■企業情報

【株式会社M&A総合研究所】への転職・難易度・年収・採用情報についてお伝えします【専門家監修】

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

M&A業界について

現在、国内の100万社以上の企業が後継者不在であると言われており、このままだと2025年頃までに多くの企業が廃業に追い込まれる見込みです。

この社会課題を解決する方法の一つがM&Aです。

M&Aによる事業承継をすることで中小企業の廃業を防ぐことができ、従業員の雇用も守ることができます。

M&A仲介事業はそれをサポートする役割で、経営者の人生における大きな意思決定を促す、社会的意義の大きな仕事です。

2000年代以降、日本国内の多くの市場が停滞か縮小傾向にある中、M&Aの市場は大きく伸びています。M&Aの件数はコロナ禍の2020年を除いては増え続けており、2021年の国内のM&A件数は過去最高を記録しています。

国内でもっとも伸びている市場に身を置くことで、自分自身の市場価値も高めることができます。

M&A業界は基本的に転職難易度は高い

一般的に、M&A業界への転職難易度は非常に高いと言えます。

M&A業界は「経験者採用」が基本ですが、後継者不足などの問題から事業譲渡を考える中小企業が増加したことにより案件が増え、未経験者の採用も増えてきました。

しかし、「中小企業の経営者」「上場企業の役員」とやりとりを行うため、高い営業力・人間力が求められます。そのため「有形・無形を含む法人営業」の経験を求める傾向があります。

また、M&A全体のソーシングからクロージングまでの複雑かつダイナミックな手続を遂行するため論理的思考力も必須となります。そのため、大学卒業以上を必須としている企業が多く、GMARCH以上の学力があると通過しやすい傾向があります。

転職の難易度は高いですが、しっかり対策を行えば問題はありません。

M&A業界は「働く環境」が大切、M&Aから転職する理由

「え、なんでお前に成果が出すためのアドバイスをあげなきゃいけないの?俺の年収減るじゃん。」

ある候補者の方から「みんなライバルであり、個人事業主のよう。見て学ぶ必要がありチームで仕事をしたい自分には合わない環境でした…。年収も高いですし、前職でトップの成果を残していたので、自信があったのですが…。思い上がりでした…。」

これまで4000名以上の転職相談を受ける中で、実際にあった転職理由になります。

M&A業界は早期退職も実は多く、ミスマッチが起きやすい業界です。

1件、数億の成約が決まれば、自身の年収も数千〜数億も夢ではありません。ただ、成約するまで1年以上かかることもあるため、運やタイミングも重要になります。

企業によりますが、成果主義の個人事業主のような環境もあるため、目先の「年収」だけで意思決定をしないように注意が必要です。(株式会社M&A総合研究所ではテクノロジーを活用したマッチングを行なっているため、同業より成果を出しやすい環境があります。)

コンサルティング業界も可能性があれば併願すべき

コンサルティングファームは、プロジェクト単位で仕事を行います。そのため、M&Aよりは個人として活躍する機会は少ないですが、関係者を巻き込みながら成果を出したい方は向いています。

コンサルティングファームのよくある転職理由の1つに、より上流に携わりたい。というニーズがあります。コンサルティングファームでプロジェクトをリードするのは、優秀な方であり、多くの方ができるわけではありません。コンサル未経験者の場合は、業務を淡々とこなす必要があるため、ミスマッチが起きないよう業務理解を高めることをおすすめします。

「M&A業界」と「コンサルティング業界」の併願を勧める背景の1つに「年収」が挙げられます。それぞれ学歴を重視する企業ではありますが、コンサルティング業界は様々なソリューションが存在します。

IT・人事・リスク・PR・マーケティング・経営など自身の経験を活かせるファームも存在するため「M&A業界」と「コンサルティング業界」の選考をそれぞれ進めながら自分にあった業界をぜひ選択してみてください。

コンサルティングファームへの転職はケース面接などがあります。

BIG4を含むコンサルティングファームに特化した転職サービス「アクシスコンサルティング」、「コンサル業界の転職支援において突出した実績を持つ者」あるいは「コンサル業界での実際の実務経験を有する者」が集まる「マイビジョン」の利用も検討してください。

20代〜30代:コンサルティングファームへの転職に強い【MyVision】

MyVisionはアクセンチュアやBIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)といった 外資系コンサルティングファームや ベイカレントコンサルティングといった国内の人気ファームへの転職支援が強い コンサル業界特化の転職エージェント

※コンサルティングファームは「学歴フィルター」があるため、大学卒・GMARCH以上の学歴が必要となります。

合わせて読みたい
【コンサルティングファーム業界の実態と仕事内容】エキスパートが職位による求められる役割・解説!
【コンサルティングファーム業界の実態と仕事内容】エキスパートが職位による求められる役割・解説!

M&A業界で働くことの意義・面白さ

■社会的意義が高く、喜ばれる仕事

ときにはクライアントから泣いて感謝されることもあるほど、本当の意味でお客様から喜ばれる仕事ができます。

■ビジネスパーソンとしての圧倒的な成長性

M&Aの仕事では、高い営業力や調整力、交渉力といったビジネススキルの他、業界への深い理解や、財務、税金、法律などの知識も必要となります。

その分ビジネスパーソンとして幅広い総合的なスキルを身につけることができ、圧倒的に成長することができます。

■完全実力主義の高いインセンティブ

M&A業界は実力主義です。しっかりと成果を出せば、その分還元され、大きく稼ぐことができます。

「高い営業成績をあげているのに還元されない」ということはなく、やったらやった分だけ稼げるのが大きな特徴です。

株式会社M&A総合研究所の特徴

当社は2018年10月に創業し、2022年の6月に創業から3年9ヶ月での上場を果たした企業です。

M&A仲介の業務には多くの複雑なプロセスがあり、成約に至るまでの時間と工数がこれまで課題でした。

そこで当社はM&Aに関する全プロセスを可視化して分解し、自動化・効率化できるところは徹底して行い、自社開発のシステムを使ってDXを推進してきました。

その結果、圧倒的に効率の良い営業活動が可能になってます。

会社特徴

・M&A仲介業務にテクノロジーを取り入れた「M&A×TECH」のリーディングカンパニー。

国内最大手AI企業PKSHATechnologyファンドとの資本業務提携を行い、M&A業務のさらなるテクノロジー化を目指している。

・アナログな営業手法が一般的なM&A業界において、テクノロジーに強みを有し、圧倒的に効率の良い営業活動を実現。

・代表自身がM&Aにより東証一部上場に会社売却をした経験から、本当の意味で経営者に寄り添った、業界では珍しい「完全成功報酬制(譲渡企業のみ)」を導入。

・高い効率性と収益性と、還元率の高い報酬制度により、M&Aコンサルタントの報酬が高い。

株式会社M&A総合研究所の研修体制

入社初日は、M&Aについての基礎知識や、社内システムの使用方法などの基本的なこ
とについての研修を行います。

2日目以降はチームごとに活動します。

実際の提案方法や案件のポイントなどを部長やマネージャーから教わりながら業務を進めます。

法務や税務などの専門的な論点は、いつでも弁護士や会計士などの専門家に相談で
きる体制が整っています。

成長速度は非常に速く、最短で未経験入社1年半で部長になった者もいます。

株式会社M&A総合研究所の社風

当社にはメガバンク、大手証券、五大商社、大手メーカーや外資系コンサル会社など
様々な業界で活躍してきた優秀なメンバーが数多く在籍しており、そういったメンバーと切磋琢磨できる環境があるといえます。

また、社員は20代~30代のためエネルギッシュで風通しの良い環境です。

▼当社社員の出身企業▼
  • M&A業界:日本M&Aセンター/ストライク/fundbookなど
  • 金融業界:三菱UFJ銀行/三井住友銀行/みずほ銀行/野村証券/SMBC日興証券/みずほ証券/三菱UFJモルガンスタンレー証券/三菱UFJ信託銀行/みずほ信託銀行など
  • 保険業界:プルデンシャル生命/三井住友海上など
  • キーエンス、リクルート、オープンハウス、大塚商会、楽天など新卒の採用ハードルが高い営業会社など
  • 大手商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、双日、豊田通商)がほとんどを占めます。

株式会社M&A総合研究所の残業時間について

M&A総合研究所の残業時間は、月の平均残業時間は最近は20時間程度です。

案件の状況によって40時間ぐらいまで増えることもあるが、基本は15~25時間ぐらいで 無駄な残業を強いられることはない環境です。

休日休暇土日祝と夏季休暇や年末年始休暇なども充実はしている一方で、成果主義である側面があるので注意が必要です。

株式会社M&A総合研究所に内定が出やすい経験

<未経験者の場合>

・営業経験がある方
・24歳~34歳前後
・学歴はMARCH・関関同立以上卒の方
・経験者数は2社まで
※これらの条件がすべて必須というわけではないですが、総合的に判断をされている傾向があります。

<人柄・マインド>

・バイタリティがあり、インセンティブで稼ぐマインドのある方
・地頭が良い方(論理的思考力がある/端的に物事を伝えられる/頭の回転が早い)
・人柄が良くコミュニケーションがスムーズに取れる方
・思考するのが得意な方
(どういった買い手企業に提案するかなどかなり考える必要があるため)
・目標を決めて物量をこなすのが得意な方

<ターゲットのバックグラウンドの一例>

・銀行や証券のリテール営業などの金融出身の方
・コンサル業界(総合系、戦略系など/アクセンチュア、アビーム、船井総研なども)
・人材系(リクルート、マイナビ、JACなど)
・不動産営業
・総合商社、専門商社
・MR(医療機器販売・開業医向けの新規開拓など)
・ITやSaaSの営業の方(例えばスマートHR、sansan、マネーフォワード、salesforceなど)
・インサイドセールスに特化した優秀な方
・求人広告や人材メディアの営業など(例えばマイナビなど)

あまり前職企業にこだわりがないため、学歴が良く地頭が良く、素直で努力できる方であれば内定が出る印象です。

企業フェーズなどにより採用ターゲットは変わりますので、あくまでも参考程度に考えておいてくださいね。

安定して1,000万~2,000万を稼ぐことができるポジションです。案件の平均単価約6,000万円で、インセンティブが2%なので、1件あたり平均120万円です。

年間数件から十数件成約できます。(※インセンティブは変更の可能性あり)

残業時間が短くワークライフバランスが良いため、こういった環境で1,500万円程度稼げる職種はなかなか無いかと思います。

株式会社M&A総合研究所の転職難易度は?

日本の企業の99%以上が中堅中小企業ですが、高齢化社会の到来によって多くの企業が事業承継問題を抱えており、後継者不足によって廃業する危機にある会社も少なくありません。

M&Aという手段でそのような中堅中小企業の経営課題を解決している仲介会社の中で、最大手に位置する株式会社M&A総合研究所は、市場のニーズも相まって昨今急成長を遂げております。

転職市場においても人気に拍車がかかっている同社への転職を目指す方のために、まずは転職難易度の高さについて解説します。

株式会社M&A総合研究所の転職難易度

株式会社M&A総合研究所の採用ポジションは多岐に渡りますが、中でもM&Aアドバイザーポジションの採用割合は最も多く、転職市場での人気度も非常に高いポジションです。

同ポジションの転職難易度ですが、非常に高いと言えるでしょう。

主な理由として、「前職でTOPクラスの成果を収めた方のみを採用」、「選考フローが複雑なため、徹底した準備が必要」、「採用倍率が非常に高い」の3つが挙げられます。

転職難易度が高い理由①前職でTOPクラスの成果を収めた方のみを採用

実際に内定を獲得された方は営業出身者がほとんどですが、中でも前職で上位10%以内の実績を継続して収められた方でないと書類選考で落ちてしまう可能性が高いです。

何故、前職での実績を重要視しているかというと、同社は徹底した成果主義であり、またM&Aアドバイザーという仕事が精神的、肉体的にタフでないと務まらない事が理由でしょう。

転職難易度が高い理由②選考フローが複雑なため徹底した準備が必要

書類選考の後に面接を2~3回実施するのが一般的な企業ですが、同社の場合、書類選考と面接以外に、適性検査・作文・プレゼンテーションがございます。

選考準備なしで臨んだ転職希望者が、全く歯が立たず落ちてしまったという例も少なくありません。

このような特殊な面接を通過するためには、選考に進む前に徹底した事前準備をする必要があるといえるでしょう。

転職エージェントを利用することで、応募前の書類作成、面接前の準備、作文、プレゼンテーションなど、各フェーズにおいてどのような対策が必要なのか、具体的にお伝えする事が出来ます。

転職難易度が高い理由③採用倍率が非常に高い

M&Aアドバイザーポジションの年間の採用数が100名程度と聞いて、多いと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、同社への転職を志す人は年々急増しており、月間数百名、年間数千名程度が応募しております。

面接官の方は日々の業務や面接に割く時間も多いため、1人の書類に目を通す時間はたった数分間であると予想されます。

そのため、書類で簡潔に経歴や志望度をPRする事は勿論、面接でも限られた時間の中で自分をPRできる準備をしておかなければ、選考を通過することは厳しいでしょう。

株式会社M&A総合研究所のキャリアパス

社内でのキャリアパス

M&Aアドバイザーの主な配属先は、下記の4つになります。

  1. 業種特化事業部(製造業や調剤薬局、不動産業など領域別に担当)
  2. 提携統括事業部or大手金融事業部(会計事務所や大手証券・銀行担当)
  3. ダイレクトマーケティング部(アウトバウンドでの新規案件開拓担当)
  4. 海外事業部(クロスボーダーM&A)

各部署の中で、売り手と買い手に分かれており、入社時はご志向や適性に応じてアサインされます。

その後、配属された部署の中で経験を積みつつ、自身のキャリアプランを描いて言って頂く形になります。

組織が急拡大している同社では新しいポストも増えているので出世していく事は勿論、入社後、直近数年で設立されたPMIやバイアウトファンド、マーケティングなどを専門とする子会社や他部署に異動している方もいらっしゃいます。

また、グローバルに活躍したい人は、近年東南アジアを始めとした海外でのM&Aニーズが急増により力を入れている海外事業部に異動するチャンスもございます。

このように、同社では各々のご志向に応じて様々なキャリアパスを積んでいく事が可能です。

社外へのキャリアパス

まず転職についてですが、事業会社の経営企画ポジション、同業のベンチャー企業の経営幹部ポジション、戦略コンサルティングファーム、そしてバイアウトファンドの大きく4つに分けられます。

経営者と対峙し、事業理解を深め経営戦略について議論を交わしているM&Aアドバイザーの転職先が、上述したキャリアパスをたどるのは当然と言えるでしょう。

また、独立という選択をを取られる方も多くいらっしゃいます。

やはり報酬面では他業界と比較して非常に魅力的なインセンティブ設計がなされているため、短期間でキャッシュを増やす事が可能です。

在籍中に起業資金を貯め、自ら会社を立上げ、経営コンサルティング業、飲食業、M&A、人材など、多方面で活躍されていらっしゃいます。

合わせて読みたい
【金融業界から転職】面接対策・気になる年収・転職難易度について
【金融業界から転職】面接対策・気になる年収・転職難易度について
合わせて読みたい
【アクセンチュア株式会社への転職】面接対策・気になる年収・転職難易度についてコンサルティングファーム支援に特化したプロが教えます
【アクセンチュア株式会社への転職】面接対策・気になる年収・転職難易度についてコンサルティングファーム支援に特化したプロが教えます
合わせて読みたい
【転職で年収・給料が上がる人の特徴は⁉︎】下がる人の特徴・給与交渉をプロが解説
【転職で年収・給料が上がる人の特徴は⁉︎】下がる人の特徴・給与交渉をプロが解説

株式会社M&A総合研究所の転職を成功させるポイント

事業拡大に伴い、求人数・採用数ともに増やしている同社ですが、M&Aアドバイザーポジションには各業界でトップクラスの成果を残した強者が集います。

また応募者はM&A業界についての基礎知識やM&A各社の強みや特徴についての下調べは最低限行ってくるため転職難易度は非常に高いです。

そのため、どれだけ現職で優秀な成果を収められていたとしても、同社のみならず企業理解、業界理解、そして選考準備をせず内定を獲得することは厳しいでしょう。

株式会社M&A総合研究所を志望される方は、転職サービスを有効活用されることをお勧めします!

M&A業界に強みがある転職エージェントは金融業界に強みがあるため、コトラ転職エージェントJACリクルートビズリーチの登録がおすすめです。(いずれも登録は無料)

金融業界への転職に強みがある転職エージェント「コトラ」

もう1社、あまりご存知の方が少ないかもしませんが、ハイクラス人材紹介サービスの【コトラ】というサービスがあります。

コトラは、金融、コンサル、IT、製造業などのミドル層からエグゼクティブ層の支援に強みがあります。

金融・製造・コンサル転職に強い【コトラ】

業界に熟知したコンサルタントが最新のポジションをご紹介します。独自ネットワークを活かした非公開求人が満載で、多数の求人を取り扱っています。

業界・職種は、金融・コンサル・IT・事業会社・製造業関連に強みがありますが、株式会社M&A総合研究所・M&A業界の転職に興味がある方はぜひ利用してみてください。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました