが明確な方は、ある調査で2割ほど。人生100年時代と呼ばれるこの時代。迷いがあって当然です。だからこそ、正しい迷い方が大切になります。人は「経験」によって意思決定をします。行動し経験することが近道です。

転職とは、何が自分にとって大事なのかを決めること

あなたが働く上で、大事にしたいものは「何」でしょうか。 もしそれが、今の職場では今後も叶えることが難しいのであれば、「転職」を選択肢に入れても良いかもしれません。

「転職は人生のチューニング」です。

仕事をする上で、職場を選ぶ上で何を一番大事にするかは人により違います。 仕事より家族との時間を大事にしたいのであれば、残業がない会社へ転職するのもよいでしょう。

転職をすれば、これまで不満に思っていた部分は解消されるかもしれませんが、 同時にこれまでにはなかった新しい不満を抱えるかもしれません。それを大事にすると決めたからには、 他の部分では我慢しなければいけません。

転職は人生のリセットではなく、必ずトレードオフ(一方を追求するともう一方を犠牲にしなければならない)が発生します。

上手にチューニングすることができればあなたのビジネスライフはより充実度の高いものになるでしょうし、 もし転職に過度な幻想を抱いているのであれば、恐らくまた同じように新しい職場に対しての不満をため、 転職を繰り返してしまいかねません。

転職は人生の大きな決断です。チューニングに成功するためには、 まず自分が、何を大事にしたいのか、 そしてそれは本当に今の職場環境が理由で叶えられないものなのか。 それをきちんと吟味・検討することが重要だと考えています。

就活・転職サービスは、自分に合ったサービスを利用しないと意味がない

就活・転職サービスを利用する際、自分に合ったサービスを選択することが非常に重要です。

まず、サービスが保有する求人の種類や業界、職種の範囲は大きな要因です。自分が希望する業界や職種に特化した求人が豊富にあるサービスを選ぶことで、目指すキャリアパスに合った機会を見つけやすくなります。

一方、自分の興味やキャリアプランと関係のない求人が多いサービスを選ぶと、適切な仕事を見つけるのが難しくなります。

さらに、キャリアアドバイザーの経験年数や専門性も重要です。経験豊富なアドバイザーは、市場動向の理解、職務経験やスキルに基づく適切なアドバイス、キャリアパスの計画立案など、転職活動において重要なサポートを提供できます。

これに対して、経験が少ないアドバイザーは、これらの面で限定的な支援しか提供できないことがあります。

結局のところ、自分のキャリア目標や求める職種、業界に合致したサービスを選ぶことは、転職活動の効率と成功の鍵を握っています。自分に合ったサービスを選択することで、目指す職業への道がよりスムーズに、かつ効果的に進めることにつながります。

自分に合った転職サービスを見つけるためのステップ

自己分析を行う

まずは自分のキャリア目標、希望する業界や職種、必要なスキルセットを明確にします。

自分が何を求めているかを理解し、それに適したサービスを探しやすくなります。自己分析が難しい方は職務経歴書を丁寧に作成することもおすすめです。転職の有無に関わらず、必要になります。あとはキャリアアドバイザーに自己分析を依頼するのも1つです。

サービスの種類を理解する

転職サービスには、大手の一般的な求人サイトから、特定の業界や職種に特化したもの、キャリアアドバイスを重視するものまで様々あります。

例えば、アクシスコンサルティングは上場した転職サービスの1つで、BIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)やアクセンチュアなどの総合系コンサルティングファーム、外資系のコンサルティングファームの転職に強いエージェントです。
コンサル業界各社とのパイプがあり、業界に特化している特徴があります。コンサルティングファームは「ケース面接」や特有の面接があるため

広告・Web・マスコミ職種の転職・就職に強みがあるマスメディアンは、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社です。
宣伝会議のパイプを独自に持つため広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しています。広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数を保有しており、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)があります。

他にも営業・マーケット・バックオフィス・エンジニアなど職種を問わず、IT/WEB業界に特化した求人サイト【Green】

地方銀行と提携することで求人数が少ない地方でも数多くの非公開求人を保有する地方転職に特化した転職サービス【ヒューレックス(HUREX)】などがあります。転職・就職サービスは全国で3万5000以上存在するため、自分に合ったサービスを見つけるのは難しく、CMなどの広告を打つ企業に限られています。

それでは本人にマッチしたサービスの紹介ができないと考え、市場価値を高めたいと考えている読者に向けたおすすめのサービスを紹介しています。それぞれのサービスの特徴を理解し、自分のニーズに合ったものを選ぶことで転職活動を進めやすくなります。

口コミや評判を調査する

実際の利用者の経験や評価を調べることで、サービスの質や適合性を判断できます。オンラインフォーラムやSNSでの評判、友人や知人からの推薦も参考になります。

キャリアアドバイザーの質を確認する

キャリアアドバイザーの経験、専門性、対応の質は、転職サポートの効果に大きく影響します。無料相談を利用してアドバイザーと話してみることで、相性や専門性を確認しましょう。

複数のサービスを比較検討する

一つのサービスに絞らず、複数のサービスを比較することが重要です。それぞれのサービスの長所と短所を比較し、最も自分に合ったものを選びます。最初は3〜5社ほど登録をし、スキマ時間に求人を探すなど行動をしてみましょう。転職の意欲が低い場合でも活動をすることで「市場価値」を見つめ直すことに繋がります。

転職までの流れ

まずは登録

まずは【会員登録】をしましょう。Facebook登録などで1分程度で登録ができるものが増えています。もちろん、知人や友人、在籍企業に知られることはないので安心してください。

ダイレクトリクルーティング(採用人事が直接スカウトをする採用手法)でも同様に従業員が転職活動をしていることがバレないよう、検索ができない仕様になっています。

【職務要約】と【実績】は面倒でも記載することをおすすめします。企業・エージェントからのスカウト、自分にマッチした求人を見つけやすくなります。(職務経歴書をコピペする方が一般的です)

面談・相談

必要に応じて、就活エージェント・転職エージェントの利用をおすすめします。退職交渉・キャリアプランの棚卸し、自己分析など自分に合ったサービスを活用しましょう。

■転職エージェント:サポート内容

  • 自己分析
  • ありたい姿に対するギャップ(足りないもの)を洗い出し、今後のアクションの選定
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 条件等のすり合わせ
求人情報の紹介
  • 求人の提案(求人票に書いていない情報をしっかり確認しましょう)
  • 業界の詳しい情報、知識の提供
  • 実務出身者ならではの各論知識提供
  • 非公開求人の紹介

求人票に記載がある年収はあくまでも見本です。経験スキルに応じた年収オファーが一般的ですので関心があるものは検討することをオススメします。

選考・面接

応募、面接日程調整、面接対策など全てのプロセスに対応しています。

面接対策(基礎面接対策/企業別面接対策/フェルミ・ケース対策)など面接対策に強みがあるエージェントを活用しましょう。

内定・入社

年収交渉、労働環境の確認から退職·入社手続きまで支援をしてくれます。

就職・転職サービスの紹介

読者の方に高品質なサービスを届けるため、業界・職種に強みがある転職サービスを紹介します。年齢・経験スキルなどで登録すべきサービスは変わりますが、利用していないサービスがあればぜひ活用してください。

本サイトは市場価値を上げたい方、キャリアや年収を高めたい方、前衛的なキャリアを歩みたい方向けにサービスを提供しています。ビジネスパーソンの助けになっていれば幸いです。

よくある質問

Q
転職サービスはなぜ無料で利用できるの?

転職エージェントや求人サイトは、求職者を採用する企業から報酬を受け取ることで収益を上げています。企業は優秀な人材を効率よく採用するために、転職サービスを利用しており、成功報酬型で採用が成功した際に支払われるため多くの企業が利用をしています。

Q
転職エージェントに同じ求人紹介をされた場合どうすればいい?

同じ求人を紹介され、選考を希望する場合は「内定・支援実績」が豊富にあるサービスの利用をおすすめします。エージェントサービスは、コンビニエンスストア以上にあるため、正直我々プロでも差別化や強みを把握するには時間がかかります。「御社経由で受けるメリットや内定実績がありますか?」と確認をし、信頼できる回答があれば、面接対策等をしっかり実施してもらえるサービスを選びましょう。

Q
転職エージェントと直接応募ぶっちゃけどっちがいい?

経験スキルに自信がある方は「直接応募」がおすすめです。転職エージェントを経由すると企業側に採用コストが発生します。直接応募であれば「採用コストはかからないので採用にしよう。」というケースもあります。書類だけでは判断できない豊富なスキル・人柄・志向性とのマッチ度・給与交渉・面接対策など1人で実施するのが難しい場合は、「転職エージェント」を利用することで「採用確度」を高めることにつながります。

Q
転職エージェントはなぜ給与交渉に積極的なの?

転職エージェントは企業側から入社が決まった企業から「報酬」をいただきます。相場は年収の35〜45%、幹部候補であれば50%〜100%を頂戴します。そのため、候補者の年収が高ければ高いほどそれだけ「利益」に繋がります。本人とっても、転職エージェントにとっても、年収が上がることはメリットになります。そのため積極的に実施を行います。

Q
ヘッドハンティングサービスとは何ですか?

ヘッドハンティングサービスは企業によって定義が異なります。一般的には企業から着手金をもらい採用活動を行うサービスを「ヘッドハンター」・着手金をもらわず、転職サービス等を活用し採用活動を行うサービスを「転職エージェント」と呼びます。

Q
企業の財務状況が気になる…。

CxOを含むハイクラス転職では「NDA(秘密保持契約)」を締結し、PL/BS等の開示ができます。カジュアル面談等では開示ができないため、主に最終面接前後・内定後に行うことが一般的です。気になる方は、アドバイザーへの依頼をおすすめします。

Q
時間がなく、転職活動ができないのですが…

可能な限り時間を見つけ、営業時間前・営業時間後に面接調整ができるか打診をしましょう。ハイクラスの転職では、カジュアル面談・一次面接から「役員」等からスタートも珍しくありませんので、時間外での調整も可能なケースも多いといえます。非公開求人はすぐに埋まってしまいます。時間がないを理由で「機会損失」にならぬよう、仕事として取り組むことをおすすめします。

Q
どの転職サービスが良いかわからない。

転職サービスは複数あり、あなたの状況次第で力になれるサービスがことなります。一般的には総合型を2社・特化型のサービスを2〜3社ほど利用するのが一般的です。複数のエージェントから連絡がある場合は、まずは数人に会い自分に一番マッチするアドバイザーを選択しましょう。

記事URLをコピーしました