■業界・職種

【30代で不動産業界未経験での転職は可能?】面接対策・気になる年収・転職難易度・ポイント・離職率などを解説!

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

今回は、不動産業界に興味がある方々に向けた情報になります。

合わせて読みたい
売り手市場の「営業職」未経験で就職・転職を成功させるには?
売り手市場の「営業職」未経験で就職・転職を成功させるには?

不動産業界未経験:30代で転職は可能?

30代で未経験から不動産業界への転職は可能ではありますが、20代と比べると採用されづらく、30代前半と後半でも選択できる求人は変わってきます。

30を越えてからの転職は厳しいので余裕を持った転職活動をおすすめします。宅建があると実務経験がなくとも少しは有利になります。ただ、生半可な気持ちでは受からない資格ですので、勉強期間は相当な期間を要します。

未経験の場合は売買営業よりは賃貸営業の方が転職しやすいため、キャリアアップを目指してる場合でも賃貸仲介から始めた方が仕事を覚えやすいためおすすめです。

30代であることを逆に強みにする

志望度が高い場合、「不動産業界」への転職に強い転職サービスを利用しましょう。

そして、30代であることを逆に強みにする形で「転職活動」を行います。

不動産の営業はお客様とのコミュニケーションが重要です。目上の方・若い方・バツイチの方・別居・生活保護・自己破産など様々な事情を抱えているお客様と接しています。

ただ物件を紹介するだけでは契約は取れないので、お客様の事情や希望を相手に不快にならないように少しずつ引き出していきます。

30代はライフステージが大きく変わるタイミングです。人生における先輩として「顧客の課題を解決する」ことが30代ならではの強みといえます。

不動産業界・不動産に関する法律など勉強が必要ですが、強い信念があれば問題ないでしょう。

不動産業界への転職は「不動産業界に特化」した転職サービスを利用する

不動産業界への転職は「不動産業界に特化」した転職サービスの利用をおすすめします。

30代でも未経験で不動産業界への転職は可能であることは伝えましたが、とにかく書類が通過しません。過去のご支援では100社応募1社内定だった方もいます。

理由は様々ですが「求人が少ない」「書類が通過しても見送りになる」など対策が必要です。

不動産業界に強みがあるサービスを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 非公開求人への応募が可能
  • 専門性を活かしたアドバイスが可能
  • 専門知識を活かした書類添削などが可能
  • 企業ごとの面接対策を行い通過率が上がる

少しでも書類や面接通過できるようサポートするのが転職エージェントです。積極的に活用をおすすめします。

不動産業界への転職に強いエージェント

転職エージェントのプロとして紹介したい「不動産業界」に強いサービスを紹介します。

【宅建Jobエージェント】

不動産業界に特化した宅建Jobエージェントは、不動産業界を専門とした転職支援サービスです。

不動産業界に精通したプロのアドバイザー・不動産業界の経験者が在籍しています。

宅建の資格がない方や、未経験で不動産業界に興味がある方まで幅広くサポートします。

不動産業界に特化した転職支援サービス『RSG不動産転職』

不動産・設備・建設領域を専門とした転職エージェントサイトです。基本的に不動産業界の年収は高いこともあり、平均年収1.2倍~1.5倍UPしているそうです。

不動産・設備・建設領域を専門とした転職エージェントサイトです。

基本的に不動産業界の年収は高いこともあり、平均年収1.2倍~1.5倍UPしているそうです。

国内外の「不動産」「建設」「不動産管理」の3大業界において、各業界を横断したキャリア形成のご提案も行っております。

不動産開発・不動産仕入れ・建設コンサルタント・設計・施工管理・不動産管理といった「モノづくり」の一連の流れを熟知しているため、各業界を横断した非公開・優良求人がたくさん集まってきます。

従来のような業界の枠におさまったスポット的な転職サポートではなく、可能性の視野を広げ、転職における皆様の人材市場価値の最大化を実現することが可能です。

RSGは、この3大業界を横断した転職サポートができる、国内唯一無二の次世代型転職エージェントとされています。

不動産・設備・建設領域を専門【Prime Career】

不動産に限らず「整備・建設領域」も担当しています。施工管理・電気工事士などの資格がある方にもおすすめです。

不動産・設備・建設領域を専門とした転職エージェントサイトです。

売買仲介・マンション管理フロント・プロパティマネジメント(オフィス系)(商業系)(賃貸マンション系)、設備管理(常駐・巡回)、ビルマネジメント、ファシリティマネジメント、施工管理、第二種電気工事士 建築物環境衛生管理技術者 第三種電気主任技術者 1級・2級施工管理(建築、設備、管工事)の方はぜひご活用ください。

30代で不動産業界未経験での転職:転職回数が多い場合は「求人サイト」で直応募がおすすめ

転職回数が多い場合は「求人サイト」や「ホームページ」からの直接応募がおすすめです。

転職エージェントは企業から「報酬」をもらうビジネスモデルですので、転職希望者は無料で利用できる一方、企業は「お金を出したい」と思える人材でないと採用にはなりません。

転職回数が多い場合は、採用コストをかけてまで採用をしたいと思えないため、転職エージェントを利用すると不利になります。

知人紹介・採用コストがかからない媒体で転職活動を進めることをおすすめします。

不動産業界で働く女性の結婚や出産と年収の関係

一般的な働く女性の年収の特徴と、結婚や出産との関係を見てみましょう。併せて、産前産後休暇や育児休業に関する制度の現況について紹介します。

一般的に女性の年収が低くなる理由

民間給与実態統計調査(国税庁)を始めとするさまざまな統計データからわかるように、女性の平均年収は、不動産業界に関わらず、男性よりも低い傾向にあります。

  • 非正規雇用を選ばざるを得ない女性が多い
  • 女性が昇進しづらい環境

総務省の「労働力調査(基本集計) 2020年(令和2年)8月分」によると、正規職員の人口は、男性が2,334万人に対して女性は1,200万人、非正規職員の人口は男性が665万人に対して女性は1,405万人です。

この就労人口の差にはさまざまな理由が考えられますが、女性は家事や育児を中心に考えざるを得ず、仕事は家計補助を目的として、非正規雇用を選ばざるを得ない人が多いようです。

また、厚生労働省の「令和元年度雇用均等基本調査」によると、不動産業の女性管理職の割合は、男性に比べてかなり少ないことがわかります。

仕事と家庭の両立を考えて、管理職への昇進を望まない女性も多いとされています。

一方で、前述したように家事、育児とのバランスがとれなかったり、企業側の評価が男性優位に偏っているといった指摘も多くあります。

いずれにせよ、一般的な企業では管理職のほうが年収が高くなり、女性管理職は少ないため、結果として女性の平均年収は低くなっています。

女性の活躍に必要な、産前産後休暇と育児休暇

結婚や出産、育児の影響を気にすることなく働くことができる環境があれば、女性はより活躍しやすいでしょう。

出産は身体への負担が大きいことから、休暇制度が必須です。産前産後休暇は労働基準法第65条で明文化されているため、制度としてこの休暇を設けていない企業はないでしょう。

一方で、育児休暇制度についてはどうでしょうか。

先述した厚生労働省の調査によると、全業種における事業所規模別育児休業制度の規定がある事業所の割合は、100名以上の規模でほぼ100%、30~99名の規模で92%となっていますが、5~29名の規模となると76%に減少します。

このことから、30名以下の小規模な不動産事業者ならば、育児休暇制度があるかどうかの事前確認は、入社前にしておいたほうが良いでしょう。

また育児休暇制度があるだけでなく、取得実績があるのかも確認しましょう。

近年、子育てをする社員が働きやすい環境を提供する制度を設けられています。      

認可保育園、認可外保育園を問わず、保育料の一部補助や「両立支援手当」やベビーシッターを利用する際の一部補助、資格職位を継続しつつ、労働日数や残業時間を調整するなど育児と仕事の両立を支援する企業が増えています。

そのため、女性のアドバイザーも増えているのが特徴です。

不動産業界の離職率は15.1%

厚生労働省の「2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要」によると、不動産業および物品賃貸業の離職率は15.1%です。

宿泊業・飲食サービス業の33.6%や、生活関連サービス業・娯楽業の20.5%に比べると、不動産業界の離職率は決して高くはありません。

年度離職率参照
201716.5%2017年(平成29年)雇用動向調査結果の概要
201813.7%2018年(平成30年)雇用動向調査結果の概要
201915.1%2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要

不動産営業の離職率が高いと言われる理由

不動産営業といえばきついノルマや長時間残業のイメージを持つ人が多いのですが、実は数多くのホワイト企業が存在することも事実です。

では、なぜ不動産営業の離職率が高いと言われるのでしょうか。以下、その理由を詳しくお伝えします。

残業が多く激務というイメージ

不動産会社は、高額な商品を扱っています。そのためトラブルがあればすぐに対応が必要になり、常習的な残業を強いられることがあります。

しかし、不動産業界のすべての会社が激務だとは限りません。

なかでも営業担当社員1人に業務が集中しないように、チームでサポート体制を構築していたり、連続的な勤務を社則で禁止したりしている会社も増えてきています。

会社の規模や組織体制、繁忙期の対処など、その会社の特徴をしっかり見極めるといいでしょう。

また近年「反響営業」も増えていることから、不動産賃貸の仲介営業などは残業が少ないのが特徴です。

厳しいノルマを課せられるイメージ

不動産会社は営業を担う社員にノルマを設定することも多く、すべての会社がそうではないですが、離職率が高いイメージを持つ人は多いようです。

他の業種と比べて休日が少なめ

不動産営業は他の業者や職種に比べて休日が少ないというイメージも根強いようです。

不動産営業職は、土日でも出勤を余儀なくされることも珍しくありません。一般企業の休日こそ、不動産についての相談をしたいお客様が多く、面談の調整をしやすいからです。

しかし、不動産業では土日が休みではなくとも、週休2日制度を設けている会社が多く、休暇制度や年間休日を公表している会社は多いので、確かめてみるといいでしょう。

なお、当社は週休二日制、年末年始休暇や夏季休暇、産前・産後休暇などが充実しています。

さらに、休日日数や就業時間は毎年改善が重ねられており、より働きやすい環境が作られていく見通しです。

不動産業界未経験・転職で役立つ資格

  • 宅地建物取引士 国家資格
  • 不動産コンサルティング技能士
  • FP(ファイナンシャルプランナー)関連 国家資格
  • 司法書士 国家資格
  • 任意売却取扱主任者(任売マイスター)
  • マンション管理士 国家資格
  • 建築士 国家資格
  • インテリアコーディネーター

特に、建設コンサルタント(日本工営・大日本コンサルタントなど)、ゼネコン施工管理、建設機械営業、上場企業人事、 ファシリティマネジメントなどの領域は、企業によって「働き方・報酬・キャリア」が変わってきます。

転職をして後悔する前に、内情に詳しい転職エージェントの利用を検討してみてください。

不動産会社は求職者のどこを見ているか

面接で企業側が求職者のどこを見ているのか解説します。

営業マンとして結果を残すことができるか

まずは入社したあと活躍できるかどうかが重要です。

不動産営業は、実力主義であることが多いため、「自社で活躍できるのか」というのは採用する側にとって最も重要です。

能力面では、社内外とのコミュニケーションは十分にとれるかどうかや、不動産に関する知識(知見がない場合はキャッチアップする姿勢があるか)は十分かどうかをみられることが多いようです。

性格面では、目の前の仕事に対して前向きに向き合うことができるかという点がみられます。結果が出せないときにも意欲的に働くことができる人は、歓迎される傾向にあります。

未経験の場合は、営業や接客経験があり即戦力として判断されることもありますが、将来的に活躍できるかどうかをみられています。

志望動機:「お金が欲しい」と伝えても良いか

結論、お伝えして問題ありません。

こういった動機で問題ありません。入社してからどれだけ頑張れるかを伝えることがポイントになります。

面接での伝え方などは「転職エージェント」からアドバイスをもらうことが可能です。

転職時期はいつがいい?

中途採用の求人数が増えやすいのは1~3月と9月~11月です。

春は新年度に向けた組織強化、秋は退職者が出た企業などが下半期の採用活動に力を入れる時期です。特に3月と9月は新体制に向けて欠員を補充する企業が多い傾向にあります。

転職のチャンスが多いため積極的に応募したい時期であるとともに、ライバルが多い分、対策は入念に行うべきタイミングです。

逆に人材が入社したばかりの4月、夏季休暇前の7月ごろは求人数が減ります。閑散期である分、たまに求人が出た場合はライバルが少ないからこそ早期内定につながるかもしれません。

特に4月以降は早期退職者により生じた欠員を補うため、第二新卒向けの求人が増える可能性もあります。

大きな声では言えないものの「ボーナス(賞与)を貰ってから退職したい」という本音を抱いている人も多いでしょう。実は企業側も、ボーナス支給後のタイミングを見計らって求人を出す場合もあります。ボーナス支給前後も求人が増える可能性があるため、情報をチェックしておくと良いでしょう。

退職届を出すのはボーナス支給から最低でも数週間経過後にするのがおすすめです。ボーナス支給から1~2ヶ月後に退職するのがベストでしょう。


プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

年収500万円以上の厳選求人が 10万件以上
若手ハイクラススカウト:大手多数
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
コンサルティングファーム支援に特化
過去問・解答集プレゼント:相談はこちら
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
大手一流・外資系・グローバル企業など求人数20万件以上
求人を探す
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました