【コンサル1年目の転職】短期離職になっても大丈夫!?面接対策・転職難易度について解説

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

あなたに合うコンサルファーム・合わないファームがある

コンサルティングファームによって、社員のカラーは大きく違います。会社全体の雰囲気、部門の雰囲気、それぞれが違う場合もあります。

どんなに優秀な人でも、10社受けてすべて内定を取る人は実はいません。コンサルそのものが合わなかったというよりは、入社した企業とのミスマッチだった可能性もあります。

例えばマッキンゼーは受かるけど他はすべて落ちてしまった、逆にマッキンゼーは落ちらけど他はすべて受かった、などといったケース珍しくありません。また違うファームへ転職したところ昇進した、という例もあります。

単にそのファームでの評価基準がや会社カラーが合わない場合がありますので、是非受ける側のあなたもこの合う・合わないを確かめるために事前に情報収集をするなど、面接やエージェントにも確認しましょう。

コンサル新卒1年目の方

コンサルティングファームへ就職をした新卒1年目の方は以下をご確認ください。新卒1年目で転職するリスクについて紹介します。

合わせて読みたい:新卒1年目の転職は厳しい⁉︎
【新卒1年目の転職は厳しい⁉︎】リスクや成功させるポイントについてプロが解説
【新卒1年目の転職は厳しい⁉︎】リスクや成功させるポイントについてプロが解説

コンサル1年目で辞めることについて

コンサルティングファームへ入社され、何かしら「合わない」と感じる…

入社して1年目は、他の業種から転職した人にとっては、比較的タフな期間だと思います。プロジェクトに配属されると、その業界やトピックに関する知識の習得も求められることになりますので、労働時間としては、必然的に長くなる傾向になります。

ただし、この最初の1〜2年が、コンサルタントとしての土台を作る大切な期間であることは間違いありませんので、体には気を配りながらも、最大限ストレッチして、沢山のことを素直に吸収することが大切です。

最低限2年以上の勤続年数があると選択肢を大きく広げることができます。「ただ辞めたい」という安易な考え方は次の転職に繋がりませんが、それでもコンサルティングファームが合わない場合は転職をしましょう。

入社前の勤続年数が3年以上あれば問題はない

コンサルティングファームからの転職理由は様々ですが、入社前の勤続年数が3年以上の実績があればあまり不利になりません。

転職理由の事例

コンサルティングファームへ〜〜〜ができると思い入社しましたが、実際はイメージとのギャップがありました。正直年収や憧れもあり意思決定をしましたが、情報収集不足だったと思います。短期離職になってしまいますが、今回の転職では〇〇を大事にした転職活動を行なっています。

3年以上の経験があるのであれば、正直ミスマッチでしたと開示して問題ありません。同じ失敗をしないよう何を意識するかを面接では伝えましょう。

コンサル1年目:転職成功事例

実際に転職された方の直近の転職成功事例をご紹介いたします。多くのケースがございますので、ぜひご参考になさってください。

前職ご転職先
戦略系コンサルティングファーム1年目外資系消費財メーカー(リテール営業)
総合系コンサルティングファーム1年目大手WEBベンチャー企業(新規事業)
組織人事コンサルティングファーム1年目IT企業ベンチャー(人事職)
財務アドバイザリーファーム1年目大手通信会社(経営企画)
総合系コンサルティングファーム1年目大手ディベロッパー(法人営業)
ITコンサルティングファーム1年目大手損害保険会社(IT企画)
財務アドバイザリーファーム1年目大手自動車メーカー(M&A企画)
ITコンサルティングファーム1年目フィンテックベンチャー(事業開発)

短期離職は転職エージェントを利用しない方がいい場合もある

転職エージェントとして多くの方を支援してきました。なぜ短期離職に繋がったのか?エージェント経由で応募をする場合「推薦文」を記載します。この推薦文やエージェントからのプッシュにより書類通過率を高めることができます

一方で転職エージェントを使わない方が良い場合もあります。

まず、希望する職種や業界が明確で具体的な企業が決まっている場合、直接応募することで採用コストを企業側は抑えることができます。自分のニーズや状況に合わせて、最適な方法を選択しましょう。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

年収500万円以上の厳選求人が 10万件以上
若手ハイクラススカウト:大手多数
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
コンサルティングファーム支援に特化
過去問・解答集プレゼント:相談はこちら
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
大手一流・外資系・グローバル企業など求人数20万件以上
求人を探す
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
Recommend
こんな記事も読まれています!
記事URLをコピーしました