■業界・職種

【飲食店から転職】店長・エリアマネージャー・店舗経営からの転職は!?面接対策・気になる年収・転職難易度をプロが教えてます!

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

未経験者は何歳まで?25〜28歳が狙い目

未経験・未経験業界に転職する場合、25歳〜28歳前後までというのが一般的な目安です。(社会人経験3年以上)

高学歴であればコンサルティングファーム(飲食業界における経営・事業再生ポジション)への転職も可能です。ただ、28歳を超えるとコンサルティングファーム内の組織ではマネージャーが増えてくることから未経験を採用するメリットが少なくなります。

コンサルティングファームに限らず転職するタイミングは、大切です。

合わせて読みたい:株式会社ベイカレント・コンサルティング
【株式会社ベイカレント・コンサルティングへの転職】就職・面接対策・気になる年収・転職難易度
【株式会社ベイカレント・コンサルティングへの転職】就職・面接対策・気になる年収・転職難易度
合わせて読みたい:未経験コンサル転職
【未経験からコンサルディングファームへの転職】面接対策・気になる年収・転職難易度ポイントと対策方法について解説
【未経験からコンサルディングファームへの転職】面接対策・気になる年収・転職難易度ポイントと対策方法について解説
合わせて読みたい:リクルートライフスタイル
最新版【旧リクルートライフスタイルの面接対策】転職エージェントが教えます
最新版【旧リクルートライフスタイルの面接対策】転職エージェントが教えます

飲食店からの転職は難しい

これまでの経験は、一般的には小売業界や飲食業界などに限定されることが多く、他の業界での転職においては、その経験が直接的に評価されるわけではない場合があります。

専門的なスキル経験・法人営業の経験がないことを理由に潰しが効きづらい状況です。ただ、店舗経営やアルバイト雇用の社員教育などマルチタスクが得意な方が多いため、面接対策がしっかりできれば希望業界・職種への転職も可能になります。

大学卒・1社経験・28歳未満の方は、選択肢が広い傾向があります。

一方で、高卒・短期離職がある場合は選択肢が少なくなるため、慎重に転職活動をする必要があります。

店長経験を活かした転職
【株式会社リクルートスタッフィングへの転職】未経験でも大丈夫・中途採用の難易度・面接対策・年収などプロの転職エージェントが紹介します
【株式会社リクルートスタッフィングへの転職】未経験でも大丈夫・中途採用の難易度・面接対策・年収などプロの転職エージェントが紹介します

飲食店からの転職先は?

接客業全般約300〜400万円
営業職(個人)約250〜500万円
事務職約300〜350万円
営業職(法人)約400〜700万円
人事職(未経験)約300〜480万円
デジタルマーケティング約300〜500万円
SNSマーケティング分野約360〜500万円
コンサルティング業界(高学歴)約600〜900万円
※年収は目安になります。
  1. 個人営業職<業界問わず>
  2. 法人営業職<業界問わず>
  3. 人事職<アシスタントや営業職経験後>
  4. 営業アシスタント<求人は少ない>

法人営業はキャリアが広がりやすい

基本的には、営業職がおすすめです。

法人営業は、土日休みの企業も多く、成果が給与に反映されます。飲食・アパレル・化粧品などを含む店舗接客のお仕事は素晴らしいものではありますが「ビジネススキル」に懸念を持つ企業も多いことから「法人営業」へのキャリアチェンジをおすすめしています。

土日休みで給与も一定欲しく、キャリアパスを広げたい方は「営業職」がおすすめですよ。

「事務職」への転職はあまり勧めないワケ

この記事を読んでいる方の中には事務職を希望される方もいるかと思いますが、転職エージェントの経験をからあまり事務職への転職はオススメできません

理由は様々ですが、事務職は近年、正社員採用ではなく、派遣社員で雇用する企業が増えており、コロナをきっかけに「33%が派遣切りに遭った」とされるデータもあります。『2021年』派遣社員の実情調査実施 

また、収入面においても派遣社員の時給の全国平均は1,200円~1,300円程度といわれています。

求人ボックス:一般事務の仕事年収

転職後に期待することの一つに長く働きたいという希望があるはずですので、そういった意味で、転職の繰り返しになるリスクがあります。

また、事務職などは競争率も高く、PCスキルが高くなければならないため「派遣社員」になってしまうためあまりおすすめできません。

営業職の経験は転職市場では高く評価されます。

事務職や派遣事務は「キャリアダウン」の可能性があります。

「労働時間の改善」を希望され、デスクワークをしたいから「事務職」という選択を考える方がいますが、少し立ち止まってから検討してください。

事務職へ転職してしまうとそこからより待遇の良い転職先を見つけるのが難しくなります…。

20代・30代であれば可能な限り多くの選択肢を取れる経験・キャリアを積むことをお勧めします。

基本は「無形商材法人営業」の転職がおすすめ

汎用性が高いスキル経験を高めたいのであれば「無形商材」かつ「法人営業」を検討してください。先述したように転職市場価値を高めることができます。

ただ、上記図のように④→①にいきなり転職するのは難しいため、「不動産営業」「生命保険営業」「メーカー営業」などを経由する必要があります。

おそらく多くの方が「人材業界」を転職エージェントから紹介された経験はないでしょうか。

実は無形商材の中でも「人物評価」の割合が高い業界になります。人材業界は人の可能性を信じるビジネスですので、同様にあなたのポテンシャルを評価します。

広告業界やコンサルティングファームなどはデジタルスペックと呼ばれる「経験」を重視した採用になるため、経験の有無で転職のしやすさが決まってしまいます。

一度人材業界にて法人営業などの経験を積むことができれば今後のキャリアを大きく広げることに繋がりますので、毛嫌いせずに一度ご検討ください。

飲食店・飲食業界からの主な転職理由

店長やエリアマネージャーからの転職理由は様々ですが、以下に主な理由をいくつか挙げてみます。

スキルアップやキャリアアップのため

店長やエリアマネージャーとしての経験を積んでいる人は、組織マネジメントや人材育成などのスキルや知識を習得していることが多いため、スキルアップやキャリアアップを目指して、より高度な業務やポジションを目指すために転職する場合があります。

組織マネジメントや販売促進、売上管理、人材育成などのスキルを持っているため、店舗の収益改善コンサルタント、キャリアアドバイザー、マーケターなどへの転職事例もあります。

転職理由の伝え方

現在、私は[現職の企業名]にて店長/エリアマネージャーとして勤務しておりますが、より高いレベルでのスキルアップとキャリアアップを目指すべく、新たな挑戦を求めております。

現在の職務では、複数の店舗を管理し、売上向上のための戦略立案から実行、チームマネジメントまで幅広い業務を経験でき、私にとって大変価値あるものでしたが、己のスキルセットをさらに発展させ、より大きな舞台でチャレンジを続けたいと考えています。

転職に際しては、スキルアップだけでなく、私自身の価値観や将来のビジョンに合致する企業で働くことができればと考えております。

[希望の職種や業界]における貴社のビジョンと成長戦略に大変魅力を感じており、そうした環境の中で自己の能力を発揮したいと考えています。

働く環境の変化

店長やエリアマネージャーとしての経験を積んでいる人は、店舗運営やエリアマネジメントなどの責任あるポジションで働いているため、ストレスや負担が大きい場合があります。

そのため、ストレスの少ない環境やワークライフバランスの良い環境を求めて、転職する場合があります。

「働く環境」を理由に転職活動をする場合は、具体的な残業時間(平均80時間)を伝えることがポイントです。

なんとなく今の働き方を改善したいと伝わらないようにしましょう。

飲食店・飲食業界から転職する場合は、理由の伝え方が大切

店長やエリアマネージャーからの転職理由は様々ですが、転職理由がネガティブな形で伝わりやすい傾向があります。

労働環境がきつい、給料が低い、など現職への不満があるから転職を考える方が多いのが一般的です。

ただ、ネガティブな転職理由をそのまま伝えると採用担当に悪い印象を与えてしまうため、伝え方がポイントになります。

企業として一番不安なのは、転職者が同じ理由でまた退職をしてしまう事です。

事例や例文はネットで検索することでヒットしますが、転職理由をポジティブなものにするのは中々難しいと思います。

転職理由は本音と建前が大切

自分自身がなぜ転職を考える必要があるのか、現在の職場での問題や課題、自分が持つスキルや価値観、将来のキャリアプランなどを整理し、自分自身がどのような環境や仕事を求めているのかを明確にすることが大切です。

例えば、新しい環境でのスキルアップや成長、やりたいことに挑戦できること、ワークライフバランスの改善、給与や待遇の向上などが挙げられます。これらのポジティブな要素を強調することで、転職理由をポジティブに伝えることができます。

ただ、転職理由を隠したり、ごまかしたりすると、面接官に不信感を持たれることがありますので、正直に全てを話すことは避けましょう。

転職理由はオープンに話し、自分自身がポジティブに考えていることを伝えましょう。

自分自身が成長やキャリアアップを目指していること、新しい環境でのチャレンジを楽しみにしていることなどを伝えることが大切です。

以上のように、自己分析を行い、ポジティブな要素を見つけ、オープンに話すことで、転職理由をポジティブに伝えることができます。

また、転職エージェントやキャリアカウンセラーに相談することもおすすめです。

飲食店・飲食業界から転職を検討している方へ

飲食店・飲食業界から未経験の職種(例:デジタルマーケティング職・人事職・企画書)に転職を希望する場合は、書類選考の段階でお見送りなりやすいのが現状です。

転職の成功率をあげながら、自分にフィットして長く働ける企業に出会うためには、「転職のプロ」である転職エージェントの活用をオススメします。

転職エージェントには、各業界や職種のあらゆる転職情報が集まっており、あなたの志向性や実現したいキャリアに合った業界・職種・企業の提案をしてもらえます。

また、企業の担当者から直接「こんな人が採用したい!」という情報を仕入れているので、内定率を高める企業別の面接対策も実施してもらえるので内定率もアップします。

さらに企業とのやりとりや面接日程などの調整も代行してくれるので、忙しくなかなか転職活動に時間が割けないという方にもオススメです。

とはいえ、エージェントによっては、偏った求人の提案をされたり、必要以上にプッシュされるというケースもあるので、見極めが正直必要ではあります。

飲食店・飲食業界から失敗例

転職に失敗してしまう方は以下のような方が多いため、対策をしないまま転職活動に踏み切ることはリスクが高いと言えるでしょう。

  • 「きちんと準備をしないまま転職活動を始めてしまい、情報不足や焦る気持ちから満足の行く転職ができなかった。」
  • 「自分に合った仕事が分からないまま転職してしまい、結果的に早期離職してしまった。」
  • 「営業としての経験やスキルをうまくアピールできず、転職活動そのものに嫌気がさしてしまった。」

上記のような失敗を防ぐためには、転職活動を手厚くサポートしてくれる転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは、店長/エリアマネージャーからの経験や強みを理解したうえで、最適な就職先を紹介してくれる転職のプロです。

また、求人の選び方だけではなく、書類選考や面接対策のサポートをしてくれます。

飲食店・飲食業界から転職する際に職務経歴書に記載すべき項目

成果がイメージできる「実績」を記載する

「実績」は、売上、売上達成率、成約件数、リピート率、注力商材の購入数・率などが挙げられます。

それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。

営業の素養が求められる求人に応募する場合は特に「実績」をアピールすることが有効です。

求められる知識やスキルは企業によって異なるので、求人情報に目を通した上でマッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

記載例)
・年間売上実績〇〇万円(年間売上目標〇〇万円 達成率:〇〇%)10名中2位の実績
・成約件数実績●件(年間成約目標●件 達成率:〇〇%)全社平均成約数▲件

職務経験のレベル感が伝わる「知識・スキル」を記載する

顧客へのヒアリング力やプレゼンスキルなどは、営業系の職種に応募する際にアピールポイントになります。

応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」をアピールしましょう。

飲食店・飲食業界からの転職におすすめなエージェント

転職サービスには「総合型」と「特化型」の2つが存在するため、ご自身にあったサービスの利用を検討しましょう。

サービス名タイプ特徴
マスメディアン特化型広告・デジタルマーケティング・Web業界に強みがあるエージェントで、クリエイティブ職種にも強みがあります。
ポートフォリオの添削にも定評があります。
エンワールド・ジャパン特化型外資系・グローバル企業への紹介に強みがあります。
登録には英語力が必要になりますので、TOEFL・TOEICなどの記載をお願いします。
店舗経営に関するグローバル支援を行うポジションもあるため興味がある方はおすすめです。
MS-Japan特化型【管理部門に特化した特化】した大手転職エージェントです。「転職エージェントに相談できるサービス」と「求人サイト」の2つの機能を利用できます。
アドバイザーに相談せず、求人だけ閲覧したい方にもおすすめです。
経営企画・経理・法務・人事などの経験がある方は登録をおすすめします。
アスリートエージェント特化型【スポーツ経験者】のための転職支援サービスです。
スポーツ業界・スポーツビジネス・プロ選手の支援に強みがあります。
ヒューレックス特化型全国各地域の⾦融機関との提携した独⾃ネットワークにより、地元優良企業の⾮公開求⼈を数多く所有するサービスです。
Uターン/Iターン/地方移住されている方におすすめです。
大阪・仙台・福岡・札幌などのエリアでの求人も豊富です。
Green特化型IT/Web業界に強いサービスです。
職種は不問ですので営業職・管理職・マーケティングなど希望条件を入力すると企業から『直接スカウト』が届きます。
マイビジョン特化型コンサルティングファームに特化した転職サービスです。
大学卒・1社経験・勤続年数3年以上の経験がある方におすすめです。
リクルートエージェント総合型求人数No.1を誇る業界最大手の転職エージェントです。
全国・グローバルなどほぼ全ての業界・職種に対応しており、年齢制限も特にないため、まずは
BIZREACH(ビズリーチ)
総合型転職者の多くの方が利用する転職サイトです。業界・職種は不問。
企業からの『直接スカウト』ヘッドハンターからの『スカウト』が届きます。
気になった求人へ応募もできるため、転職活動をする方は登録必見です。
JACリクルートメント総合型店舗経営・エリアマネージャーなどの経験を活かしながら転職を考えている方におすすめです。
年収500万円以上の方をメインでサポートする両面型の転職サービスです。
業界・職種ごとにコンサルタントが在籍しているため、企業情報・面接対策などに定評があります。
doda
総合型20代・30代の転職なら【doda】転職もおすすめです。
リクルートエージェントと同様、業界・職種は不問ですが、中でも若手に強みがあります。

海外転職で飲食店の求人を探したい・就職したい

ワーホリ・海外・グローバルなど日本の飲食産業は注目を集めています。アメリカ・カナダ・ドイツ・シンガポール・オーストラリアなど、海外で働きたいと考える方は多いと思います。

最新の求人は「海外転職・グローバル転職」に強みがある「エンワールド・ジャパン」の利用をおすすめします。

飲食店・飲食業界から飲食業界へ転職をしたい

飲食業界特化の転職支援サービス【フードコネクト】というサービスを紹介します。

生鮮業界・飲食業界に特化した支援に強みがあり、一都三県・愛知・静岡などの求人を約1000件以上掲載されており、年収600万円以上の求人も豊富にあります。中には、土日休みの求人もあります。

業界では珍しい高年収帯の求人も紹介可能なサービスです。転職準備や面接対策、入社後フォローまで手厚くサポートを希望する方におすすめです。

転職時期はいつがいい?

中途採用の求人数が増えやすいのは1~3月と9月~11月です。

春は新年度に向けた組織強化、秋は退職者が出た企業などが下半期の採用活動に力を入れる時期です。特に3月と9月は新体制に向けて欠員を補充する企業が多い傾向にあります。

転職のチャンスが多いため積極的に応募したい時期であるとともに、ライバルが多い分、対策は入念に行うべきタイミングです。

逆に人材が入社したばかりの4月、夏季休暇前の7月ごろは求人数が減ります。閑散期である分、たまに求人が出た場合はライバルが少ないからこそ早期内定につながるかもしれません。

特に4月以降は早期退職者により生じた欠員を補うため、第二新卒向けの求人が増える可能性もあります。

大きな声では言えないものの「ボーナス(賞与)を貰ってから退職したい」という本音を抱いている人も多いでしょう。実は企業側も、ボーナス支給後のタイミングを見計らって求人を出す場合もあります。ボーナス支給前後も求人が増える可能性があるため、情報をチェックしておくと良いでしょう。

退職届を出すのはボーナス支給から最低でも数週間経過後にするのがおすすめです。ボーナス支給から1~2ヶ月後に退職するのがベストでしょう。

飲食店・飲食業界から転職:まとめ

いかがでしたでしょうか。

店長やエリアマネージャーから転職する上でのポイントは、スキルアップや組織マネジメントのスキルをアピールすること、業界や企業の変化に対応することが必要です。

さらに、自分自身のキャリアプランを明確にし、自分にとってベストな職場を見つけることが重要です。

合わせて読みたい:営業職へ転職
売り手市場の「営業職」未経験で就職・転職を成功させるには?
売り手市場の「営業職」未経験で就職・転職を成功させるには?
合わせて読みたい:リクルートスタッフィング
【株式会社リクルートスタッフィングへの転職】未経験でも大丈夫・中途採用の難易度・面接対策・年収などプロの転職エージェントが紹介します
【株式会社リクルートスタッフィングへの転職】未経験でも大丈夫・中途採用の難易度・面接対策・年収などプロの転職エージェントが紹介します
合わせて読みたい:ライターなら株式会社マイベスト
【株式会社マイベストの転職】面接対策・気になる年収・転職難易度についてプロが教えます
【株式会社マイベストの転職】面接対策・気になる年収・転職難易度についてプロが教えます
プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

年収500万円以上の厳選求人が 10万件以上
若手ハイクラススカウト:大手多数
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
コンサルティングファーム支援に特化
過去問・解答集プレゼント:相談はこちら
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
大手一流・外資系・グローバル企業など求人数20万件以上
求人を探す
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました