■企業情報

【ニトリへの就職】って将来有利?ニトリからの転職、セカンドキャリアについてプロが教えます

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

今回はニトリへの就職についての情報をお伝えします。

その中でもこの記事は「ニトリへ入社する方法」ではなく、ニトリへ入社してからのキャリアや市場価値などについてお伝えします。

転職エージェントをしていた頃、年間で数十名のキャリア支援を行いました。

累計だと数百名の転職支援の経験を活かして情報を発信したいと思います。

そのため「ニトリから内定をもらっているけど意思決定をどうするか?」「ニトリから転職を考え、その後のキャリアや職種の選択に迷っている社会人の方」に向けた記事になります。

ニトリからの転職決定実績

過去私が転職支援をしご縁をお繋ぎした企業様や職種についてお伝えします。

接客業全般約300〜400万円
営業職(個人)約250〜500万円
事務職約300〜350万円
営業職(法人)約400〜700万円
人事職(未経験)約300〜480万円
デジタルマーケティング約300〜500万円
SNSマーケティング分野約360〜500万円
  1. WEB広告代理店:法人営業職(年収300万円〜500万円)
  2. ECマーケティング支援会社:アカウントプランナー職(年収300万円〜400万円)
  3. メーカーの法人営業職(年収300万円〜500万円)
  4. リクルートグループ<飲食・美容・旅行領域>(年収300万円〜400万円)
  5. ネオキャリア、レバレジーズ、リクルートキャリアなどの人材業界営業職(年収300万円〜600万円)
  6. MS-Japan、パーソルキャリアなどキャリアアドバイザー職(年収300万円〜500万円)
  7. 金融メディアのWEBマーケティング職(年収300万円〜500万円)
  8. 店舗改善のコンサルティング職(年収500万円〜700万円)
  9. コストコンサルティング職の法人営業職(年収500万円〜700万円)

「販売職からの転職」が多く、エリアマネージャーや店長、地方からの転職支援など幅広く担当をしました。

ニトリから転職する場合は、年収が100万円前後ダウンする可能性がある

中途採用は即戦力採用になるため、「未経験の職種への転職」や「未経験業界への転職」では採用ハードルが高くなります。

未経験業界・職種への転職をする際は「年収」は下がると思っていただくことをおすすめします。

ニトリなどの店舗責任者からの転職は、職種などによって「年収が100万円以上」ダウンする場合があります。

ニトリからの転職先

経験を活かした転職でオススメの業界・職種は以下の4つです。

  1. 個人営業職<業界問わず>
  2. 法人営業職<業界問わず>
  3. 人事職<アシスタントや営業職経験後>
  4. 営業アシスタント<求人は少ない>

基本的には、営業職がお勧めです。

「営業職への抵抗がある方」や「正直が疲れてしまった方」も多いとは思いますが、営業職の中でも特に法人営業であれば、土日休みの企業も多く、成果が給与に反映されます。

不安な方は、まずは求人サイトや転職サイトに登録をして仕事を探してみるもの良いでしょう。

人事職は、基本的には「経験者」でないと転職が難しいポジションではありますが、過去「営業職での選考から人事職へポジションの変更」があり、内定を勝ち取った方がいました。

専門性が高い分狭き門ではありますが、可能性があればお勧めです。

近年、人気の分野は「SaaS業界」です。リモートワークなど働き方も柔軟な業界のため、地方在住でキャリアアップも可能な業界です。

SaaS業界に興味がある方は、求人を豊富に扱う「マーキャリア転職エージェント」がおすすめです。SaaS業界に特化した支援をしているため、興味がある方はまずは話を聞いてみるのがおすすめです。

合わせて読みたい
【株式会社リクルートスタッフィングへの転職】未経験でも大丈夫・中途採用の難易度・面接対策・年収などプロの転職エージェントが紹介します
【株式会社リクルートスタッフィングへの転職】未経験でも大丈夫・中途採用の難易度・面接対策・年収などプロの転職エージェントが紹介します

20代〜30代:コンサルティングファームへの転職に強い【MyVision】

MyVisionはアクセンチュアやBIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)といった 外資系コンサルティングファームや ベイカレントコンサルティングといった国内の人気ファームへの転職支援が強い コンサル業界特化の転職エージェント

※コンサルティングファームは「学歴フィルター」があるため、大学卒・GMARCH以上の学歴が必要となります。

SaaS業界とは

SaaS業界は、Software as a Serviceの略で、ソフトウェアをサービスとして提供するビジネスモデルやアプローチを指します。

代表的な企業は「株式会社ラクス」「サイボウズ株式会社」「株式会社SmartHR」「Sansan株式会社」などが有名です。

SaaS業界への転職の難易度は、個人の経験やスキル、求人市場の状況などによって異なります。

一般的には、SaaS業界は成長している分野であり、需要が高まっているため、他の業界と比較して転職のチャンスが多い傾向があります。しかし、その一方で競争も激しいため、対策が必須です。

転職の難易度は個人の状況によって変わるため、自身のスキルや経験をしっかりと整理し、適切な求人情報を探すことがポイントです。転職エージェントの利用や、業界の最新トレンドや企業情報の把握など、準備を進めることが成功への道を開くことに繋がります。

土日休みで給与も一定欲しく、キャリアパスを広げたい方は「営業職」がおすすめですよ。

外資系転職専門の【エンワールド・ジャパン】

グローバルタレントを求める企業の多様性に富んだ求人〜 エンワールドは日本国内にある約9割以上の外資系企業と取引があります。

※登録するためには、ビジネス英語以上 (TOEIC700点以上) 必須になります。※案件によっては日常会話レベル可のケースもあり※外国の方の場合は、日本語ビジネスレベル以上

「事務職」への転職はあまり勧めないワケ

この記事を読んでいる方の中には事務職を希望される方もいるかと思いますが、転職エージェントの経験をからあまり事務職への転職はオススメできません。

理由は様々ですが、事務職は近年、正社員採用ではなく、派遣社員で雇用する企業が増えており、コロナをきっかけに「33%が派遣切りに遭った」とされるデータもあります。『2021年』派遣社員の実情調査実施 

また、収入面においても派遣社員の時給の全国平均は1,200円~1,300円程度といわれています。

求人ボックス:一般事務の仕事年収

もっとも、派遣社員といっても、勤務地や職種、求められるスキルによって時給の額は異なります。

高いスキルを求められる職種や、専門的な職種はそれだけ時給が高くなっています。

正社員の平均年収は約303万円で月給換算すると25万円、初任給は20万円程度が相場となるため、事務職よりは営業職の方が収入面でもキャリアの選択肢も広げることができます。

法人営業の仕事の平均年収は約428万円。月給で換算すると36万円、初任給は21万円程度が相場となります。

転職後に期待することの一つに長く働きたいという希望があるはずですので、そういった意味で、転職の繰り返しになるリスクがあります。

また、事務職などは競争率も高く、PCスキルが高くなければならないため「派遣社員」になってしまうためあまりおすすめできません。

管理職・マネージャー(営業系)は営業系の中ではやはり年収は、トップクラスによく、平均年収だと528万円前後です。

30代に差し掛かると平均年収は623万円にも達するようになり、高収入の職種の一つといっても良いでしょう。

営業職の経験は転職市場では高く評価されます。

事務職や派遣事務は「キャリアダウン」の可能性があります。

「労働時間の改善」を希望され、デスクワークをしたいから「事務職」という選択を考える方がいますが、少し立ち止まってから検討してください。

事務職へ転職してしまうとそこからより待遇の良い転職先を見つけるのが難しくなります…。

20代・30代であれば可能な限り多くの選択肢を取れる経験・キャリアを積むことをお勧めします。

IT業界の営業職・マーケティングへの転職は特におすすめ

「IT・Web業界」といった成長産業への転職は、難航しやすいですが、結婚・出産などのライフイベントが訪れる中でも、働きやすく続けやすい、人気が高い業界です。

効率的な営業活動や生産性向上を目指しているため、長時間の残業を良しとせず、メリハリをつけて仕事をしている方が多くいます。

45時間未満の労働時間、土日休みに加えて、リモートワーク、中抜け制度などを取り入れていたり、育休制度に力を入れている企業も多いため、先進的な働き方ができるでしょう。

また、市場価値が高くなり、その後のキャリアにも繋がるのが特徴です。

営業職の市場価値

転職市場では、同じ営業職でも上記ようなヒエラルキー(階層)が存在し、上位になればなるほど報酬・待遇・異業種転職がしやすい特徴があります。

無形商材(金融・広告・人材紹介・コンサル・ソフトウェアなどのITサービス)の法人営業経験は市場から高く評価されます。

単価・営業手法・提案相手でも転職市場は変わる

転職市場では高く評価されやすい営業経験が存在します。

  • 新規開拓営業
  • エンタープライズ向けの営業
  • 単価数百〜数億円の提案営業(ソリューション提案)
  • 経営者・役員クラスへの提案

上記のような経験があり、上位20%の営業成績があれば、転職時に高い評価を受ける傾向があります。

年収変化

基本的な年収は「業界」と「職種」の変化で決まります。

年収を上げたい

年収を上げたい場合は、「親和性が高い業界」かつ「これまでの経験を活かせる」転職が一般的になります。つまり、業界・職種を同じにして転職をする場合です。即戦力採用になるため、働き方や年収などは上げやすい傾向にあります。

IKEA・無印良品といった小売業界への転職は、年収を上げやすい傾向があります。ただ、職種は同様になるため未経験職種へ転職を希望する場合は早めに行動しましょう。

年収は上げたいが、違うこともやりたい

あまり年収を下げたくない場合は転職先の「業界・分野」はそのままで、職種を変えることで職種チェンジをしやすいケースです。

・「ニトリ:店舗運営」→「化粧品業界:店舗運営」
・「DXプロジェクトマネジャー〈株式会社ニトリデジタルベース〉」→「ITコンサル業界:DXプロジェクトマネジャー」
・「ニトリグループ:財務経理スタッフ」→「ITメガベンチャー:財務経理スタッフ」…

職種をベースに「業界」を変える転職ですね。

年収は応相談、職種は変更したい

この場合は、同様の業界をベースにした転職がオススメします。例えば、ニトリの店舗責任者の経験を活かし、競合企業の事業企画への転職などが該当します。業界知識を活かすことができれば、年収を大幅に下げることはありません。

小売業界を中心に転職を希望する場合は、小売業界の転職支援に特化した部署がある「ジェイエイシーリクルートメント」(相談無料)の利用をオススメします。

年収より将来的なスキルを高めたい

短期的な報酬ではなく、生涯年収を上げ「キャリアのタグ付け」を増やしたい方にオススメです。

この場合では、年収が大幅に下がる可能性があります。ただ、2・3年後に転職した場合に付加価値がある人材として評価を受ける方法です。

リスクもありますので、やみくもに年収を下げ、使わない経験を高める必要はありません。

自身に合ったキャリアを考えた場合、今「何」が足りず、どのようにすれば、実現できるかなどの専門的な逆算思考が求められます。

キャリアは専門家に聞くのが一番ですので、転職支援のプロをぜひ活用ください。

転職エージェントも様々です。一流は一流のエージェントサービスを利用することをオススメします。

担当者は一番成果を上げている、業界でも知名度がある担当者をアサインいただくようサービス時に申し込んでも良いかもしれませんね。

年収を上げつつ、業界・職種未経験に挑戦したい

この場合は非常に難しいケースで、他の選択肢を検討いただくことをお勧めします。

「年収を上げつつ、業界・職種未経験で転職する」ことは都合が良すぎます。もともと給与水準が低い、転職先の給与水準が著しく高いなどの例外はあります。

給与を支払う=自分が経営者になった場合にいくら今の自分に払えるか?と転職先の経営者になったつもりで判断するのも1つです。

コンサルティングファーム支援に特化した転職エージェント
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
デジマ/マーケティング/クリエイティブ業界に特化した転職エージェント
外資系支援に特化した転職エージェント『エン・ワールド』

20代営業経験者は未経験業界・職種への転職がしやすい

20代は業界・職種を変更しやすいタイミングです。

30代以降は未経験分野への転職が難しくなります。加えて、ライフステージの変化も大きく、ご両親の介護・住宅ローン・子育てなど、忙しくなります。

年収を下げる=生活水準を下げる・節約をすることが求められます。

キャリア形成は20代が旬といえます。

20代営業職・セールスマンであれば営業以外の選択肢もあり

20代はキャリアチェンジをしやすいため、短期的な年収ではなく、生涯年収を視野に入れたキャリアのタグ付けを意識する事をおすすめします。

働き方に対する価値観が多様化する中、「定年まで一社で勤めあげる」というキャリアのあり方は当たり前のものではなくなりつつあります。

転職や複業、あるいは起業も含め、あらゆる可能性を探っていきたいという方も増えているでしょう。

しかし、これだけ多様な選択肢があり、また時代の変化がますます激しくなる中で、自分のあるべき未来の姿を想像し、それに適うような選択を行っていくことは決して容易ではありません。

無形商材・法人営業経験は転職市場では有利

無形商材や法人営業経験は、転職市場で高く評価される理由は、その性質からくるソリューション要素が非常に強力であることに起因しています。

無形商材は、物理的な製品ではなく、サービスやソフトウェアなどの非物質的な価値を提供するものです。無形商材を販売する際には、顧客の問題やニーズに合わせたカスタマイズやコンサルティングが不可欠です。

無形商材の法人営業経験者は、顧客の課題を分析し、それに対する効果的な解決策を提供できる能力を持っており、複雑なビジネス環境での問題解決は、組織にとって重要な要素です。

そのため、製品や商材への魅力ではなく、難易度の高い課題解決力が求められる点から転職市場で重宝されます。

コンサルティング職・マーケティング職・人事職・企画職など年収・専門性が高い分野では「無形法人営業」の経験を必須にしている企業が多く存在します。

営業職でキャリアを考える場合は「無形商材」「法人営業」の経験があることは今後有利に働きます。経験がなければ挑戦することをオススメします。

20代ハイクラス層転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
外資系支援に特化した転職エージェント『エン・ワールド』
金融/コンサル/経営幹部支援に特化した転職エージェント
【地方求人数No.1】地方転職に特化した転職エージェント

転職を検討するのであれば28歳が1つの目安

この年齢になると、多くの人が大学を卒業し、職務経験を積んでいることが一般的です。新しい職場で価値を提供しやすく、求人市場での競争力を高める要因となります。

また、28歳は若さと柔軟性が兼ね備わっている時期です。新しい環境に適応しやすく、新たな挑戦に対する意欲も旺盛です。

さらに、この年齢からキャリアの方向性がより明確・ある程度決まってきます。異なる業界や職種で新しい経験を積み自己成長を促進し、将来のキャリアに対する選択肢を広げることにつながります。

特に、スキルや経験を持つ28歳の候補者は、市場価値が高く、給与交渉において有利な立場にあります。

ただし、転職は慎重に計画し、自分のキャリア目標に合致する機会を見極める必要があります。28歳の時期は、新たなステップを踏み出すための貴重なチャンスと言えるでしょう。

ニトリからの転職理由

過去の転職理由についてお伝えします。現役社員は共感する部分も多いのではないでしょうか。

■転職理由

・自身が目指す将来像を描くことができないと感じた為。ニトリでは、基本的に最低10年の店舗経験が求められることもあり、成長意欲が高い自分にとっては物足りなさとこのままで良いのかと感じたため。

・店舗勤務だったため、パートさんやアルバイトさんと同じ業務をこなすため、スキルや専門性を磨くのは難しい環境と感じたため、自身の成長のためにも転職を決意しました。

・(エリア限定正社員ではない事例)転勤も多く、結婚をしていると移住地が変わってしまうため、転職をして落ち着いた環境で働きたいと感じたため転職を行いました。

・20代のうちに小売業以外の実務スキルを身につけることがリスクであると考えるようになりました。本部系でセカンドキャリアを築くことも考えましたが、専門スキルが高い中途社員を採用しているのがニトリHDでもあるため、30歳過ぎに店長を経験後、中途組みに勝てる正直イメージが湧かず、転職をしました。

・有給が正直取得しづらい環境ではありました。店舗シフトに左右されるので、申請をしていないのに有給を取ってほしいとお願いされるケースも私は珍しくありませんでした。シフト制の為、仕方のないと感じましたが、土日休みである法人営業に興味を持ち転職を行いました。

ニトリから転職するのであれば、28歳前後までが良い

地方と都内で転職事情は変わりますが、28歳は未経験の業界職種への転職が一番ピークになります。

以降は、年齢とともに未経験での転職は難しくなります。

特に店舗接客営業がメインのスキルになってしまうとキャリアアップがしづらいためもし転職をするのであれば早めに動かれることをおすすめします。

とはいえ、ニトリでの在籍経験はマイナスになることばかりではありません。

  • 学歴が高い方が多いため、地頭などのポテンシャルを見てもらいやすい
  • 店舗で売上を作る仕組みが逸材であり、汎用性が高いためか転職先でも活躍を期待できる
  • 人柄が良い方が多いと企業側のバイアスがある
  • 大人びている方が比較的多い

転職エージェントとしてニトリの方をご支援していた際に「企業側」が持っているイメージはかなりプラスでした。

ニトリの採用は上手いと有名であり、「地頭が良い、汎用性が高い、数字達成意欲がある、仕入れなどからPDCAを回しながら売上を作ることができる力がありそう、ストレス耐性がある」など良い評価を受けることがありました。

ニトリからの転職:過去の見送り理由

  • 基礎的な能力はおそらく問題ないのではないかと思いますが、マーケティングという言葉やPDCAなどの言葉が少し先行している印象で、泥臭くコミットして活躍するというイメージは沸きませんでした。
  • ニトリの方に多いのですが、店舗の期間が比較的長いというのは当初からある程度想定できたことではないかと思ってしまいました。そのため、もうすぐ30代になれるこのタイミングでの転職は、当社のようなスピード感があるIT業界での活躍は見込めないと感じたためお見送りとさせてください。
  • 営業で売れるイメージが湧きませんでした。来店型営業でもあるためか少し他責や受け身な印象があります。限られた環境であることは理解できるので、その中で自分はどんな行動をとったのかなど話せると良いかと思います。
  • Web面接だと雰囲気などがわかりづらく、判断しきれていないところもあるが、現職を選んだ理由(大手でありながら20代でマネジメントを経験できるチャンスがる)と、実際に27歳でマネージャー職まで最短でたどり着いていることなどの整合性は良いと感じました。自分より年上のマネージャーもいる中で上位に位置していることは◎。ただ、現職での頑張りから得た学びの量は、悪くはありませんが、とびぬけて良くもないくらいの印象。もし彼が25歳なら迷わず合格、30歳過ぎだったら物足りないかな、という点からお見送りとさせてください。
  • 声も爽やかで、電話でのコミュニケーションは問題なく印象がよかったのですが、ご経験スキルから営業スキルが弱く、弊社での業務の立ち上がりに懸念があるためお見送りとさせていただきます。
  • 未経験で「マーケティングに挑戦したい」ということですが、マーケティングについての解像度が低く、勉強や自助努力をされていないため、活躍が難しいと判断いたしました。
  • 専門性を身につけたいということでマーケティングを志望されているとのことですが、なぜマーケティングなのか?理由が分かりませんでした。正直ニトリという環境以外で働いた経験がない中で、なんとなくマーケティングに挑戦したいとお考えな印象です。

あくまでも一例ではありますが、いかがでしたでしょうか。

面接対策や話す内容を変えるだけで通過率が変わることもあります。一人で転職活動を進めず、プロに依頼するのも1つかもしれません。

転職活動を定期的に行う

ニトリは、転職市場の中でも「待遇」や「成果を出すための仕組み」が優れています。社会人としての基礎を勉強する環境としては良いといえます。

また、早期にマネジメントの経験を高めることや売上など数字に強くなることができます。

一方で、キャリアパスなどが見えない、労働時間が長い、専門性が付きづらいなど不安な部分もあるかと思います。

転職活動を定期的に行うのも1つです。

ニトリからの転職、職務経歴書の記載ポイント

成果がイメージできる「実績」を記載する

実績」は、売上、売上達成率、成約件数、リピート率、注力商材の購入数・率などが挙げられます。

それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。

求められる知識やスキルは企業によって異なるので、求人情報に目を通した上でマッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

記入例

・年間売上実績〇〇万円(年間売上目標〇〇万円 達成率:〇〇%)10名中2位の実績
・成約件数実績●件(年間成約目標●件 達成率:〇〇%)全社平均成約数▲件

未経験分野への転職では特に「定量実績」の記載がポイントになります。数値目標がない場合は、自ら数字を設定し、取り組むことをおすすめします。

アピールできる「実績」がない場合は、まずは「実績」を作ってから転職活動をすることで、選択肢を広げることができます。

職務経験のレベル感が伝わる「知識・スキル」を記載する

顧客へのヒアリング力やプレゼンスキルなどは、営業系の職種に応募する際にアピールポイントになります。

応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」「スキル」をアピールしましょう。

どのような内容を記載するか迷っている方は無料で添削をしてくれる「転職サービス」の利用がおすすめです。

合わせて読みたい
【転職エージェント・就活エージェントとの面談】で絶対にやってはいけない6つのこと
【転職エージェント・就活エージェントとの面談】で絶対にやってはいけない6つのこと
合わせて読みたい
売り手市場の「営業職」未経験で就職・転職を成功させるには?
売り手市場の「営業職」未経験で就職・転職を成功させるには?
合わせて読みたい
【未経験必見】Webマーケティング職へ未経験で転職するには!?プロが教えます
【未経験必見】Webマーケティング職へ未経験で転職するには!?プロが教えます

ニトリからの転職:転職サービスを使い倒すのがおすすめ

ニトリからの転職を検討しているのであれば、転職サービスを使い倒すのがおすすめです。

ただ、転職エージェント・転職サイトはそれぞれ強みや弱みがあります。特徴を把握した上で自身にあったサービスを活用してください。

保有している求人や担当アドバイザーとの相性もありますので、基本的には、2〜3社ほどの複数サービスを並行利用することをオススメします。

例えば、コンサルティングファームや金融業界への転職であれば、コトラ転職エージェント、コンサルティングファーム支援に特化した「アクシスコンサルティング」がおすすめです。

幅広い業界をみたい場合は「doda」「Green」、地方支援に特化した「ヒューレックス」がおすすめです。

500万円以上の年収であれば、JACリクルートビズリーチの登録がおすすめです。

いずれも登録は無料で、求人を見ることもできます。スカウトメールなどの連絡を受け取りたくない場合は、サービスによっては拒否できるためまずは登録をおすすめします。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました