■業界・職種

【マーケティングアナリストへの転職】仕事内容・面接対策・気になる年収・転職難易度は?

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

マーケティングアナリストが転職市場で人気がある職種の1つです。

デジタルマーケティングの拡大に伴い、企業のマーケティング戦略におけるデータ分析の需要が高まっています。また、マーケティングアナリストは企業の成長戦略に不可欠な役割を果たしており、その重要性が認識されていることも要因の一つです。

さらに、マーケティングアナリストはデータ分析能力に優れ、ビジネス上の意思決定に必要な洞察を提供できることが期待されています。

そのため、マーケティングアナリストが持つスキルや経験は、企業にとって非常に魅力的なものとなっており、求人市場でも高い需要があります。

また、マーケティングアナリストは、マーケティング部門だけでなく、広告、PR、販売、顧客サポートなど、企業のさまざまな部門で活躍することができるため、幅広い転職先が存在することも人気の理由の一つとなっています。

マーケティングアナリストとは?

マーケティングアナリストとは、企業が保有するマーケティングに関するデータを分析し、市場動向や消費者の傾向を把握し、マーケティング戦略を立案・改善することを専門とする人のことを指します。

主に、販売促進、顧客獲得、顧客満足度向上、ブランドイメージ向上、広告効果分析などの目的で、企業内の各部署と連携し、分析・報告を行います。

マーケティングに関するデータの分析手法やツールの知識が必要であり、企業によってはマーケティングアナリストとしての専門知識を持つ人材を求めている場合があります。

マーケティングアナリストとデータマーケターの違い

マーケティングアナリストとデータマーケターは、両方ともデータを活用してマーケティングに貢献することを目的としていますが、そのアプローチや役割に違いがあります。

マーケティングアナリストは、市場や消費者動向、競合情報などのマーケティングに関するデータを収集・分析して、企業のマーケティング戦略の改善や戦術の最適化を支援します。

具体的には、市場調査や競合分析、販売促進活動の効果測定、顧客行動データの分析などを行います。

一方、データマーケターは、データドリブンなアプローチを用いて、マーケティングの効果を最大化するために、マーケティングキャンペーンや広告の最適化、パーソナライズされたコンテンツの提供、CRM戦略の策定、顧客セグメンテーションなどを行います。

つまり、データを用いたマーケティング戦略の設計や、実行までを担当しているといえます。

簡単に言えば、マーケティングアナリストは主に市場調査や顧客データの分析に重点を置き、データマーケターは主にマーケティング戦略の策定や実行に重点を置いているという違いがあります。

ただし、両方の役割を担うこともあるため、企業や業務内容によっては、境界線が曖昧になる場合もあります。

デジタルマーケティング・CRMへの転職支援に強みがある『マスメディアン』

広告形転職専門の【マスメディアン】

広告・マスコミ・PRなどの方が読む「宣伝会議」を運営しており、独自のコネクションを保有しています。

領域に特化していますので、SEOを含むWebメディアにも強みがあります。

広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数。 最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)が増加しています。 東京・大阪・名古屋・福岡・金沢と拠点は5つございます。

マーケティングアナリスト、データアナリストの違いは?

マーケティングアナリストとデータアナリストは、共通点もありますが、一般的には異なる役割とされています。

マーケティングアナリストは、マーケティング戦略の実行や改善に必要なデータを分析して、意思決定に役立つ洞察を提供します。

彼らは、市場調査、顧客行動分析、キャンペーンの評価など、マーケティングに関するデータを収集、分析、レポートし、業務に活用します。また、彼らは、CRMシステムやデータベース管理、データ品質管理、マーケティングオートメーションツールの設定なども行います。

一方、データアナリストは、様々な種類のデータを収集、処理、分析して、ビジネスにおいて有益な情報を得るための手法を開発します。

彼らは、データ処理のためのツールやアルゴリズムを開発することもあります。データアナリストは、ビジネス上の問題に対する解決策を提案するための仮説を立てたり、データから洞察を得たりするために、統計学や機械学習などのデータ科学の手法を使用します。

つまり、マーケティングアナリストは、マーケティング分野に特化したデータ分析を行い、マーケティング戦略の実行や改善に貢献する一方、データアナリストは、ビジネス全体のデータ分析を行い、企業の意思決定に貢献します。

マーケティングアナリストの仕事内容は?

マーケティングアナリストは、企業のマーケティング戦略において、顧客行動や市場動向を分析して、効果的なマーケティング戦略の立案や改善を支援する専門職です。

データ分析:顧客データや市場動向などのデータを収集・分析し、マーケティング施策の改善や戦略の立案に役立てることが求められます。

例えば、Web解析ツールやCRMシステムなどからデータを収集し、分析を行います。

レポート作成:データ分析の結果をまとめ、レポートを作成します。レポート作成には、分析結果の可視化や説明が含まれます。

マーケティング施策には、キャンペーンや広告、商品企画などが含まれます。マーケティングに関する情報収集や、市場トレンドの分析、競合調査などの業務も担当することがあります。

マーケティングアナリストのKPIは?

マーケティングアナリストのKPIは、企業や部署によって異なりますが、一般的には以下のようなものがあります。

  1. レポーティング指標:マーケティングキャンペーンのROI、売上高、コンバージョン率、アクティブユーザー数、ページビュー数など。
  2. データ分析指標:データの正確性、クレンジング、マッチング率、データ品質、ダッシュボード精度など。
  3. ビジネス指標:競合分析、市場シェア、新規顧客獲得数、継続顧客数、顧客ロイヤルティなど。
  4. 成果指標:セールスサイクルの短縮、顧客獲得コストの低減、キャンペーンROIの最大化、市場シェアの拡大、顧客満足度の向上など。

これらの指標を追跡し、マーケティング戦略の改善や予測に活用することが、マーケティングアナリストの役割となります。

マーケティングアナリストの平均年収は?

マーケティングアナリストの平均年収は、業界や経験年数、地域などによって異なります。ただし、一般的には約400万円から800万円程度が相場とされています。

また、大手企業や外資系企業での就職や経験が豊富な場合、年収が高くなることもあります。

マーケティングアナリストの転職難易度は?

マーケティングアナリストの転職難易度は、業界や経験によって異なりますが、一般的には比較的高めとされています。

理由としては、マーケティングアナリストのポジションは、企業のビジネス上の意思決定に大きく関わるため、業務に求められる高度なスキルや知識が多岐にわたるためです。

ただし、マーケティングアナリストの需要は近年増加傾向にあり、適切な経験やスキルを持つ人材には転職の機会があるとされています。

マーケティングアナリストの求人リサーチ

マーケティングアナリストの求人を探す方法はいくつかあります。

  1. 転職サイトの利用
    マーケティングアナリストの求人を掲載している転職サイトに登録し、検索条件を設定して求人情報を収集する方法があります。代表的な転職サイトとしては、リクルートエージェントやマイナビ、DODAなどがあります。
  2. 人材紹介会社の利用
    人材紹介会社を通じて求人情報を収集する方法もあります。人材紹介会社は、マーケティングアナリストの求人情報を多数抱えていることがあり、求人情報の量や質が高い傾向にあります。
  3. 企業の採用ページの利用
    企業の採用ページをチェックすることで、直接的な求人情報を収集することができます。また、企業の採用ページには、マーケティングアナリストの職務内容や必要なスキルなどが記載されていることがあり、転職活動に役立ちます。
  4. SNSの活用
    LinkedInなどのSNSを活用することで、マーケティングアナリストの求人情報を収集することができます。また、SNS上で自己PRを行い、企業からスカウトされることもあります。

これらの方法を併用することで、自分に合った求人情報を集めることができます。

デジタルマーケティング・CRMへの転職支援に強みがある『マスメディアン』

マーケティングアナリストは転職エージェントを利用すべき?

マーケティングアナリストの求人情報は、一般的な求人サイトや業界専門の求人サイト、または企業のキャリアサイトなどから見つけることができます。

特に、マーケティング業界に特化した求人サイトを利用することで、より適切な求人情報を見つけることができます。

一方で、転職エージェントを利用することも一つの選択肢です。転職エージェントは、求職者の希望条件に合った求人情報を提供し、選考のサポートを行ってくれる場合があります。複数の転職エージェントを利用することで、より幅広い求人情報を収集することができます。

マーケティングアナリスト未経験、転職する場合に求められる主なスキル経験は?

マーケティングアナリスト未経験で転職する場合、求められる主なスキルや経験は以下のようになります。

  1. マーケティング知識
    マーケティングの基礎知識を理解していることが求められます。マーケティングの4P(Product, Price, Promotion, Place)やマーケティングミックス、セグメンテーション、ターゲティングなどについて理解していることが望ましいです。
  2. データ分析スキル
    データを分析するスキルが求められます。エクセルを使ったデータ処理、データの可視化、基本的な統計学の知識などが必要です。また、BIツール(TableauやPower BIなど)を使ったデータ分析経験も有利です。
  3. コミュニケーションスキル
    マーケティング部門と連携して業務を進めるため、コミュニケーションスキルが求められます。自分の考えを明確に伝え、他者との調整や交渉ができることが望ましいです。

マーケティングアナリストは、デジタルマーケティング経験者であっても採用難易度が高いポジションです。そのため、様々なヘッドハンターが利用している「ビズリーチ」やデジタル領域に特化した人材紹介事業を行う「ジェイエイシーリクルートメント」の利用をおすすめします。

広告形転職専門の【マスメディアン】

広告・マスコミ・PRなどの方が読む「宣伝会議」を運営しており、独自のコネクションを保有しています。

領域に特化していますので、SEOを含むWebメディアにも強みがあります。

広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数。 最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)が増加しています。 東京・大阪・名古屋・福岡・金沢と拠点は5つございます。

プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

コンサルティングファーム支援に特化
無料相談に申し込む
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
人事特化型求人紹介サービス

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました