■業界・職種

【D2Cへの就職・転職】面接対策・気になる年収・転職難易度

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

今回は、D2Cへの就職・転職に向けての情報です。支援実績を活かしお伝えします。

D2Cが就活生から人気な理由

D2Cが就活生から人気な理由は以下のようなものが挙げられます。

  1. 自社の商品やブランドを育てる醍醐味がある
    D2Cでは、自社の商品やブランドを直接顧客に届けるため、消費者の反応を直接受け取ることができます。そのため、自社の商品やブランドを育てる醍醐味を感じられることが魅力的です。
  2. スピード感のあるビジネスを体験できる
    D2Cでは、自社で企画・製造・販売・配送まで一貫して行うため、スピード感のあるビジネスを体験できます。そのため、自分が考えた商品やサービスが短期間で形になり、市場に出せるというやりがいがあります。
  3. チャレンジ精神を発揮できる
    D2Cはまだ発展途上の分野であるため、新しいアイデアや試みにチャレンジできる環境があります。また、自社で全てを管理するため、様々な業務に関わることができ、幅広い知識やスキルを身につけられるため、成長できる場所として人気があります。
  4. 社会貢献度が高いビジネスに携われる
    D2Cでは、自社で製品を生産するため、サプライチェーンを縮小し、環境に配慮した取り組みを進めることができます。また、直接顧客と接することができるため、顧客にとって有益な商品やサービスを提供することができ、社会貢献度が高いビジネスに携わることができます。

D2Cとは

D2Cとは、Direct-to-Consumerの略称で、製造業者やメーカーが自社の製品を直接消費者に販売するビジネスモデルのことを指します。

従来の流通ルートである卸売業者や小売店などを通さず、自社のECサイトや実店舗などを通じて直接販売することで、商品の利益率を高めることができます。また、製品やブランドを消費者に直接アピールすることができるため、マーケティングやブランディングの面でも強みを持っています。

D2Cは、インターネットの普及やECサイトの発展、SNSの活用などによって急速に普及しています。

D2Cの仕事内容

D2C(Direct-to-Consumer)の仕事内容や職種は、企業によって異なりますが、以下に代表的なものを挙げます。

  1. デジタルマーケティング担当
    D2C企業は、オンライン広告やSNSを活用して消費者に直接商品を販売していくため、デジタルマーケティングの戦略が非常に重要になります。デジタルマーケティング担当者は、広告配信やコンテンツ制作、Webサイトやアプリの改善などを担当します。
  2. ECサイト運営担当
    D2C企業は、オンラインストアを通じて直接消費者に商品を販売していくため、ECサイトの運営や改善が求められます。ECサイト運営担当者は、商品の登録や在庫管理、注文処理、決済システムの運用などを担当します。
  3. ロジスティクス担当
    D2C企業は、商品の発送や返品処理などのロジスティクスも自社で行うことが多いため、ロジスティクス担当者が必要です。ロジスティクス担当者は、在庫管理や発送手配、物流会社との調整などを担当します。
  4. カスタマーサポート担当
    D2C企業は、消費者からの問い合わせやクレーム対応などのカスタマーサポートが必要です。カスタマーサポート担当者は、問い合わせの受付や回答、商品の返品や交換手続きなどを担当します。
  5. 商品企画担当
    D2C企業は、直接消費者に商品を販売するため、商品企画の力も求められます。商品企画担当者は、市場調査やトレンド分析、商品ラインナップの企画や改善などを担当します。

これらの職種以外にも、D2C企業には様々な職種があります。また、D2C企業によっては、上記の職種の中で複数の担当を1人でこなす場合もあります。

D2CのKPIは?

D2C(Direct-to-Consumer)ビジネスにおける主なKPI(Key Performance Indicators)は以下のようなものがあります。

  1. 販売数・売上高
    商品の販売数や売上高は、D2Cビジネスにおいて最も重要なKPIの1つです。販売数や売上高を把握することで、商品の需要や売り上げに影響を与える要因を分析し、改善点を見つけることができます。
  2. コスト
    D2Cビジネスは、製品の製造や販売、配送などの業務を自社で行うことが多いため、コストの削減が重要です。コストの内訳を明確にし、無駄なコストを削減することで、利益率を上げることができます。
  3. 顧客満足度
    D2Cビジネスでは、顧客との直接的なコミュニケーションが可能です。そのため、顧客からのフィードバックを収集し、商品やサービスの改善点を見つけることが重要です。顧客満足度の向上によって、リピート率や口コミによる集客など、ビジネスにとって重要な要素を改善することができます。
  4. ユーザーエンゲージメント
    ユーザーエンゲージメントは、D2Cビジネスにおいて、顧客との関係を築くための重要なKPIです。SNSやメールなどを活用して、顧客とのコミュニケーションを図り、顧客の興味関心を引くことができます。また、顧客の嗜好や需要に合わせたカスタマイズ商品の提供など、顧客との関係を深める取り組みが必要です。
  5. LTV(Lifetime Value)
    LTVは、顧客がビジネスに与える経済的な価値を測る指標です。D2Cビジネスにおいては、リピート率の向上や顧客満足度の向上などによって、LTVを高めることができます。LTVの向上によって、ビジネスの収益性を高めることができます。

KPIを理解することでより具体的な業務イメージが湧くかと思います。求められる経験スキルのアピールやミスマッチがないようお役立てください。

D2CとP2Cの違いとビジネスモデルを解説!

D2C(Direct-to-Consumer)とP2C(Peer-to-Consumer)は、商品やサービスを顧客に提供する際のビジネスモデルの違いを表します。

D2Cは、メーカーまたはブランドが直接消費者に商品やサービスを提供するビジネスモデルです。

つまり、中間業者を通さずに製品やサービスを直接販売することを指します。

例えば、ウェブサイトやSNS、小売店舗などから、自社の商品やサービスを直接販売することができます。D2Cビジネスモデルを採用することにより、メーカーは商品やサービスの品質や価格を直接コントロールすることができ、マーケティングやブランディングによって消費者の関心を集めやすくなるメリットがあります。

一方、P2Cは、一般の人々が自分たちが所有する商品やサービスを提供し、消費者がその中から選択して購入するビジネスモデルです。

つまり、消費者が必要とする商品やサービスを提供する個人や小規模事業者が、オンラインプラットフォームを通じて直接販売することを指します。

例えば、AirbnbやUberなどがP2Cビジネスモデルを採用しています。P2Cビジネスモデルを採用することにより、ビジネスの起業家精神や新しいビジネスモデルを創造することができます。

一般的に、D2Cビジネスモデルは、高品質なブランドイメージや顧客ロイヤルティの構築に向いており、小規模な事業者や個人が起業するのには向かない場合があります。

一方、P2Cビジネスモデルは、独自のビジネスモデルを構築し、一定の需要がある場合には成長が可能であるため、起業家に向いている場合があります。

P2Cのビジネスモデルは、有名なインフルエンサーが商品を作り、ファンの方に提供する形式ですね!

D2Cの転職事情

D2Cの市場拡大に伴い、D2C企業に対する需要も増加しています。そのため、D2C企業においてはD2Cに特化した求人募集が行われることがあります。

また、従来の企業でもD2C事業を展開するためにD2Cに精通した人材を求めることがあります。

D2C企業における主な転職先は、マーケティング、ECサイト運営、カスタマーサポート、商品企画・開発などがあります。

また、D2C企業の需要拡大に伴い、それに対応するインフラストラクチャーの整備が求められるため、ITエンジニアやロジスティクス担当者などの職種も増加傾向にあります。

D2C企業に転職する際には、マーケティング戦略に精通していること、顧客視点でのサービス設計ができること、データ分析能力が高いことなどが求められます。また、D2C企業の多くはスタートアップ企業であることが多く、フレキシブルな考え方やスピード感を求められることがあります。

D2C求められる経験スキル、前職の経験について

D2Cにおける求められる経験スキルや前職の経験は、D2C企業や職種によって異なる場合がありますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  1. マーケティングや広告運用の経験
    D2C企業は、自社製品やサービスを消費者にアピールするためのマーケティングや広告運用が重要な業務となります。そのため、マーケティングや広告運用の経験があると有利です。
  2. ECサイトの運営経験
    D2C企業は、自社のECサイトを運営することが多いため、ECサイトの運営経験があると有利です。具体的には、ECサイトの立ち上げや商品ページの作成、在庫管理や発送、顧客対応などの業務経験が求められます。
  3. データ分析やデータドリブンなマーケティングの経験
    D2C企業は、顧客データを分析し、それに基づいたマーケティング戦略を立てることが求められます。そのため、データ分析やデータドリブンなマーケティングの経験があると有利です。
  4. プロジェクトマネジメントの経験
    D2C企業は、新商品の立ち上げやECサイトの改善など、多くのプロジェクトを展開することがあります。そのため、プロジェクトマネジメントの経験があると有利です。
  5. コミュニケーション能力
    D2C企業は、顧客と直接コミュニケーションを取ることが多く、顧客のニーズやフィードバックを取り入れた改善を行うことが求められます。そのため、コミュニケーション能力が求められます。

D2C企業における主な職種としては、マーケティング、ECサイト運営、データ分析、プロジェクトマネジメントなどがあります。

D2C企業への転職・就職では「個人営業・法人営業」の経験が求められる傾向があります。マーケティングやECの経験は高く評価される傾向がありますね。

代表的なD2C企業

以下は、代表的なD2C企業の一部です。

  • カラフルボード
  • シックスパッド
  • RIZAP
  • RENOVATIO
  • BASE CO., LTD.
  • AWESOME TABLE INC.
  • TAKUMI
  • CAMPFIRE
  • MERPAY
  • 食べログ
  1. Casper
    睡眠に関する製品を販売するD2C企業で、マットレスや枕などをオンラインで販売しています。
  2. Dollar Shave Club
    メンズ用の剃刀を定期的に送り届けるサービスを提供しているD2C企業で、ユーモアある広告展開で知られています。
  3. Glossier
    化粧品ブランドで、SNSを中心に顧客とのコミュニケーションを重視しています。
  4. Harry’s
    メンズ用の剃刀を販売するD2C企業で、直接顧客との取引をすることで価格を下げています。
  5. Warby Parker
    オンラインでメガネを販売するD2C企業で、低価格かつスタイリッシュな商品を提供しています。

その他にも多くの企業が存在します。自身にあった企業をぜひ探してくださいね。

代表的なD2C支援会社

以下のような企業があります。

  • ワイセツ株式会社
  • ブランドコマース株式会社
  • ジグザグ株式会社
  • サイバーエージェント株式会社
  • グリーンフィンガーズ株式会社
  • エスティーローダー株式会社
  • ユナイテッドアローズ株式会社
  • ライフスタイルデザイン株式会社
  • キャリアパートナーズ株式会社
  • ピースオブケイク株式会社

これらの企業は、D2C事業において、商品企画や開発、販売促進、マーケティング、ロジスティクスなど、様々な分野で事業を展開しています。D2C事業を専門に手掛ける企業も多く、激しい競争が繰り広げられています。

これらの企業は、D2C企業のECサイト構築や運用、広告運用、CRM、物流や支払いなど様々な分野で支援を行っています。

  1. Unite Commerce
    商品企画から販売促進、マーケティング戦略の提案までD2C事業に特化した支援を行っています。
  2. BASE
    D2C事業に必要なECサイトの構築や集客・販促ツールの提供を行っています。
  3. favy
    フード・ドリンクに特化したD2C支援を行っており、店舗運営やマーケティング支援などを行っています。
  4. Snappy
    物流・在庫管理・決済システムなど、D2C事業に必要なツールやサービスを提供しています。
  5. Shopify
    世界中で利用されているD2C向けのECサイト構築サービスで、商品管理や決済システムなど、様々な機能を提供しています。

D2Cの平均年収相場は?

D2Cに関連する職種は様々あり、経験年数や役職などによっても異なるため、平均年収相場は一概には言えません。

ただし、D2C企業の中にはスタートアップ企業も多く、その場合は業界平均よりもやや低い傾向があるとされています。

一方で、成長が著しいD2C企業や大手企業のD2C事業部では、高い年収が実現されている場合もあります。業種によっても異なるため、具体的な年収情報を知りたい場合は、転職サイトや求人情報サイトなどを参考にすることがおすすめです。

D2Cに有利になる資格は?

D2Cに直接的に必須となる資格はありませんが、D2C企業が事業展開している業界や領域によっては、それに関連する資格が有利になることがあります。

たとえば、健康食品や化粧品を扱うD2C企業では、栄養士や美容師などの資格を持っている人材が求められる場合もあります。また、マーケティングやデジタル広告に関する資格や知識、英語力なども求められる場合があります。

しかし、D2C企業が求める資格やスキルは、業界や企業によって異なるため、求人情報や企業のウェブサイトなどで詳細を確認することが重要です。

D2Cの求人数は?

D2Cに関連する求人数は、業界や職種によって異なりますが、近年は急速に増加しています。

特に、ECサイトやSNSなどのD2Cチャネルを活用したマーケティング・販売戦略が注目されているため、D2Cに特化した求人も増加しています。

ただし、まだまだ一般的な企業と比べると求人数は少なめです。

求人を探す際は、転職サイトや企業の採用サイト、業界専門の求人サイトなどを活用することがおすすめです。

D2Cになるには?

D2C企業に就職するためには、まずは自身が興味を持つ分野や業界を選定し、その中でD2C企業を探すことが重要です。

D2C企業は、ファッション、化粧品、食品、家具など、さまざまな業界に存在しています。

そのため、自身が関心を持っている分野や業界を選び、D2C企業を調べ、採用情報を確認することが大切です。

D2C企業に求められるスキルは、マーケティング、ECサイト運営、カスタマーサポートなどです。また、特定の業界においては、商品知識や製品開発のスキルも求められる場合があります。

具体的には、D2C企業に就職するには、以下のようなステップがあります。

  1. D2C企業を調べる:自身が興味を持つ分野や業界を選定し、D2C企業を調べ、その企業の採用情報を確認する。
  2. 応募資格を確認する:D2C企業の採用情報を確認し、応募資格を満たしているかを確認する。
  3. 履歴書や職務経歴書を作成する:応募に必要な書類を作成する。
  4. 面接に臨む:面接には、D2C企業の特徴や業界のトレンドについて理解していることが求められます。また、マーケティングやECサイト運営に関する知識や経験をアピールすることも重要です。

採用された場合は、入社前にD2C企業のビジネスモデルや商品、サービスについて学び、入社後には、早期に業務に慣れるよう努力することが重要です。

D2Cへの転職は、転職サービスの利用がおすすめ

D2Cの求人は、業界によっては比較的に多く、転職市場でも需要がある職種の一つです。

しかし、求人の多い業界でも、求人情報を一つ一つ調べるのは大変ですし、自分に合った求人を見つけるのも難しいことがあります。

そのため、転職サービスの利用がおすすめです。転職サービスを利用することで、自分に合った求人情報を収集することができ、転職活動の効率化につながります。

また、転職サービスには、転職に役立つアドバイスや支援を受けることができるため、転職活動が初めての方や不安がある方にもおすすめです。

D2Cへの転職ならマスメディアンがおすすめです。

マスメディアンは、業界特化の転職エージェントとして、豊富な求人情報と転職支援サービスを提供しています。専門的な知識やネットワークを持ったキャリアアドバイザーが転職活動をサポートし、自身の経験やスキルに合った転職先を紹介してくれます。

また、マスメディアンは、多数の代理店や事業会社との取引実績を持ち、業界内での知名度が高いため、非公開求人や最新の情報を入手することができます。さらに、面接対策や履歴書の添削など、転職活動に必要なスキルを身につけることもできます。

以上の理由から、D2Cの転職を考えている方にとって、マスメディアンは有力な転職エージェントの1つと言えます。

それ以外であれば、D2Cへの転職支援に定評があるジェイエイシーリクルートメントの利用をおすすめします。

独自の審査基準に基づき業務提携

ユーザーの方に高品質なサービスを届けるため、精通した転職サービスを掲載しております。

ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』
20代・30代の転職なら【doda】転職エージェント
年収500万円以上の転職支援に特化した転職エージェント
20代ハイクラス層転職支援に特化した転職サービス
コンサルティングファーム支援に特化した転職エージェント
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
転職後平均年収950万円以上(2021年4月時点/ハイクラス会員のみ)
ハイクラス会員制転職サービス『リクルートキャリア』
デジマ/マーケティング/クリエイティブ業界に特化した転職エージェント
外資系支援に特化した転職エージェント
金融/コンサル/経営幹部支援に特化した転職エージェント
管理部門支援に特化した転職エージェント
不動産業界に特化した転職エージェント
弁護士/士業に特化した転職エージェント
【地方求人数No.1】地方転職に特化した転職エージェント
100%自社内開発ITエンジニアに特化した転職エージェント
ハイクラスITエンジニア専門転職サービス
  • 特定の業界/職種への支援に精通し、支援実績などのエビデンスの提出が可能なサービスかどうか
  • サービスの利用、サービスを運営する企業へ直接訪問等を行い、ユーザーにとって良いサービスを提供できるかどうか
  • 転職支援のプロからみても、サービスに定評があるか など

独自基準をクリアした”転職サービス”を掲載していますので、よろしければご活用ください。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

年収500万円以上の厳選求人が 10万件以上
若手ハイクラススカウト:大手多数
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
コンサルティングファーム支援に特化
過去問・解答集プレゼント:相談はこちら
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
大手一流・外資系・グローバル企業など求人数20万件以上
求人を探す
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました