■業界・職種

【医療機器メーカーに未経験で転職するには?】失敗しない求人の選び方・面接対策・気になる年収・転職難易度

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

医療機器メーカーへの転職・就活が人気の理由

医療機器メーカーへの転職が人気の一つの大きな理由は、業界特有の「年収」の高さにあります。医療機器は高度な技術を要し、専門知識を持ったプロフェッショナルを必要とするため、そのスキルと知識に対して高い報酬が支払われます。また、医療技術の進展により市場が拡大していることもあり、安定した収入源となります。

加えて、「働きやすさ・福利厚生」の面でも、医療機器メーカーは魅力的な職場とされています。多くの企業では、従業員の健康やワークライフバランスを重視した取り組みを行っており、柔軟な勤務時間、在宅勤務の選択肢、健康管理のサポート、充実した休暇制度など、従業員が安心して長く働ける環境を提供しています。

医療機器メーカーへの転職が人気である理由は、高い年収の提供とともに、働きやすさと充実した福利厚生にあり、これらが組み合わさることで、多くの人々にとって魅力的なキャリアパスとなっています。

医療機器メーカーの営業職の主な仕事内容

医療機器メーカーの営業職は、最先端の医療機器や製品を病院やクリニックなどの医療施設に提案し、販売を促進する役割を担います。

主な仕事内容には、新規顧客の開拓、既存顧客との関係維持、製品デモンストレーションの実施、医療従事者への製品説明会や研修の企画・実施が含まれます。

さらに、市場ニーズの把握や競合分析を通じて、製品開発部門へのフィードバックを提供し、製品の改善や新製品開発のための情報を収集することも重要な任務です。医療機器の営業職は、医療現場のニーズを理解し、それに応えることができる製品を提案することで、医療の質の向上に貢献します。

  1. 製品の販売促進活動
    新製品の販売計画や販売戦略を立案し、医療機関や医療従事者に向けた販売促進活動を行います。
  2. 顧客対応
    顧客の要望や問題に対して的確に対応し、顧客満足度の向上を目指します。
  3. 営業戦略の立案
    営業計画や販売目標の設定、市場調査や競合分析などを行い、営業戦略の立案を行います。
  4. 販売先開拓
    新規の販売先を開拓し、新規ビジネスの創出を目指します。
  5. デモンストレーション・トレーニングの実施
    製品のデモンストレーションやトレーニングを行い、顧客の製品理解度を向上させます。
  6. 契約交渉
    契約条件の交渉や見積書の作成などを行い、契約締結を目指します。
  7. 販売データの分析
    販売実績や市場動向を分析し、販売戦略の改善や顧客サポートの強化などに活用します。

以上のような業務が主な営業職の仕事内容です。製品の専門知識や医療業界の動向にも精通していることが求められます。

医療機器メーカーの営業職、主なKPIについて

医療機器メーカーの営業職において、KPI(Key Performance Indicators)を知ることで、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

  • 売上高
  • 製品別販売数
  • 新規顧客開拓数
  • 既存顧客のリピート率
  • 顧客満足度

以上のようなKPIを基に、営業職は販売目標の達成や業績向上に向けて、営業戦略の改善や販売活動の最適化を行っていきます。

医療機器メーカー:代表的な企業

医療機器メーカーの代表的な企業を知ることは、面接で非常に役立ちます。

まず、業界のリーディングカンパニーとその製品を理解することで、市場動向や業界内の競争状況に対する深い洞察を得ることができます。面接時に自分の意見や分析を具体的な例を挙げて語ることが可能になり、業界への関心の高さや知識の豊富さをアピールできます。

また、代表的な企業の事業内容や技術革新、市場戦略を理解することで、面接官に対して、自分がどのようにその企業に貢献できるか、特定の課題にどのように取り組むかといった具体的な計画や提案を提示することができます。こ

外資・内資問わず「メドトロニック」「ジョンソン&ジョンソン」「フィリップス」「オリンパス」「富士フイルム」「キヤノン」「テルモ」などの企業は就活・転職市場において人気といえます。

製造・メーカー・医療業界の転職に強い【コトラ(KOTORA)】

医療機器メーカーの主な職種

医療機器メーカーには多くの職種があります。

以下は、医療機器メーカーにおける一般的な職種の例です。

エンジニアリング職種

製品設計、試作品の開発、製造プロセスの改善などを担当する技術者の職種。

品質保証・品質管理職種

医療機器の品質管理、検査、規制対応を担当する職種。

研究開発職種

新製品の研究開発を担当する職種。

マーケティング職種

製品のマーケティング調査、販売戦略の立案、マーケティングプランの実施を担当する職種。

セールス職種

製品の販売を担当する職種。

サポート職種

顧客の問い合わせやトラブルシューティング、修理などのサポートを担当する職種。

コンプライアンス職種

製品や会社が法的、規制上の要件を満たしていることを確認する職種。

経営管理職種

会社全体の戦略立案、経営管理を担当する職種。

これらは一般的な職種の例ですが、医療機器メーカーによっては、異なる職種が存在する場合があります。

医療機器メーカーへ転職する場合、主な職種は「営業職」「マーケティング職」「サポート職」になります。

医療機器メーカーとMRとの違い

医療機器メーカーとMRの違いは、以下のような点があります。

業務内容の違い

医療機器メーカーは、医療機器を製造・販売する企業であり、製品の設計、製造、品質管理、販売などの業務を行います。一方、MR(医薬品営業担当者)は、医薬品メーカーが販売する医薬品の販売促進を行うため、医師や薬剤師などの医療関係者を訪問し、製品情報を提供する営業職です。

対象商品の違い

医療機器メーカーは、医療機器を製造・販売する企業であるため、医療機器が対象となります。

一方、MRは、医薬品メーカーが販売する医薬品が対象となります。

業界の違い

医療機器メーカーは、医療機器を製造・販売する企業であり、製造工程や品質管理、法規制などが重要な業界です。

一方、MRは、医療用医薬品の販売促進を行う業界であり、販売先である医療機関や医療関係者とのコミュニケーションが重要な業務となります。

職種の違い

医療機器メーカーには、エンジニアリング職種や品質管理職種、マーケティング職種、セールス職種など、多様な職種があります。一方、MRは、医薬品営業担当者としての職種が主なものとなります。

以上のように、医療機器メーカーとMRは、業務内容や対象商品、業界、職種などに違いがあります。

医療機器メーカーの営業職、平均年収は?

医療機器メーカーの営業職の平均年収は、業界や職務経験年数、地域などによって異なります。

一般的には、新卒の場合は400万円程度からスタートし、5年以上の経験がある場合は700万円程度から1000万円以上になることがあります。

ただし、役職や業績に応じて高年収となることがあります。

また、業界の中でも特に高額な報酬を受け取る職種としては、セールスエンジニアや海外営業などが挙げられます。

ただし、これらの数字はあくまでも一般的な傾向であり、具体的な金額については、企業や職種、個人の実績などによって大きく異なる場合があります。

医療機器メーカーへの営業職、前職の経験は?

医療機器メーカーの営業職に転職する場合、前職は、医療機器メーカーや医療関連企業での営業職、または製薬メーカーなど医療業界に関わる企業での営業職が多いです。

他にも、メディアや広告業界での営業職、コンサルティング業界での営業職、商社での営業職、IT企業での営業職など、営業職経験がある方が転職をすることが多いです。

また、特に高度な医療機器の知識や技術を必要とする製品の場合、それらの分野での専門知識を持つ方が転職をしていることもあります。

ただし、医療機器メーカーにおいては、製品の専門知識や医療業界の知識が求められるため、それらの分野に携わった経験がある方が優遇される傾向にあります。

未経験で医療機器メーカーの営業職への転職は可能?

未経験から医療機器メーカーの営業職に転職することは可能ですが、厳しい競争があります。

営業職は企業の収益に直結するため、求められるスキルや経験は非常に高く、医療機器メーカーの営業職も例外ではありません。

ただし、転職者が求められるスキルは、製品知識や医療業界の知識など、医療機器メーカーの業界特有の知識・経験よりも、営業経験や営業スキルなどの一般的な営業職での経験が重視される傾向があります。

また、企業によっては新卒採用者の採用を前提としており、未経験者への採用が難しい場合もあります。

そのため、未経験から医療機器メーカーの営業職に転職する場合は、医療機器メーカー業界の特性や製品について積極的に学び、資格取得や業界イベントへの参加などを通じて、自己アピールすることが必要です。

また、営業職の経験を積むことで、営業スキルやビジネスマナーを身につけることも重要です。

最終的には、求人情報をしっかりとリサーチし、自己PRを行い、内定を勝ち取ることが求められます。

医療機器メーカーの営業職、働き方は?

医療機器メーカーの営業職の働き方は、以下のような特徴があります。

出張が多く・忙しい

営業職は、製品の提案やデモンストレーションのために、医療機関を中心に出張が多くなります。出張先は、自社の担当エリアから全国や海外になる場合もあります。

また、医療機器メーカーは、法規制の厳しい業界であり、製品の開発や販売には多大な時間と労力が必要です。

営業職も、販売目標達成のために非常に忙しく働くことが多いのが特徴です。

一方で、医療機器メーカーの中には、ワークライフバランスに配慮した働き方を尊重する企業もあります。

在宅勤務やフレックスタイム制度、育児休業制度など、社員のライフスタイルに合わせた働き方を推進している企業もあります。

製品知識や医療業界の知識が求められる

医療機器メーカーの製品は、医療分野において安全性が最優先されます。営業職にも製品の専門知識や医療業界の知識が求められます。

以上のような特徴がありますが、企業によっては異なる場合があります。

また、医療機器メーカーにおいては、製品の特性上、コンプライアンスに関する厳しい規制が存在するため、それに沿った業務遂行が求められます。

未経験で医療機器メーカーの営業職への転職、転職活動はどのように進めればいい?

未経験から医療機器メーカーの営業職に転職する場合、以下のような転職活動を進めると良いでしょう。

医療機器メーカー業界についての情報収集

医療機器メーカー業界についての知識や業界の特性について理解することが重要です。

業界紙やウェブサイト、業界イベントなどを通じて情報収集を行い、業界の最新情報や製品について理解を深めましょう。

求人情報のリサーチ

転職サイトや求人誌、企業のホームページなどから、未経験者歓迎の求人情報をリサーチします。特に、新卒採用者の募集を行っている企業や、未経験者採用に積極的な企業を中心に探してみましょう。

履歴書・職務経歴書の作成

未経験者であるため、営業職としての経験がない場合でも、過去の経験やアルバイト経験、学生時代の活動など、営業職に必要なスキル・経験をアピールすることが大切です。

履歴書・職務経歴書を作成する際には、自分の強みや価値を明確に示し、アピールポイントをしっかりと伝えましょう。

企業の採用プロセスによっては、エントリーシートの提出が必要な場合があります。企業が求める人物像や志望動機について、具体的に説明しましょう。

面接対策の準備

面接対策をしっかりと行い、自分のアピールポイントや志望動機を伝えることが重要です。医療機器メーカー業界に関する知識やビジネスマナーについても、事前に学習しておくことが望ましいです。

以上のように、医療機器メーカーの営業職に転職するためには、情報収集から転職活動を進めることが大切です。

金融・製造・ハイクラス転職に強い【コトラ(KOTORA)】

ハイクラス向けの転職サービスです。業界・職種としては、金融・コンサルが最も多く、次いでIT・事業会社・製造業関連が中心のサービスです。

業界経験者が注目・利用するサービス

質の高い転職支援に定評がある【ジェイエイシーリクルートメント】

両面型の転職サービスで、様々な業界・職種へのて支援に定評があります。

年収800万円~1500万円以上の支援に強みがあります。

医療メーカーのまとめ

未経験から医療機器メーカーの営業職に転職する場合、難易度は比較的高いと言えます。

医療機器メーカー業界は、厳しい法規制がある上に、製品の開発や販売には多大な時間と労力が必要なため、企業側からも、経験やスキルを持つ人材を求める傾向があります。

そのため、未経験者が医療機器メーカーの営業職に応募する場合、求人数に対して応募者数が多くなるため、競争が激しくなります。また、求められる専門知識や経験が高いため、採用担当者からの採用基準も厳しくなる可能性があります。

しかし、最近では、未経験者を積極的に採用する企業も増えています。

新卒採用者に対する研修や、OJTなどの研修制度を充実させている企業もあります。また、自己アピールやインターンシップなどを通じて、企業に興味を持っていることをアピールすることで、採用の可能性がある場合もあります。

そのため、未経験者でも、業界や企業について熟知し、自己アピールをしっかり行い、転職活動を進めることで、医療機器メーカーの営業職に転職可能性も高まります。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
Recommend
こんな記事も読まれています!
記事URLをコピーしました