■コラム

【転職エージェントを掛け持ちするのはOK!?】メリット・デメリット!何社まで良い?

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

転職エージェントは、求人紹介から面接対策まで、プロによる転職支援が無料で受けられるサービスです。

すでに利用している人も多いかと思いますが、「1社だけに登録すべきか、複数のエージェントを利用すべきか」で悩んでいる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

一口に転職エージェントといっても、会社ごとに得意分野や抱えている求人案件数、提供するサービスは違いますから、複数のエージェントを利用するメリットは見逃せません。

ただし、登録する転職エージェントの数は多ければよいというものでもなく、掛け持ちしたからこそのデメリットもあります。

今回はそうした転職エージェントに複数登録する際のメリット・デメリットを詳しくご紹介するとともに、転職エージェントを複数選ぶときの注意点もピックアップしました。

転職エージェントの役割

転職エージェントの役割は、企業と求職者をマッチングすることです。

登録をすると、キャリア相談から求人の紹介、面接のセッティング、履歴書・職務経歴書の添削、面接の予行演習、給与などの条件交渉、さらには就職後のアフターケアまで、さまざまなサポートを無料で受けることができます。

幅広い業種をカバーする転職エージェントもあれば、IT業界専門やSE専門など、特定の業界・職種に特化した転職エージェントもあります。

特殊技術を持ったベテランの求人を中心に扱うところや、第二新卒や初めての転職者の求人が中心のところもあるわけです。

このように、各転職エージェントはそれぞれ違った得意分野や運営コンセプトを持っていますので、1社だけ利用している場合には選択の幅が狭められてしまう可能性は捨て切れません。

幅広い可能性を求めるなら、転職エージェントの複数利用に一定の効果が期待できます。

転職エージェントは何社くらい利用するのがよい?

複数の転職エージェントを利用する場合、まずは2社〜3社程度に登録し、最終的には1〜2社にしぼるのがおすすめです。

実際には、4社や5社といった多くの転職エージェントを活用し、転職を成功させている方もいるでしょう。

しかし利用する転職エージェントが増えるほど、登録に手間がかかり、連絡の確認作業にかける時間も増えます。

複数の担当者への返信や面談の日程調整などに多くの労力を費やすことは、本来なら転職準備にかけていた時間を削ってしまうことにもなりかねません。

転職エージェントを併用することのメリット

複数の転職エージェントに登録することのメリットは、大きく次の3点にまとめられるといえるでしょう。

多くの求人情報に触れられる

転職エージェント各社は、インターネットなどで公開している求人のほかに、登録者にだけ紹介する「非公開求人」やその転職エージェントでしか取り扱いのない「独占求人」も多く取り扱っています。

これは、競合他社に知られずに採用活動を行いたい企業が利用しているもので、転職エージェントによっては全体の半数が非公開求人ということも少なくありません。

複数の転職エージェントに登録することにより、各社が持っている非公開・独占求人を紹介してもらえるチャンスが増え、自分に合った仕事にめぐり合える可能性が高まります。

馬が合うキャリアアドバイザーと出会えるチャンスが増える

転職エージェントに登録すると、プロのキャリアアドバイザーが選任となって、求人情報の紹介やアドバイス、面接のサポートなどをしてくれるのが一般的です。

ただしキャリアアドバイザーも人間ですから、たとえ実力は十分でも自分とは性格や考え方が合わなかったり、求職者側の希望がうまく伝わらなかったりする場合もあるでしょう。

複数登録してさまざまなキャリアアドバイザーに会っていれば、いまのアドバイザーが自分に合っているかを比較して判断できます。

転職エージェントを使い分けられる

たとえば「専門分野での転職をメインに考えつつ、条件に合うものがあれば周辺分野にもチャレンジしてみたい」場合や「業界の専門知識に基づくアドバイスもほしいけれど、履歴書や職務経歴書の書き方から丁寧な指導を受けたい」というような場合には、カラーの異なる複数の転職エージェントに登録したほうが、効率がよいこともあります。

各社の蓄積されている転職ノウハウにふれられるので、知識の偏りがなくなることもメリットです。

転職エージェントを併用するデメリット

複数の転職エージェントに登録することには、多少のメリットはありますが、よい面ばかりではありません。

スケジュールの管理が煩雑になり多くの時間がかかるなど、掛け持ち特有のデメリットも存在します。具体的には、転職エージェントの複数登録には次のようなデメリットが挙げられるでしょう。

スケジュール管理が大変

求人検索からキャリアアドバイザーとの面談、応募、面接と、転職活動はただでさえ時間がかかるものです。

特に、仕事を続けながら活動している場合、限られた時間をどう有効に使うかが重要なポイントとなります。

複数の転職エージェントに登録した場合、面談の回数は増えますし、面接や選考のスケジュールが重なる場合も珍しくありません。

スケジュール管理を間違うと、せっかく紹介してもらっても面接が受けられなかったり、直前にキャンセルして相手に悪い印象を与えたりすることにもなりかねないので注意が必要です。

情報が増える分、迷いやすくなる

複数の転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーが増えると、まったく異なるアドバイスをされる場合があります。

転職は「絶対の正解」がない世界です。最終的にどうするかは自分で判断するしかありませんが、あまりに多くの意見を聞いてしまうと、どれが正しいのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。

また、情報量が多くなりすぎた結果、決断したあとも「本当にこれでよかったのか」と考えてしまうこともあります。

同一の求人に応募してしまう危険性がある

複数の転職エージェントに登録している場合、求職者本人も気がつかないうちに、別のエージェントから同じ企業に応募してしまう危険性は捨て切れません。

そうなった場合、転職エージェントからの信用を失い、さらに企業の心証も悪くなるでしょう。

転職エージェントの登録数が増えれば、それだけ面談の数や紹介される案件数も増えますので、多くの時間を割く必要が生じてきます。

時間的・労力的コストを抑えるために転職エージェントを利用しているのですから、逆に負担になるようでは本末転倒です。

「複数登録のメリットは捨てがたい。しかし、デメリットは避けたい」そのようなときにはマイナビエージェントにご相談ください。

転職エージェントを併用する際の利用のポイント

転職エージェントを複数利用するのであれば、それぞれをうまく活用し、前述したようなメリットをしっかり感じたいものです。ここでは、複数の転職エージェントを利用する際のポイントをご紹介します。

エージェントの数は最終的に1~2社にする

転職エージェントを複数利用することのメリット・デメリットを考えると、利用する転職エージェントはしぼっていく必要があります。

おすすめとしては、最終的に利用する転職エージェントを特色のある1〜2社、多くても3社程度に抑えることです。

こうすることでそれぞれの転職エージェントでどこまで話を進めたかが分かりやすくなり、デメリットでご紹介したスケジュール管理が大変になったり、情報量の多さに惑わされてしまったりということを避けられるでしょう。

担当者と相性の良いところにしぼる

転職エージェントをしぼり込む際には、キャリアアドバイザーの相性のよさも選択の条件とするのがおすすめです。

複数の転職エージェントに登録していると、しだいに相性のよいキャリアアドバイザーが分かってきます。

応募書類の添削や面接対策、メールでのやりとりなどをとおして適切な人を選べば、転職活動にかかるストレスが軽減されるでしょう。

総合型だけでなく、特化型エージェントの利用も検討する

転職エージェントには総合型転職エージェントと特化型転職エージェントがあります。総合型転職エージェントの特長は、ひとつの業界や職種にこだわらず、さまざまな求人を扱っていることです。

一方で特化型転職エージェントは、ITや医療など、特定の業界に詳しいキャリアアドバイザーが専門性の高い求人を扱っています。

もしも、自分の目指したい業界が決まっているのであれば、特化型転職エージェントを利用するのもおすすめです。ここでは総合型と特化型、それぞれの転職エージェントのメリット・デメリットをご紹介します。

総合型・特化型の転職エージェントの違いは!?

総合型転職エージェント

メリット紹介される案件の幅が広いため、さまざまな求人にふれられます

いままで経験した業界以外の案件を紹介されることもあり、志望業界をまだ特定していない人におすすめです。デメリット特定の業界に弱い傾向があります。そのため、専門性を極めるために転職活動をしたい人には不向きです。

特化型転職エージェント

メリット特定の業界に詳しいキャリアアドバイザーが対応します。

職務経歴書の記載方法や面接での受け答えなど、各業界に特化したアドバイスが可能です。デメリット案件数が少なく、就業経験の豊富な層をターゲットにしているため、第二新卒や20代は不利になることがあります。

総合型と特化型の転職エージェントに登録することで、それぞれのメリットを享受でき、デメリットをカバーできます。

転職エージェントに登録するときは、総合型と特化型の両方の利用を検討してみましょう。

複数の転職エージェントを利用していることを伝える

転職エージェントの複数利用は、担当のキャリアアドバイザーに伝えましょう。ほかの転職エージェントで「どのような企業に応募しているのか」「選考はどこまで進んでいるのか」などを相手に共有することで、面接日が重なったり、同じ求人を紹介されたりするなどのトラブルを防げるからです。

転職希望者の中には、「複数の転職エージェントを利用していることを伝えたら、キャリアアドバイザーの心情を損ねるのでは」と不安になる人もいるでしょう。

しかし、そこは心配いりません。なぜなら、転職エージェントが一番重きを置いていることは、「利用している人全員が、満足のいく転職活動ができること」だからです。

複数の転職エージェントの利用を伝えたことでキャリアアドバイザーの対応がおざなりになったら、その人はプロ失格です。そのようなときは、遠慮なくほかの転職エージェントに軸足を移しましょう。自分にとって居心地のよくない転職エージェントを避けられることも、複数の転職エージェントを利用するメリットです。

マイナビエージェントには、さまざまな業界への転職サポート実績が数多くあります。転職エージェントの利用数に関わらず、みなさまの将来の選択肢を広げるお手伝いをさせていただけたらと思いますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

情報の取捨選択を適切に行う

多くの情報を入手すると、そのぶん悩みやすくなるのも事実です。担当者から異なる提案やさまざまなアドバイスを受け、最良な判断が分からずに頭を抱えてしまうケースもあるでしょう。

そのため転職エージェントを複数利用するときには、情報を取捨選択する必要があります。自分自身に適した情報かどうかを見極め、不要な場合には受け流せるよう、自分の考えをしっかりと持つことが大切です。

自分で情報の取捨選択を行うのが難しい場合、自分を客観的に判断してくれる相手や信頼を置いている相手に相談にのってもらうことで、うまく情報を整理できます。

転職エージェントを上手に活用するポイントは?

転職エージェントには数多くの求職者が登録しており、複数の転職希望者を抱えています。そのため消極的な姿勢では、転職エージェントのよさを最大限に活用できないかもしれません。ここでは、転職エージェントを上手に活用するためのポイントをご紹介します。

定期的に連絡を入れる

転職エージェントは数多くの求職者の情報の中から、条件にマッチした求職者に案件紹介メールのサービスを提供しています。

しかし連絡を返していない場合、「転職活動をしていないのでは」と判断され、案件紹介メールのサービスを受けられなくなることがあります。

転職エージェントをうまく活用するためには、2週間に一度の頻度で連絡を入れたり、状況報告をしたりするのがポイントです。

キャリアアドバイザーとのやりとりは丁寧に

利用者の中には、担当のキャリアアドバイザーを見下すような態度や、無礼な振る舞いをしてしまう方もいます。

転職エージェントは、求職者が入社することによって企業から報酬を受け取るビジネスモデルであるため、利用者の立場が上であると思う方もいるかもしれません。

しかし横柄な態度で担当者と接してしまうと「社会人としてのマナーがない」と捉えられ、よい案件を優先的に紹介してもらえないことがあります。

そのためキャリアアドバイザーと接する際には、感謝の気持ちが伝わるようなマナーのある対応をしましょう。

プロフィールや経歴に嘘をつかない

転職エージェントに条件のよい案件を紹介してもらうために、プロフィールや経歴、習得しているスキルを偽ってしまう方がいます。

これまで在籍していた企業や職務内容について、嘘の情報をキャリアアドバイザーと共有する方もいるでしょう。

しかし虚偽の申告が発覚した場合、転職エージェントの利用に支障が出ることがあります。「信用できない人材」と認識されると、優良案件の紹介が受けられないほか、限られた案件のみの紹介となる可能性も否めません。

嘘をつきたくなるような理由がある場合、キャリアアドバイザーに正直に伝えることをおすすめします。数多くの求職者を見てきたキャリアアドバイザーなら、最善の策を見出してくれるでしょう。

転職活動に対して前向きな姿勢を

転職エージェントの手厚いサポートを受けるためには、キャリアアドバイザーに「転職に積極的である」という意気込みを示しましょう。

転職意欲が低い求職者よりも、転職に前向きな求職者を優先的にサポートしたいと思うのが担当者の心情です。

キャリアドバイザーに「この人の転職活動を成功させたい」と思ってもらうことで、優良求人の紹介や質の高い推薦状の提出などが期待できるため、より転職成功へと近づきます。

最後に…

転職エージェントを複数利用した場合、多くの情報を入手し、各エージェントの強みを生かした転職活動ができます。

しかし利用する転職エージェントが多くなればなるほど、スケジュール管理に多くの時間を割き、情報の取捨選択が難しくなるでしょう。同一求人に応募してしまうリスクも避けなければなりません。

そこで転職エージェントを併用する際には、メリットの多いエージェントを1社〜2社にしぼり、複数利用を伝えたうえで転職活動を進めるのがポイントです。

キャリアアドバイザーの手厚いサポートを受けられるよう、積極的で前向きな姿勢を見せることも大切でしょう。

転職エージェントの中でも大手に位置するエージェントは、複数利用のメリットを享受でき、デメリットを解決できる強みを持っています。有益な情報を多く入手し、転職の可能性を広げたいと考えている方は、ぜひ活用ください。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました