■業界・職種

【eスポーツへの転職】就職・面接対策・気になる年収・転職難易度

sign
Q
景品表示法について

本コンテンツは、商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくは制作・運営ポリシーをご覧ください。

弊社は、サービスおよび広告により、収益を得ています。本ページはプロモーションが含まれており、消費者庁より2023年10月施行の景品表示法の指定告示(通称ステマ規制)を厳守するよう努めております。

コンテンツ内で紹介したサービスを利用することで、企業様より売上の一部が還元されることがあり、還元された利益でコンテンツ制作・運用を実施しております。皆様のキャリアにお役立てできれば嬉しく思います。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

監修
監修
この記事を書いた人
Profile
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。

eスポーツとは

eスポーツ(Electronic Sports)は、コンピューターゲームを競技として行うスポーツのことを指します。一般的なスポーツ競技と同じように、eスポーツにはルールや試合形式、競技者の育成や大会の開催、観客の動員や放送などが含まれます。

プレイヤーたちは、個人やチームで様々なゲームに参加し、相手を倒したり、スコアを競ったりすることで競技の勝者を決めます。eスポーツには、PCゲーム、コンシューマーゲーム(家庭用ゲーム機)、モバイルゲームなど、様々なプラットフォームでの競技があります。

3000名以上の体育会、アスリートの就職、転職を支援|【アスリートエージェント】

eスポーツの求人が増加している理由

eスポーツは、世界中で急速に人気が高まっており、大規模な大会やリーグ戦が行われ、プロゲーマーと呼ばれる競技者たちが活躍しています。また、大会や配信などの視聴数も急増しており、eスポーツは現代の新しいスポーツ文化の一つとして注目を集めています。

eスポーツは、観客数の増加やスポンサー企業の参入、プロ選手やチームの活躍など、多くの要因が重なって急速に発展しており、市場規模も拡大しています。そのため、eスポーツ企業や関連企業、大会運営会社、プロチームなど、様々な分野でeスポーツに関する仕事が生まれています。

また、eスポーツがスポーツ産業の中でも新しい分野であるため、これまでのスポーツ産業に従事していた人材に加え、ゲーム業界出身者や若手層からも注目を集めており、多様な人材がeスポーツ業界に参画していることも求人の増加につながっています。

さらに、eスポーツは、テクノロジーの進化やデジタル化の進展により、これまでにないような多様なビジネスチャンスを生み出していることも挙げられます。そのため、eスポーツに関連する新しいビジネスモデルの構築や、eスポーツと他の産業との融合に取り組む企業も増えており、それらの企業においてもeスポーツ関連の求人が増えていると考えられます。

eスポーツの求人がある企業

eスポーツの求人がある企業は多数存在しています。以下に代表的な企業をいくつか挙げてみます。

  1. リーグ・オブ・レジェンド・ジャパン株式会社
    日本における「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の運営会社であり、eスポーツイベントの開催やeスポーツ選手の育成に力を入れています。
  2. パラダイム株式会社
    eスポーツのトーナメント主催や、eスポーツに関するコンサルティングサービスを提供しています。
  3. サイバーエージェント株式会社
    eスポーツの事業展開やイベント主催、eスポーツチームの運営などを行っています。
  4. GecKo Gaming株式会社
    eスポーツに特化したエージェントサービスを提供しており、eスポーツ選手やクリエイターのマネジメントを行っています。
  5. フロンティアワークス株式会社
    eスポーツプレイヤー向けのイベントや講座の開催、eスポーツの運営などを行っています。

以上は一例ですが、eスポーツ関連の求人を出している企業は年々増加しており、今後もeスポーツ産業の発展が期待されます。

(登録無料)サイバーエージェントへの転職なら内定実績がある『アサイン』

eスポーツ関係の主な仕事内容と職種

eスポーツに関連する仕事内容や職種は多岐にわたります。以下に代表的なものをいくつか紹介します。

  1. eスポーツプレイヤー/プロゲーマー
    eスポーツ大会でプレイヤーとして参加し、賞金を獲得するプロのゲーマー。
  2. eスポーツキャスター/解説者
    eスポーツ大会の実況や解説を担当するキャスター。試合の解説や選手の紹介、大会の進行を行います。
  3. eスポーツイベントスタッフ
    eスポーツ大会の運営に携わるスタッフ。会場の設営や運営、選手や観客の受け入れ・誘導、大会の進行管理などを行います。
  4. eスポーツマネージャー/チームオーナー
    プロゲーマーをマネジメントする人物。プレイヤーのスケジュール管理や選手育成、スポンサーの獲得やプロモーション、チームの戦略策定などを担当します。
  5. eスポーツライター/ジャーナリスト
    eスポーツに関する記事を執筆するライターやジャーナリスト。大会のレポートや選手インタビュー、eスポーツ業界に関するニュースや解説記事を書きます。
  6. eスポーツプロデューサー/ディレクター
    eスポーツ大会や関連イベントの企画や制作を担当するプロデューサー。出場選手やスポンサー、観客などを考慮したイベントの立案や進行、放送内容の企画などを行います。
  7. eスポーツデザイナー
    eスポーツ関連のデザイン制作を行う人物。ロゴやグラフィック、ステージデザイン、プレイヤーのグッズやチームウェアのデザインなどを担当します。
  8. eスポーツコンサルタント
    eスポーツのマーケティングやビジネス戦略に関するコンサルティング業務を行う人物。eスポーツ市場の調査や分析、スポンサーシップの提案やビジネスモデルのアドバイスなどを行います。

eスポーツ業界の主なKPIは?

KPIを理解することで具体的な業務をイメージすることができます。

eスポーツにおけるKPI(Key Performance Indicator)は、競技団体やチーム、大会主催者、スポンサー企業、放送局など、関係する各種団体や企業によって異なる場合があります。以下に一例を挙げます。

  1. プレイヤーの成績
    プレイヤーの戦績や勝率、ランキングなどが評価されます。特定のプレイヤーを重用するか、スカウトするかどうかなど、チームの戦略に影響を与えます。
  2. 視聴者数・放送視聴率
    eスポーツの競技を観戦する人々の数が多ければ多いほど、大会主催者や放送局などは評価されます。特に、オンラインでのストリーミング配信による視聴者数は、直接的な収益源となることが多いため、このKPIは重要です。
  3. スポンサー数・スポンサー契約金額
    eスポーツチームや大会主催者などが持つスポンサー数やスポンサー契約金額は、企業のブランドイメージや知名度、製品のPRなどにつながります。
  4. プレイヤーのフォロワー数・SNSのシェア数
    プレイヤーが持つフォロワー数や、チームや大会が投稿するSNSのシェア数は、ブランドの認知度やファンの獲得につながるため、KPIとして考慮されることがあります。
  5. 試合開催数・大会規模
    大会主催者にとって、開催する試合数や大会規模は、eスポーツ競技の盛り上がりや収益につながります。大会主催者は、適切な大会の開催数や大会規模を考慮しながら、KPIを設定します。

eスポーツの主な平均年収は?

eスポーツ業界における平均年収は、職種や経験、業界内での知名度などによって大きく異なりますが、一般的なプレイヤーやスタッフの年収は、他の業界に比べると低めであることが報告されています。ただし、トッププレイヤーや一部の企業の上級管理職などは高い年収を得ているとされています。

一例として、日本国内のeスポーツ企業において、スタッフ職や一般的なプレイヤーの平均年収は、300万円程度から始まり、上限は1000万円程度とされています。

一方、トッププレイヤーには、数百万円から数千万円の年収が報告されています。また、海外のeスポーツ企業においては、報酬額が数百万ドルに達することもあります。

ただし、eスポーツ業界はまだ新しい分野であり、今後需要が増えることが予想されているため、将来的には年収も上昇する可能性があります。

eスポーツへ未経験・中途採用の転職難易度は?

eスポーツ業界は急速に成長しているため、未経験の人が転職しようとすると難易度は高いとされています。しかし、eスポーツの分野は非常に幅広く、マーケティングやイベント運営、映像制作などの職種も多数存在するため、自分の得意分野を活かすことができれば未経験からでもチャンスはあります。

また、eスポーツに限らず、プロスポーツやエンターテインメント業界に転職する場合は、競争率が高く求人数が限られている傾向があるため、転職活動には時間と努力が必要とされます。

未経験の場合は、関連する資格やスキルを取得することや、独自のアウトプットを行うことで自己アピールを強化することが大切です。また、業界に精通した転職エージェントを利用することも有効な方法の一つと言えます。

ゲーム業界を支援する企業やマーケティング・イベントプロモーションなどの企業への転職もおすすめです。

eスポーツ経験者・中途採用の転職難易度は?

eスポーツ経験者の転職難易度は、一般的に未経験者よりも低くなることがあります。これは、eスポーツ業界がまだ比較的新しい分野であり、経験者が限られているため、需要が高まることが背景にあるからです。

また、eスポーツには多様な職種が存在し、それぞれの専門性が求められるため、経験者が持つスキルや経験が高く評価されることがあります。

ただし、eスポーツ業界においても、経験者に求められるスキルや経験は多岐にわたるため、ある職種において経験があるだけでは必ずしも有利になるとは限りません。

求人情報をしっかりとチェックし、自身のスキルセットが求められる職種に応募することが重要です。また、eスポーツに関する知識や情報を積極的に取得することで、自己アピールを高めることができます。

特化型転職エージェントの紹介

Agent Service

ユーザーの方に高品質なサービスを届けるため、独自の審査をクリアした業界・職種に精通転職サービスと業務提携をしております。

eスポーツの転職は求められる経験スキルが高いため、様々なヘッドハンターが利用している「ビズリーチ」やeスポーツ関係の求人を保有するした人材紹介事業部署がある「ジェイエイシーリクルートメント」の利用をおすすめします。

外資系広告企業の案件を扱う「エン・ワールド」やデジタルマーケティングに強みがある「マスメディアン」の利用もおすすめします。

ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』
20代・30代の転職なら【doda】転職エージェント
年収500万円以上の転職支援に特化した転職エージェント
20代ハイクラス層転職支援に特化した転職サービス
コンサルティングファーム支援に特化した転職エージェント
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
転職後平均年収950万円以上(2021年4月時点/ハイクラス会員のみ)
ハイクラス会員制転職サービス『リクルートキャリア』
デジマ/マーケティング/クリエイティブ業界に特化した転職エージェント
外資系支援に特化した転職エージェント
金融/コンサル/経営幹部支援に特化した転職エージェント
管理部門支援に特化した転職エージェント
不動産業界に特化した転職エージェント
弁護士/士業に特化した転職エージェント
【地方求人数No.1】地方転職に特化した転職エージェント
100%自社内開発ITエンジニアに特化した転職エージェント
ハイクラスITエンジニア専門転職サービス
  • 特定の業界/職種への支援に精通し、支援実績などのエビデンスの提出が可能なサービスかどうか
  • サービスの利用、サービスを運営する企業へ直接訪問等を行い、ユーザーにとって良いサービスを提供できるかどうか
  • 転職支援のプロからみても、サービスに定評があるか など

独自基準をクリアした”転職サービス”を掲載していますので、よろしければご活用ください。

eスポーツの面接対策ポイントについて

eスポーツの面接対策において重要なポイントは以下の通りです。

  1. eスポーツに関する知識の習得
    eスポーツはまだまだ新しい産業のため、面接でeスポーツに関する質問が出される可能性が高いです。eスポーツの歴史や市場規模、競技種目やルール、チーム構成や選手の育成方法など、基本的な知識を習得することが大切です。
  2. eスポーツに関する実践的な経験の積み上げ
    eスポーツに関する実践的な経験を積み上げることも大切です。eスポーツの競技に参加し、チームを率いたり、イベントの運営に関わったりするなど、様々な経験を積んでおくことで、面接官にアピールすることができます。
  3. ビジネススキルの習得
    eスポーツは産業として成熟しており、ビジネス的な観点も重要です。ビジネススキルを習得することで、eスポーツ産業におけるビジネスチャンスを見つけ出すことができます。例えば、マーケティングやスポンサーシップなど、ビジネススキルを習得することで、企業の需要に合わせたサービスやプランを提案できるようになります。
  4. ソーシャルスキルの習得
    eスポーツは、チームで協力して競技を行うため、コミュニケーション能力やリーダーシップ能力が重要です。面接で、チームでの競技や運営経験をアピールすることで、ソーシャルスキルの習得を証明することができます。
  5. インタビュー対策の習得
    面接では、志望動機や自己PRなど、一般的な面接質問も出題されます。自分の強みを明確にし、熱意を伝えることが重要です。面接の練習をして、自信を持って臨むことが大切です。

(登録無料)サイバーエージェントへの転職なら内定実績がある『アサイン』


プロがすすめるサービス

【登録無料】おすすめ転職サービス【PR】

年収500万円以上の厳選求人が 10万件以上
若手ハイクラススカウト:大手多数
広告・Web・マスコミ・クリエイティブ特化
無料登録はこちら
コンサルティングファーム支援に特化
過去問・解答集プレゼント:相談はこちら
BIG4に強いコンサルファーム支援に特化
無料相談に申し込む
ハイクラス会員制転職サービス『BIZREACH』登
登録無料はこちら
【非公開求人20万件以上】リクルートエージェント
無料相談に申し込む
20代転職支援に特化した転職サービス『アサイン』
無料相談に申し込む
ESGサステナビリティ専門転職エージェント
無料相談に申し込む
IT/Web業界に強い『Green』職種不問
無料登録はこちら
IT・ゲーム・エンジニア・クリエイティブに特化
無料相談に申し込む
年収800万円以上:JACリクルートメント
無料相談に申し込む
現年収800万円以上が対象:会員制サービス
無料登録はこちら
外資系企業支援に特化『エン・ワールド』
無料相談に申し込む
金融・コンサル・製造業界支援に特化
無料相談に申し込む
20代・30代の求人サイト【doda】
無料登録はこちら
20代で年収500万円以上対象
無料相談に申し込む
SaaS業界支援に特化した転職エージェント
無料相談に申し込む
大手一流・外資系・グローバル企業など求人数20万件以上
求人を探す
経理・法務・人事などの管理部門支援に特化
求人を探す
弁護士・士業に特化
無料相談に申し込む
地方求人に特化
無料登録はこちら
100%自社内開発ITエンジニアに特化
無料相談に申し込む
【スポーツ経験者】のための転職支援サービス
無料相談に申し込む
プロがすすめるサービス

【登録無料】リカレント教育サービス【PR】

現役の動画クリエイターが教える【動画編集スクール】
「スタディサプリENGLISH」パーソナルコーチ
ゼロから始めるWebマーケティングの授業
全国どこでも通い放題「プロも認めるリアルなゴルフ体験」

【画像をタップすると詳細ページに移管します。】

運営
監修
監修
この記事を書いた人
転職エージェントとしてこれまで4000名以上のキャリア支援に従事。CxO人材・営業職・マーケティング職・管理部門(人事・法務・経理・弁護士・税理士など)幅広く支援。 現在は人事コンサルとして組織課題を解決。これまでの経験を活かし、就活生・転職希望者向けに<プロ>が執筆したキャリア支援メディアを運営。
記事URLをコピーしました