■業界・職種

専門家監修【経理の転職】面接対策・気になる年収・転職難易度・キャリアアップ・成功するためのノウハウを教えます!

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

この記事では、経理の転職を考えている方に向けての転職ノウハウをお伝えしています。

経理の転職に有利な時期はズバリ1月~2月

経理として転職を成功させるには、求人案件が多い時期を選ぶのが1つのポイントです。

経理担当者の繁忙期は、決算の対応をしなければならない3月から5月にかけて、社会保険や労働保険などの申告期限が到来する7月・年末調整絡みの業務に追われる12月から1月といえます。

そのため、企業が経理職の求人を出すタイミングは、繁忙期の2~3か月ほど手前が多く、1~2月あたりに求人募集を始めるスケジュールを組む企業が多くなります。

もちろん1年を通してどの時期でも経理として転職できますが、求人案件が多い時期を狙った方がより希望に沿った転職先を見つける確率は高まるでしょう。

経理職の面接対策

一次面接・二次面接と最終面接は、応募者を見極めるにあたって重視されるポイントが異なります。

経理担当者としてのスキルやこれまでのキャリアの確認とマッチングの判断は一次面接・二次面接で行われます。

最終面接はその企業で働いていくためのスキルや経験を持った人物について行われるものであり、入社後のキャリアビジョンや入社意欲の確認が主な目的です。

キャリアビジョンについて質問された場合には、“経理担当者として業務に邁進しながら、いずれは財務にもチャレンジしてみたい”といったよう、経理職の延長線上に具体的な目標を据えた回答を用意しておきましょう。

応募先企業の情報および、業界について再確認しておく

まずは、応募先企業の情報および、業界について再確認しておくことです。

“なぜ、この会社でなくてはならないのか”を問われた際の受け答えがぼんやりしているようでは、面接官にネガティブなイメージを与えてしまいます。

応募先企業や業界の情報をしっかり取り込んだ受け答えができれば、それだけ入社意欲が高い人物であり、長く働いてくれるだろうと評価されやすくなります。

逆質問の準備をしておく

面接では必ず逆質問が存在します。“何か質問はありますか”と聞かれた際の質問を用意しなければなりません。ここで“特にありません”と答えてしまえば、その企業に興味がないように思わせてしまうため注意が必要です。

その企業について、質問できる最後のチャンスであり、自己アピールできる最後の場となるのです。自発的な発言を求められる場でもあるため、コミュニケーション能力を確認されているとも理解しておきましょう。

経理転職:平均よりも高い給与をもらうために、何をすればよいのか

会社によって昇給水準は異なりますが、一般的には管理職を目指すことで年収アップにつながります。

基本給が上がるだけでなく、主任・係長・課長・部長それぞれの役職手当がつくことで、平均以上の年収になるでしょう。ただし、課長職・部長職のポジションは少ないため、狭き門を狙うことになります。

一般職と比較して、管理職や幹部の重圧は非常に大きくなるため、プレッシャーやストレスに耐えられる精神力も求められます。

もし、マネジメント業務に携わりたくない場合は、税理士などの資格を取得し、専門職として携わるという方法も選択肢のひとつです。

年収600万円以上の高年収求人の特徴を紹介します。

決算業務経験とマネジメント経験が求められる

年収600万円以上の経理求人で、最も必要とされているスキルが決算業務です。

9割以上の求人で決算業務経験を重視しています。決算業務を重視する企業の中で、約半数が「3年以上の年次決算」経験を求めています。

さらに、「マネジメント業務あり(入社後すぐ・前提)」の求人が7割以上で、「マネジメント経験不要」の求人は3割以下となります。

平均年収以上の求人では、「決算業務」と「マネジメント業務」の経験が重視されていることが分かります。

経理職の求人は少ないため、複数の転職サービスの利用をおすすめしています。また社風・カルチャーといった部分はわかりづらいため、企業情報を持つ転職サービスの利用を検討してください。

業界の最大手である「MS-Japan」・金融メーカーと太いパイプを持つ「コトラ」(経営者アワード【持続経営部門】受賞)はぜひ利用をおすすめします。

経理転職なら【MS-Japan】

経理転職であればかならず利用をしたい転職サービスです。

「IT・通信業界」は高年収求人の割合が高め

高年収の経理求人を業種で分類すると、最も高い割合を占めた業種は「IT・通信」続いて「サービス」・「製造」となります。

転職で高年収を目指す場合は、現職で「決算業務」と「マネジメント業務」の経験を積み、「IT・通信」の求人を探すのも1つです。

また、IT・通信業界はリモートワークやフレキシブルに働ける業界の一つです。

年収600万円以上の求人事例

【必須要件】
・事業会社の経理財務経験(月次・年度決算までの実務)
・決算資料等作成
・監査法人対応のご経験
・有報、決算短信、計算書類等の開示書類作成のご経験 など

◆仕事内容
・報告経験
・連結決算の業務経験
・上場企業、もしくは上場企業グループ会社での5年以上の連結経理実務のご経験
・月次/年次決算のご経験
・経理業務の内製化 及び高度化
・単体決算及び子会社2社の連結決算
・監査法人対応
・IPO準備 (業務フロー等体制整備、申請書類の作成等)
・財務戦略検討サポート など

経理転職:大手企業が求める人材とは

大手企業の経理ポジションは、非常に人気でいくつかポイントがあります。

専門性が重視される

前述のとおり大手企業では経理業務を、分野ごとに担当分けして行います。したがって、採用にあたっても専門性が重視されます。経理の専門分野は大きく分ければ、

・主計 …単体あるいは連結での決算
・税務 …税務申告
・財務 …資金繰りや借り入れなど
・管理会計 …予算と結果、費用と利益などの分析

となります。
大手企業への転職を考える際には、いずれかの専門分野を磨いておくのがよいでしょう。

マネジメント経験も高評価

大手企業では、チームリーダー経験などのマネジメント経験も高評価となります。人員が多いため、チームでの仕事が基本となるため、大手企業へ転職を志望する場合は現職で経験ができるか1つポイントです。

英語力も重要

近年では大手企業の多くはグローバル展開しています。グローバル領域での経理業務・連結決算などの経験は良い評価を受けやすい傾向があります。

海外企業との取引経験が実際にある場合には、評価は大きく高まるでしょう。また、実際の取引経験がなくても、BATIC(国際会計検定)などの国際会計基準の資格や語学力がある場合には評価されます。

大手企業の経理の年収目安

大手企業の経理は中小企業と比較して、一般に年収は高い特徴があります。転職した場合の年収は、20代なら300万円~400万円、30代なら450万円~550万円程度が相場です。

転職後も、年収アップが期待できます。年収1,000万円超も、決して夢ではありません。ただし、1,000万円超の年収を得るためには、大手企業に長く勤務し、管理職となることが必要です。転職後のスキルアップも欠かせないといえます。

なお、大手企業経理の役職ごとの平均年収は以下のとおりとなっています。

・一般社員 …400万円~500万円
・リーダー・係長クラス …500万円~600万円
・課長クラス … 600万円~700万円
・部長・次長クラス …1,000万円~

年功序列ではなく、スピード感がある環境を志望する場合はIT業界・経理職は狙い目です。早期に年収を上げることができ、IPO準備中の企業であれば経歴に箔がつきます。

経理転職:管理部門の転職はそもそも難しい

経理職は、専門職でありスキルの汎用性が高いため、他の企業に転職した場合でも即戦力として活躍しやすく、加えて経理は企業にとってなくてはならない存在のため、転職しやすいといわれます。

しかし実際の転職活動では「あなたが納得できる転職」就職先を見つけるのは非常に大変ということです。

「経理職」に限らず、管理部門の求人は少ないのが特徴です。

基本的には「コスト部門」にはなるため、営業職やエンジニア職などの事業に直結する職種と比べると採用する社員の割合が少ないため、経理職を志望するライバルが多いです。

全てのニーズを満たすことは難しいため、一定数の求人数は応募をし、まずは面接を進めてることも1つです。

志望度が高い企業へのエントリーは残しておきましょう。練習を重ねてから挑戦することをお勧めします。今後の方向性や自分の経理スキルが、企業にどう評価されるのか、客観視が必要な場合は、管理部門に特化した転職エージェントを活用しても良いかと思います。

経理転職:派遣社員・契約社員の場合はまずは正社員へ

経理職は、会社規模に比例をして業務量が増えるのが特徴です。

一方で、大手の経営業務は人件費の調整がしやすい契約社員・派遣社員で補うケースも珍しくありません。

派遣社員から正社員への転職は、契約社員より難しい現実があります。

契約社員の場合は、社員と同程度の業務を行うことができるため、正社員になりやすいといえます。

派遣社員は「あくまで正社員のサポートとして、上司や社員からの指示ベースで業務を遂行することが前提になるため、一部の業務のみ対応しているケースがほとんどである」と採用側が判断します。

そのため、正社員として採用するまでのスキルはなく、自らの判断で動くことができない、任せられる範囲も狭いという認識を持っています。

中途採用は、即戦力採用になるため、派遣社員の場合は、正社員としての転職活動が難航してしまうのです…。

経理職の採用数は少ないため、書類選考、面接数など一定、数をこなす必要があります。ハローワークや求人媒体、直接応募を活用し転職活動をすることをお勧めします。

経理職転職:どんなキャリアを目指すべき?

これまで4000名以上のサポートをする中で、代表的なパターンを紹介します。

CFO(最高財務責任者)などの上位職を目指すパターン

経理の専門性を高めて、いずれはCFOを目指す道もあります。
まずは経理のプロフェッショナルとして経験を積むことで、財務の上位職であるCFOの道が開いていきます。
財務では資金調達などの業務を担い、会社の今だけではなく未来のお金も管理していくことになります。社内でCFOを目指す だけではなく、社外CFOを目指す道も考えられます。
資金調達の難易度が上がっている昨今、優秀なCFOはひくて数多です。

グループ会社であれば、国内外を問わず、グループにおける財務会計、税務業務(連結納税含む)を行い、 通常の月次・支払業務に加えて管理会計やIR領域との連携は必須になります。

また、近年では財務や経理領域の全体システム構築を実行する企業も増えているため、歓迎スキルレベルですが、IFRS導入、ERP等のシステム導入(プロセス改善を含む)などに関与した経験があると有利になる場合があります。

経営に携わることを目指すパターン

経理として会社の数字に携わることで、戦略立案など会社の経営をサポートする道もあります。

経理から会社役員や社長を目指す道もありますので、こちらも一つのキャリアパスとして有効です。

大企業への転職を目指すパターン

中小企業などで経験を積み、大手企業に転職するパターンもあります。

一般的に大手企業の方が高い年収や充実した福利厚生が見込めますので、自分のやりたいことと合致しているならこのパターンを目指す道も有効です。

特に中途採用の場合は、実務経験が重視されます。中小企業で数年の経験があれば、転職の際のアピールポイントとして役立ちます。

外資系企業への転職などグローバルなキャリアを目指すパターン

近年ではグローバルに展開する企業も増えてきました。

外資系企業や、外資系会計事務所に転職して、国際的な業務に携わる道もあります。
その際には、経理のスキルだけではなく英語力も必須です。

逆に英語力に自信がある人は、積極的にこのパターンを選ぶ選択肢もあります。

経理転職:転職回数が多い方は注意〜書類通過しづらい理由〜

経理職は、他業種に比べて会社側の事情やデリケートな部分を知ることができます。

そのため、転職回数を多い場合は、「企業情報が他社に漏れないか」「指導をしてもすぐに辞めてしまわないか」といった理由などから書類選考でお見送りになるケースが増えます。

転職回数が多い場合は、友人からの紹介、もしくは転職エージェントを利用することを検討しましょう。

友人紹介は、既存社員からの紹介で面接を受けることができ、書類選考は無効になり、面接では見極められない部分を既存社員から聞くことができます。

経理転職:管理部門に強いエージェントを利用すべき理由

経理転職なら【MS-Japan】

経理転職であればかならず利用をしたい転職サービスです。

経理職で転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。
ただ、なんでも良いわけではなくその領域に強みがある「特化型転職サービス」の利用をおすすめします。

特化型転職サービス:非公開求人に挑戦できる

非公開求人の中には 、募集をかけると応募者が殺到するような案件も少なからず存在しているため、希少な求人に出会えるというメリットがあります。

求人サイトではなかなか見つからない求人も多数チェックできるため、より良い条件の求人情報を探したいなら、転職エージェントに頼った方が効率的です。

公開されている求人情報では出会えなかった、自分に合った求人が見つかる可能性も高くなります。

特化型転職サービス:専門のキャリアアドバイザーによるキャリア支援

転職活動を一人でやろうとすると、自分の適性・能力を正しく分析できずに失敗するケースがあります。また、自分がどのような分野でニーズがあるのか、よくわからないまま仕事を探して失敗するリスクもあります。

転職エージェントを使えば、業界の広い知見を備えたキャリアアドバイザーが、冷静かつ客観的に求職者を分析し、 求職者の転職活動を助けてくれます。

転職に関する専門家の知恵を借りることができれば、むやみに一人で悩む時間を増やさずに、納得のいく転職を実現することができるでしょう。

第三者の視点を取り入れることで、自分一人では気づかなかった強みを把握できる場合もあります。転職だけではなく今度のキャリアプランを考える上でも有益です。

特化型転職サービス:企業の内部情報にアクセスできる

転職エージェントを介して企業情報をチェックできれば、詳しい業務内容だけでなく、福利厚生や社員の声、想定年収やキャリアパスなど、幅広い情報にアクセスできます。

慎重に転職先を選びたい人にとって、転職エージェントで得られる情報は貴重なものになるはずです。

特化型転職サービス:履歴書・職務経歴書などレジュメ(応募書類)の添削が受けられる

キャリアアドバイザーが求職者の作成した各種書類を添削してくれることもメリットの一つです。

経験されてきた業務の棚卸しはもちろん、職務経歴書をどのように書けば人事・採用担当者の目に留まるのかなど、自己流よりもはるかに有益なアドバイスを受けられます。

特化型転職サービス:選考フロー管理や企業との折衝を代行してくれる

転職エージェントを使用して活動する場合、応募求人の選定から応募手続きはもちろん、手間のかかる面接日程調整といった活動上必要になる工程 を代行してくれます。
また、選考結果・連絡事項なども随時連絡を入れてくれるので、 就業しながらの 転職活動でも安心です。

更に内定を得た際の返答期限の調整や年収・ポジション・入社時期の交渉もサポートしてくれます。

経理職・財務職・CFO案件など「特化型転職サービス」を利用することで、希望する条件にマッチする求人を見つかりやすい一方で、それぞれ強みがあります。

経理職の転職に強みがある転職サービスは以下です。

ビズリーチ
ジェイエイシーリクルートメント
コトラ

地方求人・顧問求人を探す場合は以下おすすめです。

リクルートダイレクトスカウト
ヒューレックス

ベンチャー企業の経理ポジションを探す場合は以下おすすめです。
Green

【無料相談】管理部門特化型エージェントのMS-Japan】

経理は、会社の意思決定を左右する重要な数値を管理している部門ですが、年収は低めだと言われています。高収入を得るために、何が必要なのかをよく理解したうえで、転職の準備を進める必要があります。

年収アップを目指した経理の転職は、ぜひ「特化型転職サービス」の利用をおすすめします。

年収600万円以上のオファーが出やすい企業の求める経験スキル

・上場企業での経理財務関連業務経験のある方(子会社でも可

・開示業務のご経験者

・日商簿記(2級以上保有者尚可)

・FASS(レベルC以上尚可)

・BATIC(アカウンタントレベル(600)以上尚可)

・CPA、USCPA、税理士試験保有者、受験生(尚可)

・連結決算や、IFRS(イファース)対応にも積極的な方

・財務経理経験5年以上

(財務会計、管理会計、資金管理などのご経験が中心の方)

・会計コンサルティングファーム、会計事務所の方ご経験

金融・製造・ハイクラス転職に強い【コトラ(KOTORA)】

ハイクラス向けの転職サービスです。業界・職種としては、金融・コンサルが最も多く、次いでIT・事業会社・製造業関連が中心のサービスです。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました