■業界・職種

【旅行業界・旅行会社からの転職】営業職からの転職先/異業種への転職についてプロが教えてます

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

旅行会社の営業職という表現を今回の記事では使いますが、「カウンターセールス」「添乗員(ツアーコンダクター)」「ツアープランナー」「アウトセールス」などを含めて本記事では「旅行会社の営業職」としてお伝えしていきます。

旅行業界から異業界への転職・キャリアアップは可能?

旅行会社の営業職が転職する事でキャリアアップすることは、可能です。

ただ、未経験分野は20代であれば転職活動におけるキャリアの選択肢が広がります。

一方で30代以降は経験者採用になるため、経験を活かす転職を視野に入れてください。

経験を転職活動に活かすことが難しい分、若いうちであれば人物面のポテンシャルが評価されますので、考え方や姿勢をしっかり整える必要があります。

外資系転職専門の【エンワールド・ジャパン】

グローバルタレントを求める企業の多様性に富んだ求人〜 エンワールドは日本国内にある約9割以上の外資系企業と取引があります。

※登録するためには、ビジネス英語以上 (TOEIC700点以上) 必須になります。※案件によっては日常会話レベル可のケースもあり※外国の方の場合は、日本語ビジネスレベル以上

旅行会社の営業経験者におすすめの職種は?

接客業全般約300〜400万円
営業職(個人)約250〜500万円
事務職約300〜350万円
営業職(法人)約400〜700万円
人事職(未経験)約300〜480万円
デジタルマーケティング約300〜500万円
SNSマーケティング分野約360〜500万円

上記は「旅行会社の営業職からの転職」における事例で、年収は目安になります。

経験を活かした転職でオススメの業界・職種は以下の4つです。

  1. 個人営業職<業界問わず>
  2. 法人営業職<業界問わず>
  3. 人事職<アシスタントや営業職経験後>
  4. 営業アシスタント<求人は少ない>

基本的には、営業職がお勧めです。

営業職の中でも特に法人営業であれば、土日休みの企業も多く、成果が給与に反映されます。

営業職への抵抗がある方や正直疲れてしまった方も多いとは思いますが、旅行業界よりは労働時間も短く、厳しいノルマも少ないのが特徴です。

不安な方は、まずは求人サイトや転職サイトに登録をして仕事を探してみるもの良いでしょう。

人事職は、基本的には「経験者」でないと転職が難しいポジションではありますが、過去「営業職での選考から人事職へポジションの変更」があり、内定を勝ち取った方がおりました。

専門性が高い分狭き門ではありますが、可能性があればお勧めです。

ただ、人事未経験の場合は「法人営業経験3年以上」を必須にしている企業も多いため、注意が必要です。基本的には、法人営業や人材業界の経験を積んで挑戦するのがメジャーです。

近年、人気の分野は「SaaS業界」です。求人も豊富にあるため、興味がある方は話を聞いてみるのも1つです。

旅行会社の営業職の平均年収

年齢平均年収男性平均年収女性平均年収
20代約328万円約334万円約325万円
30代約429万円約451万円約402万円

まず最初に自身の給与相場を把握しましょう。

旅行会社の営業職の仕事の平均年収は約400万円と日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。(dodaより)

旅行業界の営業職の離職率は?

旅行業界は仕事量が多い割に薄給なため離職率が高い業界です。

旅行業界は(特にカウンター営業)はシフト制なので連休が取りにくく、旅行が好きで旅行業界に就職したのに旅行に行けないという現実もあります。

もちろん、やりがいもたくさんある旅行業界ですが、ただ「旅行が好きだから」という理由だけでは通用しないのがこの業界です。

転職することは悪いことではないので、定期的に活動してみましょう。

主な転職理由

  1. 体力的に辛い
  2. 労働時間が多い
  3. 給料が不安定・給料に不満
  4. ノルマ達成がしどい、パワハラがある
  5. スキルアップが望めない

など多岐に渡ります。

1つお伝えしておくと、「旅行業界の営業職経験」は市場では高く評価されます。

転職理由の伝え方が大切

旅行会社の営業職から転職する方を数多く見てきましたが、傾向として転職理由がネガティブになる方があります。

上記のような理由で問題はありません。

労働環境がきつい、給料が低い、など現職への不満があるから転職をします。

ただ、ネガティブな転職理由をそのまま伝えると採用担当に悪い印象を与えてしまうため、伝え方がポイントになります。

企業として一番不安なのは、転職者が同じ理由でまた退職をしてしまう事です。

事例や例文はネットで検索することでヒットしますが、転職理由をポジティブなものにするのは中々難しいと思います。

無理に転職理由を考えてもありふれた一般論になってしまい、採用担当にも取り繕っていることが見抜かれてしまうからです。

そのため自分1人ではいい転職理由が思いつかないという人には、転職エージェントの利用をオススメします。

エージェントを利用すれば1人では対策のできない面接や志望動機の添削を行ってくれ、書類審査でも企業にプッシュしてくれるので採用確度が格段にアップします。

コロナの影響で転職希望者は増加

コロナの影響で「旅行会社の営業職からの転職」が増えています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)化や訪問回数の減少、コロナが落ち着きつつありますが、何かしらの専門スキルを高めたいというニーズが高まっています。

「事務職」への転職はあまり勧めないワケ

この記事を読んでいる方の中には事務職を希望される方もいるかと思いますが、転職エージェントの経験をからあまり事務職への転職はオススメできません。

理由は様々ですが、事務職は近年、正社員採用ではなく、派遣社員で雇用する企業が増えており、コロナをきっかけに「33%が派遣切りに遭った」とされるデータもあります。『2021年』派遣社員の実情調査実施 

また、収入面においても派遣社員の時給の全国平均は1,200円~1,300円程度といわれています。

求人ボックス:一般事務の仕事年収

もっとも、派遣社員といっても、勤務地や職種、求められるスキルによって時給の額は異なります。

高いスキルを求められる職種や、専門的な職種はそれだけ時給が高くなっています。

正社員の平均年収は約303万円で月給換算すると25万円、初任給は20万円程度が相場となるため、事務職よりは営業職の方が収入面でもキャリアの選択肢も広げることができます。

法人営業の仕事の平均年収は約428万円。月給で換算すると36万円、初任給は21万円程度が相場となります。

転職後に期待することの一つに長く働きたいという希望があるはずですので、そういった意味で、転職の繰り返しになるリスクがあります。

また、事務職などは競争率も高く、PCスキルが高くなければならないため「派遣社員」になってしまうためあまりおすすめできません。

管理職・マネージャー(営業系)は営業系の中ではやはり年収は、トップクラスによく、平均年収だと528万円前後

30代に差し掛かると平均年収は623万円にも達するようになり、高収入の職種の一つといっても良いでしょう。

営業職の経験は転職市場では高く評価されます。

事務職や派遣事務は「キャリアダウン」の可能性があります。

「労働時間の改善」を希望され、デスクワークをしたいから「事務職」という選択を考える方がいますが、少し立ち止まってから検討してください。

事務職へ転職してしまうとそこからより待遇の良い転職先を見つけるのが難しくなります…。

20代・30代であれば可能な限り多くの選択肢を取れる経験・キャリアを積むことをお勧めします。

IT業界の営業職・マーケティングへの転職は特におすすめ

IT業界は、効率的な営業活動や生産性向上を目指しているため、長時間の残業を良しとせず、メリハリをつけて仕事をしている方が多くいます。

45時間未満の労働時間、土日休みに加えて、リモートワーク、中抜け制度などを取り入れていたり、育休制度に力を入れている企業も多いため、先進的な働き方ができるでしょう。

結婚・出産などのライフイベントが訪れる中でも、働きやすく続けやすい職種なため、人気が高い業界です。

また、市場価値が高くなり、その後のキャリアにも繋がるのが特徴です。

広告業界・Web・マスコミ転職専門サービス【マスメディアン】

広告・マスコミ・PRなどの方が読む「宣伝会議」を運営しており、独自のコネクションを保有しています。

領域に特化していますので、SEOを含むWebメディアにも強みがあります。

広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数。 最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)が増加しています。 東京・大阪・名古屋・福岡・金沢と拠点は5つございます。

旅行会社の営業職から転職を検討している方へ

旅行会社の営業職から未経験職種(例:デジタルマーケティング職・人事職・企画書)に転職を希望する場合は、ほとんどが未経験業界・職種への転職になります。

書類選考の段階でお見送りになってしまったり、その業界や職種について詳しく知らなかったがゆえに、「思っていたのと違った」と、転職後ミスマッチに気づくケースも実際多いため注意が必要です。

転職の成功率をあげながら、自分にフィットして長く働ける企業に出会うためには、「転職のプロ」である転職エージェントの活用をオススメします。

転職エージェントには、各業界や職種のあらゆる転職情報が集まっており、あなたの志向性や実現したいキャリアに合った業界・職種・企業の提案をしてもらえます。

また、企業の担当者から直接「こんな人が採用したい!」という情報を仕入れているので、内定率を高める企業別の面接対策も実施してもらえるので内定率もアップします。

さらに企業とのやりとりや面接日程などの調整も代行してくれるので、忙しくなかなか転職活動に時間が割けないという方にもオススメです。

とはいえ、エージェントによっては、偏った求人の提案をされたり、必要以上にプッシュされるというケースもあるので、見極めが正直必要ではあります。

 旅行会社の営業職から転職するための3step

旅行会社の営業職が異業種に転職する際、あらかじめ転職活動のコツを知っておくことで、転職が成功する可能性が大きく上がります。

ここからは、転職活動で気を付けるべき3つのポイントを紹介していきます。

  1. 転職理由を明確化にする
  2. 旅行会社の営業職で得られたスキルは何かを言語化する
  3. 転職エージェントを活用する

1step. 転職理由を明確化しよう

まずは、なぜ転職をしたいのかはっきりとした理由を明確にしましょう。

なぜなら、旅行会社の営業職から転職をする方の多くは、現職に対して不満があるというのが理由です。

拘束時間の長さや体力的な負担の大きさを理由に、旅行会社の営業職を辞める人が多い傾向にあります。

その理由を持つことはもちろん問題ありませんが、面接で転職理由を話す際に前職のマイナス面ばかりを伝えてしまうと、あまり印象が良くないことも明らかです。

そのため、転職理由は相手にポジティブな印象を与えられるよう言い換えることが重要になります。

例えば、次のような転職理由は面接官にポジティブに伝わりやすいでしょう。

  • 「今後を見据えたうえで成長のために転職を決意したい」
  • 「旅行会社の営業職の経験を活かし、新しい仕事にチャレンジすることで人や社会貢献がしたい」

職場への不満を上記のような転職理由に言い換えることで、「目的のある転職を決断できる人」「成長意欲が高い人」という印象を与えることができます。

2step. 旅行会社の営業職で得られたスキルは何かを言語化してみよう

旅行会社の営業職からの転職を成功させるポイントは、自分が積み重ねてきた”営業”としての経験を転職活動で言語化することです。

また、「自己PRは企業が自分に期待していること」「自分が企業にどのような価値を提供できるか」の2点を意識して伝えるのがベストでしょう。

旅行会社の営業職の経歴のアピールに有効な自己PRとしては、次のようなものが挙げられます。

  1. 来店するお客様と細やかな気配りをするコミュニケーションが取れる
  2. お客様の悩みに寄り添い、最適な解決策を提案する傾聴力・提案力がある
  3. 数字達成意欲

これ以外にも、日々の業務を通して得たスキルなど、経験に応じて様々な自己PRが可能です。

まずは自分のアピールポイントを知るために、紙に書き出して整理してみましょう。

3step. 転職エージェントを活用しよう

ここまで、旅行会社の営業職からの転職するときのポイントや、転職先におすすめの職種を紹介しましたが、ここまでお話ししたすべてを自分ひとりだけで行うことはかなり難しいです。

特に、労働時間が長く、ノルマもあり、休日数が少ない職場も多い旅行会社の営業職の場合は、求人に応募し、応募書類を作成する時間も取りづらくなります。

旅行会社の営業職からの転職に失敗してしまう方は以下のような方が多いため、対策をしないまま転職活動に踏み切ることはリスクが高いと言えるでしょう。

  • 「きちんと準備をしないまま転職活動を始めてしまい、情報不足や焦る気持ちから満足の行く転職ができなかった。」
  • 「自分に合った仕事が分からないまま転職してしまい、結果的に早期離職してしまった。」
  • 「営業としての経験やスキルをうまくアピールできず、転職活動そのものに嫌気がさしてしまった。」

上記のような失敗を防ぐためには、転職活動を手厚くサポートしてくれる転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは、旅行会社の営業職としての経験や強みを理解したうえで、最適な就職先を紹介してくれる転職のプロです。

また、求人の選び方だけではなく、書類選考や面接対策のサポートをしてくれます。

そのため、自分ひとりで転職活動を行うより、転職に成功する可能性が上がるでしょう。

職務経歴書に記載ポイント

成果がイメージできる「実績」を記載する

実績」は、売上、売上達成率、成約件数、リピート率、注力商材の購入数・率などが挙げられます。

それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。

営業の素養が求められる求人に応募する場合は特に「実績」をアピールすることが有効です。

求められる知識やスキルは企業によって異なるので、求人情報に目を通した上でマッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

記載例)
・年間売上実績〇〇万円(年間売上目標〇〇万円 達成率:〇〇%)10名中2位の実績
・成約件数実績●件(年間成約目標●件 達成率:〇〇%)全社平均成約数▲件

職務経験のレベル感が伝わる「知識・スキル」を記載する

顧客へのヒアリング力やプレゼンスキルなどは、営業系の職種に応募する際にアピールポイントになります。

応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」をアピールしましょう。

旅行会社の営業職からの転職におすすめなエージェント

この章では、旅行会社の営業職からの転職でおすすめしたい転職エージェントを以下の2通りに分けてご紹介します。

  • 5-1. 総合型転職エージェント
  • 5-2. 業界特化型転職エージェント・サイト

また、ここでは旅行会社の営業職からのおすすめの転職エージェントを以下の観点でご紹介します。

選定基準

  • 求人数・質
    …経験を活かすことのできる仕事の求人の量や質は十分かどうか
  • 提案力
    …求職者のニーズにぴったりの提案をしてくれるかどうか
  • サポート力
    …コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

それでは順に見ていきましょう。

5-1. 総合型転職エージェント

業界・業種を問わず、旅行会社の営業職からの転職を考えている人におすすめしたい転職エージェントは以下の通りです。

転職
エージェント
特徴
エンワールド・ジャパン外資系に特化した支援(登録制限なし:無料)
リクルートエージェント求人数No.1を誇る業界最大手の転職エージェント
(登録制限なし:無料)
【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】
管理部門に特化した大手転職エージェント
(登録制限なし:無料)
【地方支援に特化】全国対応全国各地域の⾦融機関との提携による独⾃ネットワークにより、地元優良企業の⾮公開求⼈を数多く所有
(登録制限なし:無料)
広告・Web業界の各職種、宣伝・広報担当の求人多数!
広告・広報・Web業界に強みがあるエージェントです。クリエイティブ職種にも強みがあります。(登録制限なし:無料)

旅行業界からの転職で重要になること

旅行業界(特に接客販売営業経験)から転職する上で大切になるのが「年齢」です。

転職市場全体として、一定の年齢を越えると同じ職種でも応募できる求人が一気に減ります。

他の業界に転職を考える場合は、基本的には業界未経験になりますので、28歳のうちに転職を考えておくと良いでしょう。

28歳までの転職回数は、2回までが望ましいとされています。

転職回数が多い場合は、書類選考が通りづらいため、転職エージェントの活用や複数の転職サイトの求人を応募することをお勧めします。

30代以降の場合は、給与や働き方のトレードオフが発生します。

収入などを落とさないことを考えると30代以降の場合は、完全な未経験職種への転職は難しくなります。

転職活動が難航している場合は、経験が活かせる職種や業界への転職も1つです。

転職や退職を伝えるタイミング

一般的に、転職・退職の意思を伝えるタイミングとして適切なのは、退職の1〜3ヶ月前が相場です。

法律上は2週間で退職できると定められていますが、会社によって『1ヶ月前まで』『2ヶ月前まで』と規定していることもあります。

就業規則よりも法律の方が効力が強いので、2週間前に伝えて強引に辞めても問題はありませんが、可能であれば繁忙期や携わっている案件が中途半端な状態は避けるなど、配慮することも必要でしょう。

履歴書・職務経歴書の準備

履歴書や職務経歴書の作成は非常に重要です。

旅行業界からの転職は増えており、転職先で志望する職種によって通過率が変わってきます。

通過率が20%未満(10社エントリーをして2社以下の通過)と低い場合は、

  1. 転職先の採用レベルが高い
  2. 未経験応募のため、企業が求めるスキル経験がマッチしていない
  3. 書類の内容が薄い などの可能性が考えられます。

選考を進める上で重要な書類となりますので、しっかり準備することをお勧めします。

すでに転職エージェントを活用している場合は、求人とのミスマッチが考えられるため、応募する企業を再度確認する必要があります。

エージェントを利用していない場合は、様々なサービスを利用できるため転職エージェントを活用することもお勧めです。

ここで元転職エージェントとしてご紹介したいのが、大手エージェントではなく、個人向けい営業からの転職支援に特化をしているエージェントです。

旅行業界の支援に特化した転職エージェントを活用するメリット

元エージェントとして大手よりも手厚く良いサービスがないか探していたところ、該当する企業が見つかりました。

大手エージェントは求人数が多い魅力がありますが、一方で担当するアドバイザーによって受けられるサービスや通過率は変わってきます。

大手エージェントを利用しており、転職活動が上手くいかない場合は、サービスを変更する、ないしは担当アドバイザーの「担当変更」をおすすめします。

特化型エージェントを利用するメリットについて説明します。

自分に合った求人・企業を確認しやすい

転職サイトでは、求人企業の求人を一覧で確認することができます。

一件一件、企業のホームページに求人があるかを確認することに比べると大幅に労力を削ることができます。

転職サイトでは、他の求人と比較しやすいのがメリットです。

労働時間や給与水準などを見比べやすいので、自分に合った求人を選ぶことができます。条件の絞り込みをすれば、自分に合った条件の求人のみを抽出することもできます。

一方で、転職サイトに掲載されている表面的な情報だけでは、企業の内情を詳しく知ることはできません。

面接に行く以外判断が難しいと思いますので、その場合は転職エージェントの活用が良いでしょう。

転職エージェントでは、自分の希望や経歴・スキルに合った求人紹介が可能です。

その結果、自分では思いもつかなかったような好条件の求人に出会える可能性もあります。

担当者があなたの強みを採用担当者へ推してくれる

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がつきます。

転職の日程調整、面接対策や書類添削のサポートを行います。

優秀なエージェントを味方につけることができれば、エントリーをした後に、応募条件に足りないスキル経験があったとしても内面や「なぜ応募したのか」企業の採用ニーズに合わせたアピールを採用担当に行います。

直接応募、転職媒体で書類審査で不採用になってしまうケースも、キャリアアドバイザーのサポートで面接まで漕ぎつけることができる可能性があります。

履歴書や職務経歴書を添削してもらえる

転職活動では履歴書や職務経歴書が非常に大切です。

転職は即戦力採用となるため、新卒の就職活動より厳選します。

そのため、履歴書や職務経歴書が魅力的ではなければその時点で落とされてしまいます。

書類審査は、第一関門ともいえます。

転職サイトで経験豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けることで、企業ごとに合わせた内容、どのような内容を記載すれば良いか、どうすれば会ってみたいと思ってもらえるかなどアドバイスをしてもらえるのはメリットです。

面接の練習をしてもらえる

転職エージェントを活用することで、面接の練習を行います。

書類審査に通ったのにも関わらず、面接で上手く話せずに落とされてしまうのは、もったいないといえます。

面接のお見送りで多いのは、圧倒的な練習不足です。

結論から話をすることができない場合や会社のビジネスモデルや事業内容を把握せずに望む、準備不足でのお見送りが挙げられます。

新卒時の就職活動よりもシビアに見られるので、きちんと練習して臨むべきといえるでしょう。

旅行業界業界から転職を検討している方へ

いかがでしたでしょうか。就職エージェント、転職エージェントの経験を活かした情報などをお伝えさせていただきました。

面接対策は準備で全てが決まります。

転職エージェントを活用している場合は、面接対策をしてもらうようお願いをする、もしくは担当変更をしてもらうのも1つです。

各転職サイト限定の非公開求人もありますので、いくつかの転職サイトに登録して自分の希望に合った求人に応募してみてください。

特に転職活動が初めての方、転職を強く希望する方、現職が忙しくて転職活動に時間が割けない方は、転職エージェントを活用して効率的な転職活動にしてください。

大手エージェントを悪くいうつもりはありませんが、通過率が低いなと感じる場合はサービスを変更するのも1つかもしれません。

旅行業界から転職であれば様々なヘッドハンターが利用している「ビズリーチ」や若手支援に定評があるリクルートエージェント(登録無料)の利用をおすすめします。

20代〜30代:コンサルティングファームへの転職に強い【MyVision】

MyVisionはアクセンチュアやBIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)といった 外資系コンサルティングファームや ベイカレントコンサルティングといった国内の人気ファームへの転職支援が強い コンサル業界特化の転職エージェント

※コンサルティングファームは「学歴フィルター」があるため、大学卒・GMARCH以上の学歴が必要となります。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました