■業界・職種

【ストラテジックプランナーへの転職】就職・面接対策・気になる年収・転職難易度

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

ストラテジックプランナーとは!?

ストラテジックプランナーは、マーケティングや広告業界において、広告主のビジネス戦略やマーケティング戦略を立案する専門職の一つです。

具体的には、広告主企業のビジネスや製品・サービスの課題や目標を分析し、マーケティング課題を洗い出し、それに基づいてマーケティングプランや広告戦略を立案します。

ストラテジックプランナーは、広告代理店やクリエイティブエージェンシー、デジタルマーケティング会社などで活躍することが多く、マーケティングに関する知識や情報収集能力、戦略的思考力などが求められます。

また、クライアント企業や広告制作チームとの調整役としても活躍するため、コミュニケーション能力やプロジェクトマネジメント能力も必要となります。

ストラテジックプランナーの仕事内容には、マーケティングプランや広告戦略の立案・提案、ターゲットの洗い出しやニーズ分析、市場動向の調査、クライアントやクリエイティブチームとのコミュニケーションなどが含まれます。

ストラテジックプランナーは、マーケティングプランや広告戦略が成功するための鍵を握る重要な役割を担っており注目されているポジションです。

ストラテジックプランナーの仕事内容は?

ストラテジックプランナーの仕事内容には、以下のようなものがあります。

  • クライアント企業のビジネス課題の分析
    クライアント企業が直面しているビジネス課題を理解し、それを解決するためのマーケティング戦略を立案します。
  • ターゲット層の分析
    広告を出す対象となる顧客層(ターゲット層)を洗い出し、その属性や行動特性などを分析します。
  • ニーズ分析
    ターゲット層のニーズを把握し、商品・サービスがどのような価値を提供すべきかを考えます。
  • 市場動向の調査
    競合他社や市場動向を調査し、それに基づいて商品やサービスの差別化ポイントを見つけ出します。
  • マーケティングプランの立案
    クライアント企業が目指すビジネス目標に対して、どのようなマーケティング施策を展開するべきかを具体的に立案します。
  • 広告戦略の立案
    マーケティングプランに基づいて、広告やプロモーションなどの施策を立案します。広告媒体の選定や広告コンセプトの考案などもストラテジックプランナーの仕事です。
  • クライアント企業や広告制作チームとの調整
    ストラテジックプランナーは、クライアント企業や広告制作チームとの調整役としても活躍します。クライアント企業に対して提案を行い、広告制作チームに指示を出し、広告制作の進行管理を行います。

ストラテジックプランナーの仕事内容は、マーケティングプランや広告戦略が成功するために欠かせないものです。企業のビジネス戦略を考え、戦略を実行するためのマーケティング施策を展開することが、ストラテジックプランナーの最も重要な役割です。

アカウントプランナーとストラテジックプランナーの違いは?

アカウントプランナーとストラテジックプランナーは、広告業界での役割や職種の違いがあります。

アカウントプランナーは、クライアント企業と広告代理店の架け橋となり、クライアント企業のニーズを理解し、そのニーズに合わせた広告戦略を立案します。

具体的には、クライアント企業とのミーティングや打ち合わせを行い、広告キャンペーンの企画や進捗管理、レポート作成などを担当します。

一方、ストラテジックプランナーは、より戦略的な視点からクライアント企業のビジネス課題を把握し、マーケティング戦略を立案します。

具体的には、市場調査や競合分析、ブランド戦略の策定、プロモーション戦略の立案などを担当します。また、クリエイティブチームやメディアプランナーと協力して、より効果的な広告キャンペーンを実現するための戦略を提案します。

つまり、アカウントプランナーは、広告代理店内でクライアント企業との窓口を担当し、広告戦略の実行や進行管理をする役割を持ちます。一方、ストラテジックプランナーは、クライアント企業のビジネス課題を解決するためのマーケティング戦略を立案し、より効果的な広告キャンペーンを実現するための戦略を提供する役割を持ちます。

アカウントプランナーの上位互換だと考えていただくと良いかもしれません。

ストラテジックプランナーとマーケターの違いは?

ストラテジックプランナーとマーケターは、両方ともマーケティングに関する専門的な職種ですが、違いがあります。

担当範囲の違い

マーケターは、商品やサービスのブランド戦略、プロモーション戦略、販売促進戦略などの具体的な施策の企画・実行・評価に携わります。一方、ストラテジックプランナーは、マーケティング戦略の立案・企画・実行・評価に従事します。つまり、ストラテジックプランナーは、より上位の立場で、マーケティング全体を俯瞰し、企業の長期的な方向性を考えることが求められます。

分析力の違い

マーケターは、商品やサービスを販売する上で必要なターゲット層や市場トレンドを把握し、それに基づいて戦略を立てます。一方、ストラテジックプランナーは、さまざまなデータや情報を収集し、市場環境を分析し、企業が取るべき方向性を考えます。つまり、ストラテジックプランナーは、より高度な分析力が求められます。

コミュニケーション能力の違い

マーケターは、チーム内や社外の関係者と円滑なコミュニケーションを取りながら、プロモーションや広告などの具体的な戦略を立て、実行します。一方、ストラテジックプランナーは、経営戦略、ビジョンや方針を考えながらプランニングを行います。特定のプロジェクトに参加するというよりは、複数のプロジェクトを兼務し、戦略立案に特化した業務を行う傾向があります。

    マーケターとストラテジックプランナーは、それぞれの役割が異なりますが、どちらもマーケティング戦略を成功させるために必要な専門性を持った職種です。

    ストラテジックプランナーのKPIは?

    ストラテジックプランナーのKPIは、プランニングした戦略がビジネス成果につながるかどうかを評価することが重要です。具体的なKPIは企業やプロジェクトの目的によって異なりますが、以下のようなものが挙げられます。

    1. ROI(投資対効果):ビジネス目標に対して投資したコストとの比率を測定します。
    2. CAC(顧客獲得コスト):新規顧客を獲得するために費やした費用を測定します。
    3. CVR(コンバージョン率):設定された目的に対して、どの程度の割合でコンバージョンが達成できたかを測定します。
    4. アクション率:企画した施策に対して、どの程度の割合でユーザーがアクションを起こしたかを測定します。
    5. NPS(顧客満足度):顧客満足度を測定し、ブランド価値向上につながる施策を提案します。

    売上や粗利は「アカウントプランナー」が管理することが多く、年間予算・事業部予算・クライアントの予算を全てを預かる「ストラテジックプランナー」も珍しくありません。

    ストラテジックプランナーはビジネス成果を直接出す役割ではなく、ビジネス目標に対してどのような施策を打つかを策定する役割を担っているため、直接的な成果として評価されることは少ないかもしれません。

    ストラテジックプランナーの年収はどれくらい?

    ストラテジックプランナーの年収は、経験や業界、地域などによって大きく異なります。一般的には、初年度の年収は400万円~700万円程度が一般的であり、5年目を迎えた時点で800万円~1500万円程度の年収が期待できるとされています。

    ただし、大手広告代理店やグローバル企業などでの経験や実績がある場合は、より高い年収を期待できます。また、ストラテジックプランナーは、他の職種と比べて特定のスキルが要求されるため、そのスキルに応じて高い報酬を得られることもあります。

    ストラテジックプランナーの将来性、今後の事業展開

    ストラテジックプランナーの将来性については、今後ますます需要が高まると考えられています。

    これは、デジタル化が進み、ビジネス環境が複雑化する中で、企業が市場の変化に対応し、成長戦略を策定する必要性が高まっているためです。ストラテジックプランナーは、市場や消費者の動向を把握し、企業のビジネス戦略を策定する重要な役割を担っています。

    また、今後の事業展開としては、AIやビッグデータなどのテクノロジーを活用し、より精度の高い市場分析や予測を行うことが求められるようになると考えられます。

    さらに、グローバル市場においても、ストラテジックプランナーの役割は重要性を増すことが予想されています。多様な文化や言語、価値観を理解し、それに基づく市場戦略を策定することが必要とされるためです。

    ストラテジックプランナーの入社難易度は?

    ストラテジックプランナーの入社難易度は高いと言われています。

    これは、ストラテジックプランナーに求められるスキルや知識が高度で、経験を必要とするためです。また、ストラテジックプランナーは企業の重要なポジションであるため、採用プロセスも厳しく、複数の面接や課題提出などが必要な場合が多いです。

    一般的に、ストラテジックプランナーに求められるスキルとしては、マーケティング戦略やビジネス戦略の策定、市場分析や調査、データ分析、プロジェクトマネジメント、コミュニケーション能力などが挙げられます。

    これらのスキルを持ち、豊富な経験を持った人材が求められているため、入社難易度が高いと言われています。

    ストラテジックプランナーになるにはどのような経験スキルが必要?

    ストラテジックプランナーになるために必要な経験やスキルは以下の通りです。

    1. 広告やマーケティングに関する知識
      ストラテジックプランナーは広告やマーケティングの知識を持っていることが求められます。広告やマーケティングの基本的な概念や用語、業界の最新動向などを把握しておくことが大切です。
    2. プランニングスキル
      ストラテジックプランナーは、クライアントの課題を解決するために、適切な戦略を策定し、プランを作成するスキルが求められます。これらのプランは、予算、スケジュール、人員などの制約の中で実行可能でなければなりません。
    3. データ分析スキル
      ストラテジックプランナーは、市場調査やデータ分析などを行い、戦略やプランの根拠を示す必要があります。データを正しく分析し、有益な情報を引き出すスキルが必要です。
    4. コミュニケーションスキル
      ストラテジックプランナーは、クライアントとのコミュニケーションやプレゼンテーションが頻繁に必要となるため、優れたコミュニケーションスキルが求められます。また、クリエイティブチームやメディアプランナーと協力して仕事を進めることも多いため、協調性も重要です。

    これらのスキルを磨くために、広告代理店やマーケティング会社でアカウントプランナーやマーケティングリサーチャーとしてのキャリアを積むことが一般的です。

    マーケティングの転職は求められる経験スキルが高いため、様々なヘッドハンターが利用している「ビズリーチ」やデジタル領域に特化した人材紹介事業部署がある「ジェイエイシーリクルートメント」の利用をおすすめします。

    それぞれ事業会社の案件も多く保有しているため、事業会社にてマーケティングに挑戦したい方にもおすすめです。デジタルマーケティングの転職支援に強みがある『マスメディアン』の利用もおすすめです。

    プロがすすめるサービス

    【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

    コンサルティングファーム支援に特化
    無料相談に申し込む
    BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
    無料相談に申し込む
    【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
    無料相談に申し込む
    20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
    無料相談に申し込む
    ESGサステナビリティ専門転職エージェント
    無料相談に申し込む
    ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
    登録無料はこちら
    IT/Web業界に強い『Green』職種不問
    無料登録はこちら
    IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
    無料相談に申し込む
    年収800万円以上:JACリクルートメント
    無料相談に申し込む
    現年収800万円以上が対象:会員制サービス
    無料登録はこちら
    広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
    無料登録はこちら
    外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
    無料相談に申し込む
    金融・コンサル・製造業界支援に特化
    無料相談に申し込む
    20代・30代の求人サイト【doda】
    無料登録はこちら
    20代で年収500万円以上対象
    無料相談に申し込む
    SaaS業界支援に特化した転職エージェント
    無料相談に申し込む
    経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
    求人を探す
    弁護士・士業に特化
    無料相談に申し込む
    地方求人に特化
    無料登録はこちら
    100%自社内開発ITエンジニアに特化
    無料相談に申し込む
    【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
    無料相談に申し込む
    プロがすすめるサービス

    【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

    現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
    「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
    ゼロから始めるWebマーケティングの授業
    全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」
    人事特化型求人紹介サービス

    【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

    運営
    監修
    監修
    この記事を書いた人
    転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
    Recommend
    こんな記事も読まれています!
    記事URLをコピーしました