■コラム

【マネージャーが辞める時はどんな時!?】転職理由や組織の状態についてプロがお伝えします

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

マネージャーが辞める時はどんな時!?

マネージャーが辞める理由や組織の状態は様々ですが、以下に一般的な例をいくつか挙げます。

  1. 業績が悪い
    マネージャーは組織の業績を向上させる責任があります。業績が悪くなり、改善が見込めないと判断された場合、マネージャーは責任を取って辞めることがあります。
  2. 組織文化の不一致
    マネージャーは組織文化を形成する上で大きな役割を持っています。組織文化が自身の価値観や信念と合わない場合、マネージャーは辞めることがあります。
  3. 仕事のミスマッチ
    マネージャーが自身のスキルセットやキャリア目標に合わない仕事を担当している場合、仕事に不満を感じることがあります。この場合、マネージャーは他の組織で自身に合った仕事を見つけることがあります。
  4. 給与や福利厚生の問題
    マネージャーは組織の中でも高いポジションにありますが、給与や福利厚生が不満足な場合、転職することがあります。
  5. 個人的な理由
    マネージャーが家族のために地方に移住する、または留学するなど、個人的な理由によって辞めることがあります。

組織の状態については、マネージャーが辞める理由によって異なります。しかし、一般的に組織が不安定な場合、マネージャーは組織の将来に対して不安を感じることがあります。

また、組織の中でのポジションや役割の変更が頻繁に起こる場合、マネージャーは組織の方向性や目的について不明確だと感じ、辞めることがあります。

マネージャーが辞めたら何がヤバい!?

マネージャーが辞めることが組織に与える影響は大きく、以下のような問題が生じる可能性があります。

  1. チームの混乱
    マネージャーが辞めると、そのチームはマネージャー不在の状態に陥ります。チームメンバーが誰がリーダーシップをとるか、またはどのように仕事を進めるかについて混乱が生じる可能性があります。
  2. 生産性の低下
    マネージャーが辞めると、チームの生産性に悪影響が及ぶことがあります。マネージャーが持っていたリーダーシップ、指導力、経験、知識を失うことになるため、仕事の進め方や問題解決の方法、業務の優先順位などが定まらず、生産性が低下する可能性があります。
  3. チームメンバーの不満
    マネージャーが辞めると、チームメンバーの不満が生じる可能性があります。マネージャーが人事や福利厚生などの問題を管理していた場合、チームメンバーは自分たちの問題が解決されなくなることに不満を感じるかもしれません。
  4. 人材流出のリスク
    マネージャーが辞めることで、そのマネージャーが持っていた知識や経験、人脈などが失われるため、チームメンバーが別の組織に転職する可能性があります。これにより、チームの人材流出が進むことになります。
  5. 組織の信頼性の低下
    マネージャーが辞めると、組織全体の信頼性に影響が及ぶ可能性があります。マネージャーが辞める理由が、組織の問題や不安定な状態に関連している場合、組織の信頼性が低下することになります。

以上のように、マネージャーが辞めることは組織に様々な影響を与えるため、組織はマネージャーの辞任を予防するため、人材の育成や福利厚生の充実、チームの意識向上な

マネージャーが辞める時はいつから転職活動をしている?

転職活動を開始するタイミングは、個人の状況や目的によって異なります。一般的には、1〜3ヶ月前にマネージャーが辞める時から転職活動を開始する場合が多い傾向があります。

  1. 職務内容に不満がある場合
    マネージャーが現在の仕事に不満を感じている場合、転職活動を開始することがあります。職場環境や待遇など、自分のキャリアに合わないと感じた場合には、早めに転職活動を始めることが多いです。
  2. 直属の上司に不満を持った場合
    チームや組織の状態は、直属の上司のカラーが出ます。そのカラー等に合わない場合は、マネージャーは転職活動をする傾向があります。
  3. キャリアアップを目指す場合
    マネージャーがキャリアアップを目指す場合、転職活動を開始することがあります。自分のスキルや経験を活かし、新しい職場で高いポジションを得ることを目指す場合には、早めに転職活動を始めることが多いです。

マネージャーが辞める時のほとんどは直属の上司が原因

マネージャーが辞める原因のほとんどが直属の上司が原因であるということは、一般的にはそういう傾向があると言われています。この理由には、次のようなものが挙げられます。

  1. コミュニケーション不足
    直属の上司とのコミュニケーションが不足している場合、マネージャーは自分の意見や考えを上司に伝えることができず、ストレスを感じることがあります。また、上司からのフィードバックが不十分な場合にも、マネージャーは自分の成長を実感できず、やる気を失うことがあります。
  2. 上司との価値観の不一致
    直属の上司との価値観の不一致がある場合、マネージャーは自分のやりたいことや目指す方向性を実現できないことがあります。また、上司の決定に納得できない場合にも、マネージャーはストレスを感じることがあります。
  3. マネジメントスタイルの不一致
    直属の上司とのマネジメントスタイルの不一致がある場合、マネージャーは自分のやり方を実行することができず、ストレスを感じることがあります。また、上司のマネジメントスタイルに合わない場合にも、マネージャーはやる気を失うことがあります。
  4. 待遇面の不満
    直属の上司が給与や福利厚生などの待遇面で不公平な扱いをしている場合、マネージャーは不満を感じることがあります。また、上司がマネージャーの仕事や貢献度を適切に評価していない場合にも、マネージャーは不満を感じることがあります。

以上のような理由があるため、直属の上司との関係が悪化すると、マネージャーが辞める原因となることがあります。

マネージャーが辞めたら部下はどうする?転職活動をすべき?

マネージャーが辞めた場合、部下は以下のようなことを考える必要があります。

  1. 新しい上司とのコミュニケーションを取る
    新しい上司が決まったら、早めにコミュニケーションを取ることが重要です。自分の仕事や役割、目標などを上司に伝え、円滑な業務遂行を図るようにしましょう。
  2. 組織の状況を理解する
    マネージャーが辞めた理由や、新しい上司の考え方、組織の方針などを理解することが重要です。これらを理解することで、部下は自分自身の役割や仕事の進め方を適切に判断することができます。
  3. 自分のキャリアプランを再考する
    マネージャーが辞めたことをきっかけに、自分自身のキャリアプランを再考することが必要です。今後どのようなキャリアアップを目指すのか、どのようなスキルアップが必要なのかを検討しましょう。
  4. 転職活動を検討する
    新しい上司との相性が合わず、仕事のストレスがたまり続ける場合は、転職活動を検討することも必要です。しかし、転職を決める前には、しっかりと自分自身のキャリアプランや転職先の企業を検討し、よく考えることが重要です。

以上のように、マネージャーが辞めた場合は、部下自身が自分自身のキャリアプランを再考し、組織や新しい上司とのコミュニケーションを大切にし、必要に応じて転職活動を検討することが重要です。

独自の審査基準に基づき業務提携

ユーザーの方に高品質なサービスを届けるため、精通した転職サービスを掲載しております。

ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』
20代・30代の転職なら【doda】転職エージェント
年収500万円以上の転職支援に特化した転職エージェント
20代ハイクラス層転職支援に特化した転職サービス
コンサルティングファーム支援に特化した転職エージェント
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
転職後平均年収950万円以上(2021年4月時点/ハイクラス会員のみ)
ハイクラス会員制転職サービス『リクルートキャリア』
デジマ/マーケティング/クリエイティブ業界に特化した転職エージェント
外資系支援に特化した転職エージェント
金融/コンサル/経営幹部支援に特化した転職エージェント
管理部門支援に特化した転職エージェント
不動産業界に特化した転職エージェント
弁護士/士業に特化した転職エージェント
【地方求人数No.1】地方転職に特化した転職エージェント
100%自社内開発ITエンジニアに特化した転職エージェント
ハイクラスITエンジニア専門転職サービス
  • 特定の業界/職種への支援に精通し、支援実績などのエビデンスの提出が可能なサービスかどうか
  • サービスの利用、サービスを運営する企業へ直接訪問等を行い、ユーザーにとって良いサービスを提供できるかどうか
  • 転職支援のプロからみても、サービスに定評があるか など

独自基準をクリアした”転職サービス”を掲載していますので、よろしければご活用ください。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

年収500万円以上の厳選求人が 10万件以上
若手ハイクラススカウト:大手多数
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
コンサルティングファーム支援に特化
過去問・解答集プレゼント:相談はこちら
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
大手一流・外資系・グローバル企業など求人数20万件以上
求人を探す
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました