■企業情報

【アクセンチュア株式会社への転職】面接対策・気になる年収・転職難易度についてコンサルティングファーム支援に特化したプロが教えます

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

今回はコンサルティング業界の企業である「アクセンチュア」に転職を検討されている人向けに「アクセンチュア」への転職についてのノウハウをお伝えします。

アクセンチュアには、キャリアパスを実現できる「キャリアズ・マーケットプレイス」という制度があります。

自分が望むタイミングで希望している領域に異動したいと手を挙げられる、非常に魅力的な制度があり人気です。

アクセンチュアの中途採用の対策について

アクセンチュアは、世界的に有名なコンサルティングファームであり、中途採用においても非常に高いハードルが設けられています。

アクセンチュアの第二新卒採用の過程に「ケース面接」があります。

ケース面接対策の書籍を読み込む、コンサルティング企業が新卒採用向けに配信されている動画などをチェックし、当日のイメージトレーニングをおすすめします!

論理的思考能力やコミュニケーション能力などコンサルタントとしてのベーススキルが求められますので、「面接対策」は必須になります。

求められるスキルは応募部門・ポジションごとに違ってきますが、特にIT・テクノロジー領域に強みを持つアクセンチュアでは何かしらテクノロジーとの親和性を見られることがあります。

第二新卒クラスの若手の方でIT・テクノロジー経験がないという方も、学生時代におけるプログラミングの経験や、現在ITパスポート等の勉強をしているなどIT・テクノロジーへの興味・関心があることをアピールできるとよいでしょう。

アクセンチュアの選考を突破するには

アクセンチュアへの転職を考えているなら、個人で直接応募するよりもビズリーチやコンサルティング業界に特化した転職エージェントである「アクシスコンサルティング」といったコンサルティングファームの転職に特化した転職サービスを利用するほうがおすすめです。

これらの転職サービスでは、アクセンチュアの出題傾向を把握した上での選考対策とフェルミ推定対策をおこなってくれるので、内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

個人だと採用基準や選考内容を把握しようにも限界があるかと思いますので、少しでも内定獲得率を上げたい人は、一度転職サービスを利用してみてください。

アクセンチュアで求められる人物像について

アクセンチュアは、戦略・業務・IT・アウトソーシングのコンサルティングを行っているので、サービスが幅広いのが特徴です。

具体的にどのようなコンサルティングに携わりたいのかによって、応募ポジションも変わってきます。

業界軸でも製造・流通・通信・メディア・金融・官公庁、サービス軸でもIT・会計・CRM・Digitalで求められる人物像は、変わってきます。アクセンチュアに限らず、コンサルタントに必要な資質として、「論理性、コミュニケーション、熱意」などが求められます。

最近ではDigital、Analytics、Cloud、Securityなどの経験がある方は、積極的に採用中ですので、比較的チャレンジし易い状況といえます。

アクセンチュアで求められるマインドついて

マインドについては公式HPにて未来のアクセンチュアに必要なDNAとして明文化されています。

  • 背伸びをしてでも目標へ手を伸ばさずにはいられない
  • 自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
  • 常に次のステージを見据え、自らの開拓に貪欲である
  • チャレンジに手加減せず、最後までやり遂げる
  • 信念を持ち、誠実さを貫ける
  • あるべき姿を追求するためには、立場や関係性を超えた主張を厭わない
  • 常に既存の概念にとらわれない新しいものを探求している
  • 正解がない状況こそ楽しめる
  • タフな状況も、周囲を引き込み楽しめる情熱がある
  • 多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
  • 互いを生かし合えるチームこそ無限の可能性があると信じる
  • 未知の経験や出会いを大切にする

これらマインドについては面接時でも確認をされます。共感できるエピソード2〜3ほど用意することをお勧めします。

アクセンチュアの中途採用の難易度

アクセンチュアは希望する部署・部門によって中途採用難易度に多少の違いはあるものの、基本的には採用レベルは高いといえます。

応募するポジションや親和性がある経験があれば、問題はないといえます。

親和性がある経験がある場合

アクセンチュアが求める実務経験を満たしている場合は、以下3つ方法があります。

  • 直接応募
  • リファーラル
  • 転職エージェント

直接応募の場合は、採用コストがかからないため、書類通過などが若干下がりますが、面接対策や書類などの添削はご自身で行う必要があります。

リファーラルも同じく、採用コストもかからない、かつ知人紹介なため合格角度を上げることができますが、しっかりと対策をする必要があります。

転職エージェントを活用する場合は、リクルートキャリアやJACリクルートメントなどの総合転職エージェントと特化型のエージェントの2つがあります。

どちらも強み弱みがありますが、個人的には「特化型のエージェント」を推奨します。

コンサルティングファームの転職は、ケース面接などがあります。コンサルティングファームならではの対策が必要です。

コンサルティング業界に特化した中小エージェントは以下2社が有名です。(クリックするとサイトが開きます)

アクシスコンサルティング
ムービン・ストラテジック・キャリア

コンサルティング業界に特化した転職エージェントは、その他ありますが、元エージェントとしてかつ直接働く人方を知っている点からアクシスコンサルティングさんの利用をおすすめします。(ムービンさんとはまだ商談をしていないので内情を詳しく把握できておりません…)

アクシスコンサルティングは、BIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)をはじめとした総合系コンサルティングファームへの転職に強いエージェントです。

コンサルティング会社経験者も多く、コンサル業界各社とのパイプがあるのも特徴です。

アクセンチュアは、IT系に強みがあるため、エンジニアなどのIT系経験者、経営企画、事業企画、財務、会計士、金融系などの経験がある方で、アクセンチュアを強く希望される場合は特化型の転職エージェントを活用されることをお勧めします。

未経験から転職する場合

正直な話をすると、親和性がない経験スキル(エンジニア・コンサルティング営業・財務・経営企画・事業企画)などがない場合は難しいといえます。

実務経験が足りない場合は、一度違うアクセンチュア以外の企業を視野に入れて経験を積むことをおすすめします。

合わせて読みたい
【事業企画への転職】求められるスキル・経験は!?元経験者が教えます!!
【事業企画への転職】求められるスキル・経験は!?元経験者が教えます!!

自身にとって足りない経験スキルが何かを判断するのは難しいと思います。一度転職エージェントに相談する方法も1つです。

厳しいお話になる可能性もありますが、「なぜコンサルタントになりたいのか?」「事業会社とコンサルティングファームとの違いは何か」「コンサルタントになって何をしたいのか?」など深堀りをしておくことをお勧めします。

アクセンチュアの年収

アクセンチュアの年収について興味がある方も多いと思います。目安になる情報は以下の通りです。

  • アナリスト 年収400~500万(新卒~20代半ば)
  • コンサルタント 年収500~700万(20代半ば~)
  • アソシエイトマネージャー 年数700~900万(20代半ば~30代前半)
  • マネージャー 900~1,500万(20代後半~30代前半)
  • シニアマネージャー 1,500~2,500万(30代前半~30代後半)
  • マネジメントディレクター 2,500~3,000万(30代後半~40代)
  • パートナー 5,000万~(40代~)

年収は職位によって定められており、部門別の給与の差はほとんど存在しません。また給与は年俸制で原則ボーナスはありません。

アクセンチュアの残業代・昇給・ボーナス

アクセンチュアでは、2015年から「ワークライフバランスの適正化」を推進しています。

激務と言われる外資系企業ですが、昨今の働き方改革の流れに乗り、仕事に対しての対価も見直されました。

また、フレックス制度や在宅勤務制度、短日短時間勤務制度などが設けられているため、多様な働き方が可能だと言えますね。

アクセンチュアの残業代

2017年からは残業は月45時間以内と決められ、原則45時間以上は働けません。ただ、未だに残業を申告しづらい風土があるので、サービス残業も多少ある印象です。

マネージャー職以上は残業代の支給はありませんが、その分ベースが高く設定されています。マネージャー職未満が残業で大きく稼ぐことが抑制されたため、残業時間が削減され、ワークライフバランスは改善されています。

アクセンチュアは昇格しなくても、毎年の評価で3%~10%ほどですが、年収がアップします。

ボーナスですが、マネージャー職以上は年に1回支給されます。それ以外でも成果を上げた場合や、大きなプロジェクトに入ると賞与が支給される形です。

ボーナスなどは会社の業績や方針によって変わりますので、あくまでも参考程度としてください。

合わせて読みたい
【未経験から外資系コンサルディングファームへ転職】面接対策・注意点と対策方法についてプロが解説
【未経験から外資系コンサルディングファームへ転職】面接対策・注意点と対策方法についてプロが解説
合わせて読みたい
未経験から転職【コンサルティング業界への転職】はコンサルティング業界への支援に強い特化型エージェントを利用すべき
未経験から転職【コンサルティング業界への転職】はコンサルティング業界への支援に強い特化型エージェントを利用すべき
合わせて読みたい
【ボストンコンサルティングへの転職】支援実績を活かし面接対策・気になる年収・転職難易度をお伝えします
【ボストンコンサルティングへの転職】支援実績を活かし面接対策・気になる年収・転職難易度をお伝えします

アクセンチュアへの紹介に強いエージェントの紹介

アクセンチュアの選考は比較的ケース面接の比重が大きく、ほかのファームとは異なる観点での評価もされます。

こうしたケース面接を独力で研究して対策を立てるのは、容易ではありません。最新の採用動向やポジションに関する情報収集も、公開されている情報だけでは的確な判断ができないかもしれません。

コンサルティングファームに強みがあるエージェントを利用するメリットとしては、多くの転職事例のノウハウを蓄積しており、実践的なアドバイスが可能になります。

専任コンサルタントと相談しながら、自身に合ったファーム選びやキャリアプランの検討もできるため、無料登録からスタートするのがおすすめです。

コンサルティングファーム特化:アクシスコンサルティング

【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】

アクシスコンサルティングは、コンサルティングファームに特化した転職エージェントです。

アクシスコンサルティングは、BIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)やアクセンチュアなど総合系コンサルティングファームの転職に強いエージェントです。

業界の実績が多いことからBIG4やアクセンチュアの独自求人も多数保有しています。

コンサル業界各社とのパイプがあり、業界に特しているため今回ご紹介させていただきました。

元転職エージェントとして関わりがあるのですが、非常に優秀な方が多く働かれている印象です。

◆登録がお勧めの方◆
・エンジニアなどのIT系人材
・現役コンサルタント
・その他経営企画、事業企画、財務、会計士、金融系など経験がある方

◆ポイント◆
・ファーム毎の面接・選考対策を受けることができる
・パイプがあるため、書類審査や面接前後に候補者を推薦できる
・高年収
・一部事業会社への支援も可能
・対応エリアは関東圏・関西圏

コンサルティング支援に強い:コトラ

もう1社、あまりご存知の方が少ないかもしませんが、ハイクラス人材紹介サービスの【コトラ】というサービスがあります。

【公式サイト】https://www.kotora.jp/

コトラは、金融、コンサル、IT、製造業などのミドル層からエグゼクティブ層の支援に強みがあります。

特に金融系のファームに強く、銀行や証券、ファンド、不動産金融などの金融スペシャリスト、製造業の各業界のハイクラス層、戦略コンサルや財務アドバイザリーのコンサルタント、メーカー等事業会社の経営職や管理系のポジションなど、2000社以上の中から、支援をされています。

【転職サポートの一例】

・監査法人での財務DD→バイアウトファンドの投資プロフェッショナル(30代、男性)
・不動産ファンドでの不動産鑑定・評価→レンダーでの不動産鑑定・評価(30代、男性)
・FASでの財務DD→大手総合商社の海外子会社経営企画(30代、男性)
・銀行での不良債権投資→FASでの企業再生コンサルティング(30代、男性)
・外資系コンサル→ブティック型財務アドバイザリー(20代、男性)

丁寧かつスピード感が定評なエージェントといえます。

【無料登録はこちら】コトラ

あまり聞いたことがない転職エージェントだとは思いますが、実は知る人ぞ知る転職エージェントです。元転職エージェントとしておすすめしたい点としていくつかポイントがありますので、お伝えします。

株式会社アサイン

アサインは、20代〜30代の若手優秀層への支援に強みがあり、コンサルティングファーム出身が多く在籍しています。バックグランドを活かし、戦略からITまで幅広くコンサルティング業界への転職をされています。

支援の特徴として、「目指す姿から逆算し、キャリアの方向性を考える」ことを意識されておられ、アサイン社では、初回の面談で案件のご紹介は行いません。

まずは現職での経験や課題感、目指したい将来像を確認し、次の会社で得るべきスキルや環境を棚卸しをしています。

そのうえで、キャリアプランをご提案し、ご納得いただいた上ではじめて案件を選定し紹介しているのが特徴です。

また、年収700万円以上の案件を扱うビズリーチが主催する「Bizreach コンサルティング部門 2020 MVP受賞」もされています。

コンサルティングファーム経験者が多く在籍していますので、対策にも定評があります。

【相談無料】アサインへ相談する

アクセンチュア株式会社からの主な転職先は?

アクセンチュア株式会社からの主な転職先は、以下のようなものが挙げられます。

  1. 他のコンサルティングファーム
    アクセンチュアは、ビジネスコンサルティングやITコンサルティングなど幅広い分野でのサービスを提供しているため、他のコンサルティングファームに転職することが多いです。例えば、マッキンゼー、BCG、ボストンコンサルティンググループなどが挙げられます。
  2. 大手IT企業
    アクセンチュアは、ITコンサルティングやシステムインテグレーションなどの分野でも高い評価を得ており、大手IT企業に転職することもあります。例えば、IBM、日本IBM、NTTデータ、富士通、NEC、オラクルなどが挙げられます。
  3. インハウスコンサルタント
    アクセンチュアで培ったビジネススキルや知識を、他の企業のインハウスコンサルタントとして活かすケースもあります。例えば、大手メーカーや金融機関、流通企業などの中には、独自のコンサルティングチームを持っている企業もあります。
  4. スタートアップ企業
    アクセンチュアで培った経験を生かして、スタートアップ企業に転職することもあります。スタートアップ企業では、自分でビジネスモデルを考え、立ち上げることが求められるため、アクセンチュアで培ったビジネススキルが活きることがあります。

なお、アクセンチュアからの転職においては、他社に比べて高い評価を受ける傾向があります。アクセンチュアはグローバルに展開するコンサルティングファームの中でも、特に優秀な人材を多く抱えており、それを認める企業も多いためです。

アクセンチュア株式会社の強み

アクセンチュア株式会社の強みは以下のような点が挙げられます。

  1. グローバルネットワーク
    アクセンチュアは、世界120カ国以上に拠点を持ち、多言語によるサービス提供が可能です。これにより、グローバルな視野を持ったサービスを提供することができます。
  2. 幅広いビジネス分野へのサービス提供
    アクセンチュアは、ビジネスコンサルティングやITコンサルティング、システムインテグレーション、ビジネスプロセスアウトソーシングなど、幅広い分野においてサービスを提供しています。そのため、クライアントの多様なニーズに応えることができます。
  3. 技術力の高さ
    アクセンチュアは、技術力の高さが評価されており、デジタル技術やAI、クラウドテクノロジーなど、最新のテクノロジーを活用したサービスを提供することができます。
  4. グローバルトップクラスの人材育成システム
    アクセンチュアは、世界的に有名な人材育成システムを持っています。入社後に受けるトレーニングや、グローバルな人材交流プログラムなどを通じて、世界中の優秀な人材を育成しています。
  5. 多様性の推進
    アクセンチュアは、多様性と包摂を重視しており、性別、人種、性的指向、文化的背景など、多様な背景を持つ人材を積極的に採用しています。また、女性のキャリアアップ支援やLGBTQ+の支援など、多様性の推進に力を入れています。

アクセンチュア株式会社、他のファームとの違いは?

アクセンチュア株式会社と他のコンサルティングファームとの違いは、以下のような点が挙げられます。

  1. 総合コンサルティングファームとしての強み
    アクセンチュアは、ビジネスコンサルティング、ITコンサルティング、システムインテグレーション、ビジネスプロセスアウトソーシングなど、多岐にわたるサービスを提供しています。そのため、クライアントの多様なニーズに対応することができます。
  2. グローバルネットワークの強さ
    アクセンチュアは、世界120カ国以上に拠点を持ち、多言語によるサービス提供が可能です。そのため、グローバルな視野を持ったサービスを提供することができます。
  3. 技術力の高さ
    アクセンチュアは、デジタル技術やAI、クラウドテクノロジーなど、最新のテクノロジーを活用したサービスを提供することができます。また、デジタルトランスフォーメーションに関する知見やノウハウを持っており、クライアントのデジタル変革を支援することができます。
  4. 多様性の推進
    アクセンチュアは、多様性と包摂を重視しており、性別、人種、性的指向、文化的背景など、多様な背景を持つ人材を積極的に採用しています。また、女性のキャリアアップ支援やLGBTQ+の支援など、多様性の推進に力を入れています。
  5. 人材育成システムの充実
    アクセンチュアは、世界的に有名な人材育成システムを持っており、入社後に受けるトレーニングや、グローバルな人材交流プログラムなどを通じて、世界中の優秀な人材を育成しています。また、従業員のキャリアアップや成長を支援する仕組みが充実しており、社員のモチベーションやパフォーマンスを高めることができます。

【業界分析:総合コンサル6社】アクセンチュア、デロイト、PwC、EY、KPMG、アビーム

私もお付き合いがある方が動画に出ており、参考になるかと思います。お時間がある方はご確認ください。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました