20代転職は選択肢が多い。だから複数サービスを登録することが成功の鍵

20代の転職は「ポテンシャル採用」「未経験業界・職種への転職」「ライフステージの変化が多い」タイミングです。転職が当たり前の時代。そして副業・兼業など1つの会社にしばられない働き方が増える世代です。様々な選択ができるように「今の自分」に何が足りないか。自己実現をするためにどのような経験・スキルを高めるべきか。

主なメリット
20代向け転職サービスを利用するメリット
未経験業界・未経験業種
未経験OK
リモートOK
年収UP
副業・兼業OK

20代の転職は選択肢が多い。だから迷う。迷って当然。

「将来何をすべきか分からない」「やりたいことが、見つからない」「仕事にやりがいを見出せない」「人間関係を改善したい」「年収を上げてプライベートを充実させたい」など様々な欲求があると思います。

20代でやりたいことが明確な方は、ある調査で2割ほど。人生100年時代と呼ばれるこの時代。迷いがあって当然です。だからこそ、正しい迷い方が大切になります。人は「経験」によって意思決定をします。行動し経験することが近道です。

Concept

「Will・Can・Must」で思考を整理する

will-can-mustとは、ビジネスにおいてモチベーションを維持する・成果を出しやすくしたりする・将来のキャリアを棚卸しするためのフレームワークです。

Concept

キャリア相談はプロに依頼する

「利益」だけを追求するサービスも多いですが、本記事では1人でも多くの方が「キャリア」について前向きになっていただける方を増やしたいと思います。

そのためにはその道の「専門家」を利用することが大切だと考えており、独自審査により選出したサービスをご紹介します。

20代の転職支援に強いサービス

20代向けコンテンツ

よくある質問

Q
転職サービスはなぜ無料で利用できるの?

転職エージェントや求人サイトは、求職者を採用する企業から報酬を受け取ることで収益を上げています。企業は優秀な人材を効率よく採用するために、転職サービスを利用しており、成功報酬型で採用が成功した際に支払われるため多くの企業が利用をしています。

Q
転職エージェントに同じ求人紹介をされた場合どうすればいい?

同じ求人を紹介され、選考を希望する場合は「内定・支援実績」が豊富にあるサービスの利用をおすすめします。エージェントサービスは、コンビニエンスストア以上にあるため、正直我々プロでも差別化や強みを把握するには時間がかかります。「御社経由で受けるメリットや内定実績がありますか?」と確認をし、信頼できる回答があれば、面接対策等をしっかり実施してもらえるサービスを選びましょう。

Q
転職エージェントと直接応募ぶっちゃけどっちがいい?

経験スキルに自信がある方は「直接応募」がおすすめです。転職エージェントを経由すると企業側に採用コストが発生します。直接応募であれば「採用コストはかからないので採用にしよう。」というケースもあります。書類だけでは判断できない豊富なスキル・人柄・志向性とのマッチ度・給与交渉・面接対策など1人で実施するのが難しい場合は、「転職エージェント」を利用することで「採用確度」を高めることにつながります。

Q
転職エージェントはなぜ給与交渉に積極的なの?

転職エージェントは企業側から入社が決まった企業から「報酬」をいただきます。相場は年収の35〜45%、幹部候補であれば50%〜100%を頂戴します。そのため、候補者の年収が高ければ高いほどそれだけ「利益」に繋がります。本人とっても、転職エージェントにとっても、年収が上がることはメリットになります。そのため積極的に実施を行います。

Q
ヘッドハンティングサービスとは何ですか?

ヘッドハンティングサービスは企業によって定義が異なります。一般的には企業から着手金をもらい採用活動を行うサービスを「ヘッドハンター」・着手金をもらわず、転職サービス等を活用し採用活動を行うサービスを「転職エージェント」と呼びます。

Q
企業の財務状況が気になる…。

CxOを含むハイクラス転職では「NDA(秘密保持契約)」を締結し、PL/BS等の開示ができます。カジュアル面談等では開示ができないため、主に最終面接前後・内定後に行うことが一般的です。気になる方は、アドバイザーへの依頼をおすすめします。

Q
時間がなく、転職活動ができないのですが…

可能な限り時間を見つけ、営業時間前・営業時間後に面接調整ができるか打診をしましょう。ハイクラスの転職では、カジュアル面談・一次面接から「役員」等からスタートも珍しくありませんので、時間外での調整も可能なケースも多いといえます。非公開求人はすぐに埋まってしまいます。時間がないを理由で「機会損失」にならぬよう、仕事として取り組むことをおすすめします。

Q
どの転職サービスが良いかわからない。

転職サービスは複数あり、あなたの状況次第で力になれるサービスがことなります。一般的には総合型を2社・特化型のサービスを2〜3社ほど利用するのが一般的です。複数のエージェントから連絡がある場合は、まずは数人に会い自分に一番マッチするアドバイザーを選択しましょう。

記事URLをコピーしました